■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や峠、湖などへサイクリングへ行っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、4年前から富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも行くようになりました。
    去年4月から下手の横好きでボルダリングも始めましたが、全く上達しません。

    体が一つしかないから自転車と山との両立が難しく、週休3日にならないかなと思っています。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年10月 (8)
  • 2017年09月 (11)
  • 2017年08月 (21)
  • 2017年07月 (26)
  • 2017年06月 (20)
  • 2017年05月 (29)
  • 2017年04月 (20)
  • 2017年03月 (14)
  • 2017年02月 (13)
  • 2017年01月 (15)
  • 2016年12月 (27)
  • 2016年11月 (21)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (18)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (24)
  • 2016年06月 (8)
  • 2016年05月 (23)
  • 2016年04月 (9)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (9)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (13)
  • 2014年07月 (12)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (8)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (23)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (8)
  • 2012年04月 (13)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (13)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    今週は平坦路、復活は遠い!
    天気は良さそうだし、早起きして平坦路中心に100km以上走ろうかと思っていたが、すっかり寝坊。
    他の用事も済ませて10時過ぎにやっと出発。先週のヤビツがきつかったから、湘南国際村まで行くことにする。

    走り始めてすぐ、先週に引き続きボトルを忘れた事に気が付く。コンビニ休憩で一気のみするしかない。それにしても2週も忘れるなんてボケ過ぎ。



    晴れてはいるものの、曇りがちで遠望は効かず稲村ヶ崎から富士山見えず。



    いつものように南郷山トンネルの右側歩道を走り(このトンネルの車道は恐怖!)、湘南国際村へ。ファミマ左折後の展望台からも展望は絶望的で寄らずに国際村の先端まで。

    さて、昼飯はどうしよう?国際村にもいくつか食べる場所はあるのだが、口コミを見るとローディにはあまり人気なさそう。
    ファミマの交差点を左折し秋谷側へ降りて行き、湘南OVAという所に入る。

    駐車場は車が一杯で立派なドアがある。どんな場所なんだろうと思い、中に入るとホテルのカウンターがある。レストランは奥になっていて、駐車場の様子から混んでいるかと思ったら空いている。車のほとんどはホテルの客なのだろうか?

    メニューを見るとやはりちと高い。海老のパスタを注文。



    海老がプリプリで旨い。腹減りローディには物足りないが、味や店の雰囲気は良い。

    帰りは海沿いに出て来た道を戻るだけ。それにしても海水浴シーズンは終わっても、相変わらずの渋滞には辟易する。しかも鎌倉は護岸工事中で道は狭いし、早く終わらないだろうか?

    家に帰ると90km走った事になり、先週より短いし負荷も低い。それでも先週より少しは足が廻ったような気がする。早く怪我前の様に箱根往復150kmを楽に走れるように復活したい。

    tm:4H11M dst:90km av:22km/h up:823m odo:15,669km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 21:20:46| Trackback(0)| Comments(0)
    骨折後、初めてのヒルクライム
    7/2に土山峠下りで左鎖骨骨折して以来、初めてのヤビツへ。先週、初ライドで江ノ島まで行き、体力が5年前の初心者レベルまで下がっていることを実感したばかりで、果たして峠まで登れるんだろうかと訝みながらも、取敢えず出かける。

    出発してすぐ、ボトルを忘れたのに気が付くが最高気温25度の予報だし、コンビニ寄りながら行けば何とかなるだろうと、そのまま走る。海老名の7-11で500ml一気飲みし、厚木から小田厚側道を走る。やはり足が廻らない。

    平塚の7-11で2度目の500ml一気飲み。ローディの団体10人くらいがいて、ひょっとしてヤビツだろうか?
    名古木の7-11に寄ると先ほどの団体がいて、やはり彼らもヤビツだった。それにしてもローディが多い。さすがに500mlは飲めそうになく、エナジードリンク300mlを飲む。



    今年初めてのヤビツスタート。果たして足付きなしで登れるか?
    蓑毛の登りがきつい。怪我の前は最初の頃と比べて脚力も付いてきて、だいぶ楽に登れるようになっていたのに2か月半のブランクは大きい。何人ものローディに抜かれながらも、亀のように進むがもう限界。

    何とか菜の花台まで辿り着くが、ここでリタイヤしよう。タイムは46分で自己ワーストに近い。
    曇りで展望は今一だが10分ほど休憩する。するとこのまま帰るのはやはり勿体ない様な気がしてきて、進むことにする。
    最初は休憩したお蔭で足が廻るが、10分もすると絶望的な遅さになる。

    時々4km/h台に突入しながら、やっとの思いでヤビツに到着。



    ESCAPE R3で初めて登った頃のような疲労感だ。
    ここで350mlのホットティーを飲みながら休憩していると、なんと売店横にローディの写真が一杯貼ってある。ここは大山、塔ノ岳の登山基地だったが、今ではローディの方が圧倒的に多いのだろう。

    さて、宮ケ瀬に下ることにする。今日は長袖アンダー+半袖ジャージ、短レーパンだが、寒いことは無いだろうと思い、WBは持って来ていない。実際下り始めると、汗が渇くまでは少し肌寒かったが、その後は快適。
    昼飯はどこで食べようかなどと考えながら、宮ケ瀬へ。

    まだ行った事の無い、オレンジツリーという店に向かう。しかし緩やかな少しの登りでもインナーローに落とさないと走れないのが情けない。
    店に13:00過ぎに着き、初めて店に入る。ログハウスになっていて良い雰囲気の店だ。



    メニューを見て、ちと高いかなと思いながらも、チキンソテーコンフィと飲み物のセットを注文。
    テラス席もあって席はほぼ一杯。12時くらいだと待ちになるのかも知れない。

    やがて運ばれてきたチキンソテーが旨い。



    これならこの値段で納得。食後のコーヒーを飲んで2階に上ると外が見えるグループ席がある。地下には古いスポーツカーのイラストが飾ってあり、車好きに人気の店らしい。

    店を出て土山峠に向かう。こけた場所を走って恐怖を克服(ちと大袈裟?)しなければ。



    何度も走った下り坂をブレーキをしっかり掛けながら慎重に走る。峠を下るとほっとし、後は家に帰るだけ。しかしちょっとした坂でも苦しく、ぐったりと疲れてやっと到着。
    100kmにしては長いライドだった。

    tm:5H11M dst:103km av:20km/h up:1,627m odo:15,579km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 21:27:25| Trackback(0)| Comments(0)
    魔の土山峠 【事故の影響と反省】
    【事故の影響】
    1)肉体
    ・左肩鎖骨の骨折。これが一番痛い。鎖骨バンドで折れた鎖骨が上にずれないようにするのだが、きつく締めるため息苦しく、KBも上手く打てない。着替えが激痛でTシャツも着れないし靴下も履けない。一週間様子を見てから手術するか決めるらしい。
    ・左腰の打撲、擦過傷。最初の2日は痛み止めのせいで全く痛まなかったが、3日目から動くときに痛い。
    ・顔の擦過傷。左こめかみ、口の上、右頬、右顎。顔面ブレーキでブレーキシューが削れた感じ。見た目より傷は浅く、縫う怪我ではなかった。

    <ブレーキシューが削れた!>


    ・両膝の擦過傷。歩くのに影響なし。膝をつくと少し痛む程度。
    ・左肘と左手甲の擦過傷。痛みも無く問題なし。
    ・頭のこぶ。病院での手当は無かったが、初日に家で頭を洗った時にこぶが左側に2か所あることに気が付く。痛みは少しのみ。

    2)物損
    ・自転車(KUOTA KHARMA):骨折は無く、擦過傷のみ。カーボンだから中までは判らないが、車との接触もないし、体が転倒のダメージを殆ど吸収したのだろう。
    ・OGKヘルメット:額の前側が割れている。左に勢い良く倒れた時に肩、腰と頭を打ったようだ。その時の衝撃で真ん中に衝撃が集中して割れたのかな?



    ・クーレンズサングラス:血だらけになったが、割れなかった。
    ・かわうそジャージ:左ポケットがボロボロ。



    ・PIのこの日下ろしたばかりの短レーパン:何故か目立った傷なし。左腰を強打しているのに不思議。
    ・左グローブ:甲に穴が空いた。



    3)補償
    ・対向車2台目の補償として個人賠償責任保険で対応。
    ・医療費は自転車傷害保険では入院5日以上のため、出ず自腹。

    4)仕事
    ・月曜日、地元の病院に行くため休む。火曜日は無理して出社したが肩が痛く、頭も痛く午後からは特にきつかった。
    ・夜に肩を見ると腫れと痛みがひどく、水曜日から次の月曜日まで休むことに。こんなに長期に仕事を休むのは初めて。

    【事故の原因と反省】
    今回、転んだ原因はなんだったんだろう?
    ・スピード出し過ぎ?
    ・手のしびれ?
    ・体調不良による注意散漫?
    何度も走り慣れた道で、少し普段の自分より早い人に付いて行ったとしても、そんなに無理なペースではなかったような気がするのだ。後輪がロックしたのは、手のしびれからブレーキコントロールが上手くいかなかったのだろうか?
    今までも手のしびれは良くあることで、その状態でブレーキしてもバランスを崩すことなどなかったのに。
    路面はドライで滑りやすかった訳ではなく、先に書いたようないろんな要因が重なったのかもしれない。
    また、元々下りは苦手だったが昨年コンポを105からアルテにアップグレードして、だいぶブレーキコントロールが楽になったことや、走り慣れた道ということで、慢心があったのかもしれない。
    いずれにしても、下りは安全第一でスピードを抑えるのが一番だと肝に銘じることにしよう。

    【絶対に必要なこと】
    ・ヘルメット:今回の事故では割れた上に頭にこぶも出来ていた。ヘルメットをしていなかったら命の危険まであったかもしれない。
    ・個人賠償責任保険:今回のように自分が加害者になることも十分ある。「ちゃりぽ」など自転車専用の保険もあるが、車の任意保険に入っている人はオプションで安く加入できる会社もある。

    【最後に】
    ・対向車、警察、救急、通りがかりの人、家族、会社など多くの人にご迷惑をお掛けして、すみませんでした。いろいろ助けていただき、ありがとうございました。

    tm:3H5M dst:49km av:24km/h up:719m odo:15,426km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 08:27:29| Trackback(0)| Comments(0)
    魔の土山峠 【事故当日】
    7/2 体調悪く寝坊して10時ごろ出発する。この時間からだと遠出はできないし、今年初めてのヤビツへ行こうか?
    海老名まで走り、どうも調子悪いから表からは止めて、土山峠経由で宮ケ瀬へ向かう。

    気温はそれほど上がってないが、異様に蒸し暑く土山峠の登りがきつい。



    今日は宮ケ瀬クリテをやっている筈だから観に行こう。
    湖畔の小中島駐車場に行くと、丁度シニアの人たちが走っている。参加人数は少な目でTさんらしき人も走っている。コースは狭くUpDownが多いからスピードは乗らないレイアウトだ。

    クリテは大磯を以前見に行ったことがあるが、あちらは平坦で直線が長く、全然イメージが違う。走っている方は結構きつそうだが、見る分にはスピードが乗らないから面白みはない。

    シニアが終わって、さてどうしよう?
    取り敢えず鳥居原ふれあいの館で休憩。



    宮ヶ瀬には何度も来ているが、実は初めての、めた食え屋に向かう。
    揚げ物をがっつり食べれる調子ではないから、ごえもん定食を注文。
    店は混んでいて、少ない人数でやっているから結構待たされる。

    暫く待って頼んだ品がやってくる。豚ロースカツと野菜、揚げ出し豆腐などを煮込んだ優しい味の鍋だ。



    お腹が膨れ、また鳥居原ふれあいの館に寄り、帰りの水分補給。
    風はあるものの蒸し暑く、熱中症になりそう。
    さて、裏からヤビツに行くか、まっすぐ帰るか決めないまま走り出す。

    ヤビツへの分岐より少し手前で2台のローディに抜かれる。その2台がヤビツへ向かうなら付いて行こうと思っていたが、右折しないでやまびこ大橋へ。
    ・・・このまま帰ることにしよう。

    橋を渡ってから緩やかな土山峠への登りで一人目をパス。もう一人は私より少し早いが必死に付いて行く。
    ・・・(この辺から記憶が曖昧)・・・
    土山峠から下りに入り、カーブを右に左に曲がっていく。左手が痺れてきてブレーキレバーの感覚が無いが、慣れた道だしそのまま先行ローディに付いて行く。

    左コーナーで一瞬、後輪がロックし次の右コーナーでもロック、やばい!と慌てるが立て直す間もなく次の左コーナーで滑って、やばい!青い車にぶつかるーっ!という所で記憶がなくなる。
    ・・・・・・・・・・・・
    <事故の影響と反省>に続く


    サイクリング | 23:08:16| Trackback(0)| Comments(0)
    魔の土山峠 【事故直後】
    ・・・・・・・・・
    恐る恐る右手で顔に手を伸ばすと血がべったり・・・
    恐る恐る左手でこめかみに手を伸ばすと血がべったり・・・
    どうしたんだろう?
    ・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・
    ピーポー、ピーポー、ピーポー、ピーポー
    ・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・
    ピーポー、ピーポー、ピーポー、ピーポー

    ・・・・・・・・・
    「名前言えますか?」
    答える。

    「生年月日は?」
    答える。

    そうか、自分は今、救急車の中にいるんだ。
    自分の足が見える。

    「家に誰かいますか?」
    妻がいると答えると、早速隊員が電話して状況を伝え、着替えと靴を持ってくるように伝えている。
    東名厚木病院へ向かっているらしい。

    息苦しい!

    突然、肩の痛みが襲ってくる。
    痛い!

    上半身を斜めに起こした状態でストレッチャーに乗せられているようだ。
    何だが妙に息苦しい。どうらや首を固定する装具がきついみたいだ。
    きっと頭にも外傷があり、それで固定しているのだろうか?
    それなら我慢しなければ。
    頭の痛みはなく、痛むのは左肩のみ。どうしたんだろう?打撲だろうか?

    ピーポー、ピーポー、ピーポー、ピーポー

    暫くストレッチャーに揺られながら息苦しさを我慢するが、きつくて救急隊員に言って、少し緩めてもらう。
    楽になった。

    ピーポー、ピーポー、ピーポー、ピーポー

    暫く揺られ、病院に到着する。
    救急車のストレッチャーから病院のストレッチャーによいしょと移され、頭のCTスキャン、レントゲンなど検査する。(記憶が曖昧)

    傷の手当てが終わったころ、妻が到着する。

    診察の結果は左肩鎖骨骨折、左腰、両膝、両肘、左手甲、顔面の擦過傷。
    左肩は鎖骨バンドで固定してもらい、地元の病院への紹介状を書いてもらう。
    治療費は保険が効くと思い、一旦全額払う。

    警察の人が来て、事故時の状況を聞かれる。
    良く思い出せないのだが、恐らく左コーナーで後輪がロックして転倒したまま対向車線に飛び出したようだと答える。
    警察の人からは対向車が2台いて、2台目の車にドライブレコーダーが付いていて、その映像を見せてもらう。

    私が転倒し転がりながら滑っているところを2台ともギリギリの所で左に避けてくれたから、接触事故とはならなかったようだ。
    ありがたい。接触していたら、もっと酷い怪我になっていただろう。
    しかし、2台目の車が左に避けた際に縁石に擦り、左前フェンダーとホイールを擦っていて、その画像も見せてもらう。
    相手への賠償が必要となりそう。

    警察の扱いとしては交通事故ではなく、単独の自損事故になるという。

    それにしても何で事故ったんだろう?何度も走り慣れた道なのに。
    滑って青い車にぶつかる~と思ったところから救急車の中で気が付くまでの記憶が無い。
    後輪がロックするような事態になったまでの状況も良く思い出せない。

    <事故当日に続く>

    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 16:39:44| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ