FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。

    2020年2月より約30年ぶりのリターンライダーです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2020年10月 (4)
  • 2020年09月 (4)
  • 2020年08月 (7)
  • 2020年07月 (5)
  • 2020年06月 (2)
  • 2020年03月 (5)
  • 2020年02月 (3)
  • 2020年01月 (9)
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    箱根でKTMとIndianを試乗
    10/18は箱根のバイカーズパラダイスへ行き、KTMとIndianを試乗してきた。

    この土日でKTMとHusqvarnaの試乗会をやることを知り、土曜の朝から行くつもりが雨で日曜日に。
    8時からの試乗に合わせて早起きするつもりが寝坊し、車にバイク道具を積んで10時半到着。バイカーズパラダイスは天気が良く既に大勢のバイカーが来ている。






    すぐに着替えて試乗の申込に行くとHusqvarnaは混んでいてKTM 790DUKEを13:00で予約。
    Husqvarna Svartpilen701も乗りたいが、試乗が終わってからでないと次の受付はできないからあとにする。

    他に聞きなれないIndianというメーカーも試乗会をやっていて、こちらは別予約だからScoutというハーレーっぽいアメリカンスタイルのバイクがすぐ乗れると言うので乗ることに。



    早速、跨ってみると足を投げ出す感じのバイクは初めてで不安になる。
    落ち着く間もなく、すぐに先導者に付いて走り出す。右足のブレーキ、左足のシフトペダルとも覚束ない。

    車重は結構ありそうだが、重心が低いから問題ないし、何より足付きは抜群。
    トルクが太くゆったり走るのは快適。ターンパイクから椿ライン合流、箱根峠と左回りに1周して試乗終了。

    次はFTR CARBONというのを13:40で予約する。
    13時まで時間があるから店内で時間を潰したり駐車場に一杯止まっている来場者のバイクを眺めたりする。
    昼飯はカレーを注文。ここはピザとカレーしかなく、外の売店でホットドックを売っていたが、もっと食べ物を充実して欲しい。

    13時からKTM 790DUKEを試乗。



    これはとにかく軽い。400ccくらいの感じで先ほど乗ったのが250kgくらいあるから全く別物。
    エンジンも軽快に廻るが、2週前に乗ったGSX-S1000Fと比べるとやはりトルクは細い。
    同じ試乗コースを廻り、次はHusqvarna Svartpilen701を予約しようとしたら、予約枠全部終わって残念。

    次はIndian FTR CARBONを試乗。



    同じIndianでもこちらはストリートタイプで各所にカーボンを使った高級モデルで250万くらいするようだ。
    先ほど乗ったScoutより少し軽くパワフルな印象だが、ビッグVツインの感じは大きくは変わらない。

    <残念ながら乗れなかった>



    結局3台しか乗れず、やはり早起きして来なければ。


    オートバイ | 22:52:26| Trackback(0)| Comments(0)
    GSX-S1000Fで日光まで
    10/3はレンタル819でGSX-S1000Fを借り、日光まで24Hツーリングに行ってきた。

    大型のレンタル819は今までBMW S1000R,YAMAHA MT-09,SUZUKI SV650と乗ってきて、まだ乗っていないバイクを探し、ちょっと遠いが柏沼南2りんかんでSUZUKI GSX-S1000Fを10:00から24Hで事前予約。

    家から90km近くあるから当日返却にしようかとも思ったが、それだと19時までの9時間弱しか借りれないし、どうしようかと思っていたのだが、前日の帰宅途中の電車内で格安で泊まれる北関東のホテルを探してみたら鬼怒川でびっくりする値段のプランが見つかり即予約。

    10/3早朝、車にバイク道具を積んで出発。渋滞なく2りんかんに到着し、手続きを済ませる。
    どら割という高速を定額で乗り放題のプランを申し込もうとしたら、なぜか約欽を既読にしたチェックが付けられずに焦る。何度か試してみたが約欽を見てから戻るとメニューまで戻ってしまい、また個人情報を一から入れ、約欽のページを見て戻るとまたメニュー。

    時間が無駄に過ぎるから諦め、出発する。
    16号を戻り柏ICへ向かう。すごい、乗りやすい。今まで乗った3台の大型より一番しっくりする。
    とにかくスムーズでギクシャク感が全く無いし、重量バランスが良いのか快適。
    柏ICまでのR16は渋滞していたが苦にならず高速に乗って、まずは華厳の滝へ向かう。

    途中、羽生PAに寄り塩ラーメンを食べる。あっさりしていて旨い。



    夏用のメッシュジャケットで来たのだが、日光に入ってから寒くなってきてレインウェアの上を着ると丁度良い。

    いろは坂も快適に走れ華厳の滝に到着。ここに来るのは20年ぶりくらいだろうか、エレベータで滝の下まで降りれるようになっていてびっくり。






    次は山王林道を通って川俣湖へ向かう。
    途中、戦場ヶ原に寄り道。天気が良ければいい景色なのだろうが残念な天気。



    土産物屋で湯葉豆腐ナゲットを食べる。初めて食べるが中々うまい。

    少し進んで右折すると山王林道だ。初めて走るが紅葉が始まっていて綺麗だし交通量が少ないのが良い。
    しかし道は狭くなってきてヘアピンが多く道も荒れた個所があって注意が必要。
    それでも慣れない大型バイクでも怖いと思うことはなく、とても乗りやすい。

    先行する車がいると距離を空けて付いて行くのだが、なぜか路肩に寄せて道を譲られる。初めての道だし先行者がいる方が気楽なのだが、車の人はバイクは急いでいると思い込むのだろう。

    延々と狭い道を登って行き、今度は下り。下りのヘアピンはやはり緊張する。
    途中、川俣湖を横切る橋の上で記念写真。交通量が少ないから安心。






    更に少し進むと瀬戸合峡に到着。売店は休業で下の渓谷の方は工事中で景色は楽しめなかった。



    ここから下って行く道が更に狭く、土が溜まって荒れたカーブで後輪がずるっと滑って冷や汗を掻いた。
    こんな所でこけたら大事だ。

    更に下って行くとロードバイクで登って来る人がいて手を挙げて挨拶をする。かなりハードな登りの筈だ。

    何だか右足が攣りそうになってくる。やはり緊張していて変に力が入っているのだろうか。
    さらに下ってやっと一般道に出るとほっとする。道の駅湯西川に少し寄ってから宿へ向かう。途中でガソリンを入れ鬼怒川温泉到着。

    宿は佳祥坊福松という所で、素泊まりの宿だ。玄関にはバイクが3台止まっていて、奥のスペースに駐車。
    先に大浴場に行くと空いていてゆったりできる。冷えた体がじわじわと暖かくなるのは心地良い。

    十分温まってから、夕飯へ出かける。近くに何件かあるようだが、更科という蕎麦屋に入る。
    生ビールと天麩羅定食を注文。
    蕎麦も天麩羅も絶品。正直、全く期待しないで入った店なのだが、旨くて感動。



    店はコロナの影響で空いているが、コロナ前ならきっと混んでいたのだろう。

    帰りに近くの日本酒の店で地元でしか売ってない飲みきりサイズの日本酒と、コンビニでつまみや翌朝のパンを買って帰館。
    テレビは何故か1チャンネルしか映らず、スマホでYouTubeなど見ながら就寝。

    10/4は6時に起きてパンを食べる。10時までに2りんかんに返却すればいいから時間は十分ある。ルート検索すると高速と一般道で30分くらいしか違わないから一般道で帰ることにする。
    朝は冷えているからレインウェアの上下を着て出発。
    道路は空いていて快適。途中、バイパスなどもあり、全く高速を使う必要がない。
    途中、道の駅で休憩して、あとは2りんかんまで、のんびりツーリング。

    日帰りと比べたらゆったりできたが、1泊2日だと思うと慌ただしいツーリングとなった。
    GSX-S1000Fはとても乗りやすく、是非また乗りたい一台となった。

    走行距離:426km、給油:18.8L、燃費:22.7km/L


    オートバイ | 23:07:13| Trackback(0)| Comments(0)
    雨続きの苗場山麓ジオサイクリング(当日)
    6時少し前に起きてパン2個を食べる。トイレへ行き6時半に出発。会場に着く少し手前からお腹が痛くなってくる。まずい。

    駐車場に車を止めて速攻でトイレへ。しかし3人並んでいて厳しい。本当に漏れそうでキツイ。
    あと一人、あと一人と我慢しながら呻いていたら、前の人が見かねて譲ってくれ何とか事なきを得た。ありがたい。

    昨日食べ過ぎた後にアルコールが良くなかったのだろうか。普段からお腹は壊しやすいのだから気を付けねば。

    会場には既に多く集まっていて、雨で結構キャンセルもあるのだろうけど、それでも去年よりかなり多いのは確か。



    我々も車から自転車を降ろして準備をしていると、何だかHARDコースはMIDDLEコースへ変更とかアナウンスしていたような?
    ちょっと離れていてよく聞こえなかったのだが、今後の雨の状況次第でそうなるのだろうか?

    タイヤの空気を入れレインウェア上下を着て準備完了。

    <お腹が不安>


    雨だしお腹の調子も悪く、テンション低いままほぼ最後尾で我々はスタート。
    最初から雨だと本当萎える。
    しかし走っていくと多少の雨でも気持ち良くなってくる。シールド付きのヘルメットだと眼鏡が直接濡れなくて視界は良好。

    雨は小降りになったり強くなったりを繰り返す。上下で5千円ほどのレイウェアだと早くも少し沁みてくる。靴は既にぐっちょり。
    上りが続くようになると早くも自転車を押している人がいる。きっと他のイベントが中止になる中、このコースを甘く見ていて来た人達だろう。

    坂で悪魔おじさんに抜かれる。ママチャリで色んなイベントに出ているようだが、ロードバイク乗ったらかなり早いのだろう。
    他にもママチャリの人に抜かれ、あれっと思ったらバッテリー付き。しかも荷台に予備のバッテリーを1個積んでいる。やはり楽そう。

    AS1手前の前倉橋で休憩。あれ、ここまで去年より楽に登れたような気がする。なぜだろう?今年はコロナの影響で去年より全然走ってないし、買ったローラーも全然使っていないのだが。






    さらに少し走ってAS1山源木工に到着。
    参加者が増えたことでバイクスタンドも増えている。



    蕎麦は安定の旨さ。
    寒い雨の日には暖かい蕎麦は最高。少しお腹に不安もあるものの、今の所大丈夫だ。



    更にトンネルに向けて登りが続き、トンネルへ。雨の日はトンネルは快適。
    トンネルを抜け長い下りでは雨が酷くなってくる。子供連れの人もいるが大丈夫か心配。

    少し平坦になった所で途中の橋から見える流れが綺麗だったから記念写真。

    <写真だと全然良さが伝わらない>


    途中、先ほど抜かれた電動ママチャリの人がバッテリーを交換している。もう予備はないように見えるけど、最後まで持つのか?

    その後、登って行くと秋山郷給水所到着。去年ここでトマト羊羹が出たのだが今年は無く残念。

    <暖かいのが飲みたい>


    次は長い下りが続くが以前から少し鳴り出していた前輪のDISCブレーキの鳴きが大きくなってくる。大丈夫か?いきなり壊れたりしないか不安になってくるほどだ。

    下り切った所でAS2北野天満宮到着。去年は吊り橋を自転車を押して歩いた後だったけど、今年は参加者が増えたせいかそれとも雨の為なのか、そちらは通らないコースに変更されていた。



    ここでは熊汁。初めて食べるけど肉は弾力があり、噛み切りにくい。オーさんとホソさんは匂いが駄目だというが、私は気にならない。ヤギさんとグレさんも大丈夫そう。
    オーさんは去年の餅の方が良かったようだ。
    シンプルな白飯のおにぎりが旨く、南瓜を使ったデザートが旨い。

    ここからは細かいUpDownが続き、R117に出てから少し走ったらAS3上郷クローブ座に到着。
    高校生のスタッフに暖かいコーラを頼んだらハンドパワーで念を入れてくれた。
    ここではカレーを受け取る。

    <豚肉たっぷり>


    これが絶品。見た目はシンプルだけど豚が柔らかく旨く、カレーも絶妙。
    これはもう全員一致で旨い旨いと言って完食。

    <悪魔おじさんのママチャリ>


    ヤギさんが高校生のスタッフに次のASまでどのくらいと聞いたら今日はHARDコースの人もMIDDLEに変更だからASはここで最後だと言われる。
    全員、えーっとなる。楽しみにしていたAS4の足湯に浸かりながらデザートが食べれない。

    朝、会場でそんなアナウンスしていたように聞こえたが、状況次第で変更ではなく全員MIDDLEに変更と言っていたようだ。

    さて、気を取り直して出発。国道を逸れまた登りになる。
    長い。
    ホソさん、オーさん、グレさんに置いて行かれる。
    しかし、あれ?ヤギさんのペースが上がらない。どうしたんだろう?
    私に付き合ってくれているのかなと思ったら、最近全然自転車乗ってなくて、長い登りは駄目らしい。
    いつも元気なのにびっくり。

    だいぶ登って行くと雨も小降りになってきて田園風景と蕎麦畑が素晴らしい。









    14時20分、グリーンピア津南に到着。MIDDLEに変更だったから最後は楽だったけど、満足感は今一か。
    会場で最後の補給食をもらう。AS4で提供予定だった柔らかいシフォンケーキが旨い。

    NHKの取材の人が来てあちこちの参加者に取材をしていて、丁度私が奥に入っていた時にオーさん達四人も取材を受けていたから、ひょっとして何かの番組に写るかも?

    抽選を今年もやっていたが、私は近場の温泉割引券をもらっただけで、去年のようにTシャツは当たらなかった。他の四人も当たらず。

    自転車を車に積んでグリーンピア津南の中へ入る。このイベントは最後に会場で温泉に入れるのが良い。
    やはり運動した後の温泉は格別。ゆったり浸かり、冷えた体を暖める。

    帰りは石打近くのGSでガソリンを入れ、コンビニで解散。

    去年は小雨に降られたものの土日とも走れたのに、今年は土曜日は全く走れず、日曜日は小雨や本降り、時に土砂降りを繰り返すような天気で残念。
    それでも沿道で手を振ってくれる人や車の中から声援を送ってくれる人達、各ASで暖かい食事を用意してくれた地元の人達には感謝。

    来年こそ3度目の正直でピーカンの中、魚沼スカイラインと苗場山麓を走りたい。

    tm:5h07m dst:86km av:17km/h up:2023m odo:2063km(AEROAD)




    サイクリング | 00:37:58| Trackback(0)| Comments(0)
    雨続きの苗場山麓ジオサイクリング(前日)
    9/26-27で苗場山麓ジオサイクリングに行ってきた。

    去年3人で参加し、UpDownのあるコースと何よりAIDが素晴らしかったから、今回は去年も参加したオーさん、グレさんの他にヤギさん、ホソさんも参加。
    申し込んだのは勿論HARDコースで距離104km、獲得標高2411m。ちなみにMIDDLEでも距離88km、獲得標高2036mあって、SHORTコースは設定されていないから、初心者向きではない。

    天気予報は土日とも雨でしっかり降りそうだが、事前申し込みだから予報が外れることを期待して参加するしかない。
    上里SAに9時集合することにして6時半過ぎに車載で出発。朝から雨でテンション下がる。横浜のグレさんを迎えに行き、前後外して丁度2台積んだN-BOXで関越へ。

    9:10くらいに上里SAに到着。オーさんの車に同乗のヤギさんと一人で来たホソさんと合流。
    雨だしどうしよう?
    取敢えず最近インスタ映えで人気の清津峡へ3台で向かう。
    ホソさんはスポーティな車に乗ってるけど、運転は慎重。オーさんはいつもどおり慎重な安全運転。

    高速を湯沢で降り、清津峡へ。
    第一駐車場へは入れず第三駐車場に案内される。そこからシャトルバスで第一駐車場まで。雨なのに観客はそれなりにいる。雨でも観光できる場所だからか?
    入場料が800円と意外と高い。トンネル入り口で記念写真。



    トンネルを通って行くと3か所見晴らし台から外の清津峡渓谷を眺めることができるようになっている。






    小学生の頃、家族で1回来たことがあり、その頃は普通の渓谷沿いの道を通れたのだが、現在は通行止めらしい。
    3か所の見晴らし台への道はそれぞれ趣向を変えていて、2つ目だったかにはおしゃれなトイレがあった。







    <タモリさんが喜びそうな柱状節理>



    <良くインスタなどで見る光景>


    さて、雨が小降りになったらここで自転車を降ろして走ろうと話していたのだが、全く止む気配は無く、グリーンピア津南へ行き前日受付をする。今年の参加者は300人ほどと聞いてびっくり。
    去年は80人くらいでこじんまりしたイベントだったのだが、今年は口コミが広がったのと、他のイベントが軒並み中止になって流れて来た人が多いらしい。

    昼飯はやはり蕎麦が良いだろうということでググって蕎麦屋へ。
    大平という手作り豆腐と蕎麦の店に入る。



    へぎそばが食べたかったけど、二人前以上だったので、私とグレさんはお勧めのセットを注文。



    これが天麩羅、蕎麦、小鉢いづれも旨かった。

    腹も膨れて温泉へ。去年も行った油臭い様な微妙な匂いのする松之山温泉にあるナステビュウ湯の山へ。
    独特な匂いの温泉に浸かる。全然運動してないから湯に浸かった瞬間の「あ~」が出ない。
    今年も露店風呂は雨。ピーカンの時に是非来てみたい。

    さて、石打の宿へ向かうことにする。走っていると小雨になってきて、去年も走りたかった魚沼スカイラインへ寄り道。
    良い勾配の道が続き是非自転車で走りたい場所だ。しばらく走ると魚沼展望台に到着。



    誰もいない。せっかくだから写真を撮る。



    展望台は他に3か所あり、全長20kmあるから自転車なら絶対楽しそう。



    来年こそ是非走りたい。

    一旦宿にチェックインする。



    夕飯を食べる前に酒好きのホソさんが行きたいと言う越後湯沢駅のぽんしゅ館へ。ホソさんとグレさんが買いに行き、ホクホクした顔で酒を買って戻って来る。500円で御猪口五杯まで利き酒ができるらしく酒好きには堪らない場所のようだ。ホソさんは運転手だから今日は我慢。

    さて、飯へ。去年の夕飯はがっつり豚カツにし、今回も別の店だが人参亭という豚カツ屋へ。
    ヒレカツ定食を注文。



    旨い。カツがボリュームある上にご飯も大盛。
    ご飯を残そうかと思ったが何とか完食し、コンビニで飲み物と明日のパンを買って宿へ。

    早速、飲み始めるが腹が一杯で苦しい。明日も朝から雨だからレインウェア上下着て走るしかないねなどと話ながら飲む。ホソさんとヤギさんはmontbellのレインウェアでストレッチで良いらしい。オーさんはRaphaの〇万するというレインウェア。特売でMサイズしかなかったらしく、着るとパツンパツン。
    ファスナー上げるのに息を止めて腹を凹ませないと無理だと言うからみんな爆笑。

    <弾けそう>


    ホソさんは酒好きだけど飲む量は多くないようだ。おじさん達5人で雑談をしながら23時過ぎには就寝。

    明日、奇跡的に晴れないかな?


    サイクリング | 00:04:06| Trackback(0)| Comments(0)
    宮川港ランチライド
    9/21(月)はautenticoのメンバで宮川港までグルメライドに行ってきた。

    いつもの鷺舞橋に集まったのはオーさん、ミズさん、フジさんと私の四人。
    フジさんとは去年の11月に天空のポピーに行った時以来で2度目。
    ブルベをやっている人だけど、話を聞くと今年はコロナの影響でブルベは軒並み中止になり、夏場は暑いしで全然乗っていないらしい。

    暑くなく走りやすい気温の中、藤沢を抜け海沿いを走る。4連休で渋滞が激しい。
    渚橋から右折すれば少しは空くかと思ったが、ずっと渋滞。みんな今まで我慢していたのが一気に遊びに出掛けたかのようだ。

    葉山で少し休憩。残念ながら富士山は見えない。






    宮川港へはオーさんは行った事がないらしく、珍しく私が先導して宮川港へ到着。
    凄い混んでいて、4組待ち。しばし港で時間を潰す。









    オートバイの団体客が出て行き、やっと入店。
    私は海掛け丼、他の3名はまぐろ漬け丼を注文。
    ちょっと割高かもしれないが、旨くて人気の店だ。






    満足して上の宮川公園へ。風車も立て替えて綺麗になっている。
    駐輪して写真を撮ろうとしたら私のKHARMAが倒れる。

    <その瞬間、みんな倒れた方を見る>


    気を取り直して写真を撮る。



    さて、出発と思ったらフジさんの後輪がスローパンク。チューブを抜いてみたが、どこから抜けているか分からず、チューブを交換して空気をシュコシュコ。

    <新品に交換>



    <さすがブルベライダー、手慣れたもの>


    パンク修理が終わったところで、久里浜方面のカフェへ行くミズさんと別れ、3人で来た道を戻る。帰りも渋滞が酷い。ソレイユの丘は交差点からずっと渋滞になっていて、車の人達は一体何時に着くんだろうと可哀想になるほどだ。

    無事、鷺舞橋到着。フジさんのタイヤは問題なし。



    その後、流れ解散で無事帰宅。
    100km程度で平坦基調、暑くも無く走りやすくもなって、今回は足攣りなしのグルメライドとなった。

    tm:4h39m dst:107km av:23km/h up:494m odo:20,579km(KHARMA)




    サイクリング | 22:27:13| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ