FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    湘南国際村でもきつい!
    8/4も朝から暑く、遠出をする気がしない。取り敢えず境川CRで鷺舞橋まで。



    さて、どこまで行くか?
    三浦半島一周するには時間が遅く、湘南国際村まで行くことに。
    渚橋で休憩し、南郷トンネルに向かうとローディが一人南郷トンネルの車道を通るようだ。このトンネルは交通量が多く、以前車道を走った時怖い思いをしたから、それ以来は右側の歩道を使うようにしている。見ているとその人は躊躇いなく車道を通り、私より先にトネンルを進んでいった。

    緩い登りでもそれなりのスピードで走れる人は怖くないのかもしれない。
    湘南国際村へゆるゆると上って行くが、やはり富士山は見えず。鈍った体にはここでもきつい!



    終点まで行きUターンして立石公園側に少し下ったOVAでジャンバラヤを食べる。



    さて、腹も膨れたことだし立石公園まで下る。
    ここはいつ来ても海が綺麗だ。




    <やはり富士山は見えず>


    このまま帰ったら運動不足だなと思い、珍しく湘南国際村まで登り直して南郷トンネルは通らず海沿いに降り、後は来た道を戻って帰宅。
    やはり100km以上走らないと物足りないが、そのためには早起きをしなければ。

    tm:3h47m dst:81km av:21km/h up:739m odo:19263km




    サイクリング | 21:27:21| Trackback(0)| Comments(0)
    久々の表ヤビツへ・・・
    7/27は久しぶりの表ヤビツへ行くつもりで出かけたが・・・

    KHARMAのRDを5月に32Tにしてから一度は表ヤビツで試走しようと思っていたまま延び延びになり、いよいよ行ってみることに。
    いつものコースで小田厚側道を走り、途中のセブンで休憩。
    シュークリームとホットコーヒーをイートインで補給しながらふと窓の外を見ると、おや、何か窓に張り付いている。近付いて見てみるとどうやら窓の表側に蛙が張り付いているようだ。表に廻って見ると、凄い!30匹くらいの雨蛙が張り付いている。前日の夜半から朝にかけて強い風雨がり、近くの畑や水路から逃げて来たのだろうか?






    何枚かの窓の枠にびっしりと張り付いているが、このまま気温が上がったら干乾びるんじゃないかと心配になるものの、致し方ない。
    さて、外に出て大山の方を見ると暗雲が垂れ込めてきて雨になりそうな雰囲気。
    仕方なく、表ヤビツは諦め海沿いに向かうことにし、二宮まで走りR134を江ノ島へ。
    海沿いは雨の心配はなく、快適に進み江ノ島到着。



    後はいつもの境川CR経由で帰宅。



    80kmくらいで物足りない気もするが、しばらく走ってないから少し疲れてしまった。




    サイクリング | 19:41:24| Trackback(0)| Comments(0)
    オリンピックコース 町田~山中湖
    6/1はオリンピックコースの続きを走ってきた。
    前回5/12は武蔵野の森から町田の尾根幹入口まで走ったから、続きをどこまで走れるか分からないが早起きして出かけることに。

    しかし、起きると前日から少し違和感のあった左膝の裏が微妙な感じで、どうしよう?明日にしようかなどとグダグダしていると時間だけが過ぎていく。
    しかし天気は今日の方が良さそうだから、やはり出かけることにする。

    7時に遅めの出発をし、境川CRから町田街道で尾根幹入口に到着。
    さて、ここから今日はどこまで走れるか?山中湖まで行けるかどうかかな?

    少し走っていくと早くも腰が痛くなってきて、今日は道の駅までがやっとかなと思いながら青山セブンで休憩。



    みたらし団子とシュークリームを補給して出発する。

    R413に入り、緩い登りで抜かれたローディを目標にして少し距離を空けたまま追走すると、何とか付いて行けそうなペース。
    少し近づいたり逆に離されたりしながらで、丁度私と同じくらいの脚力だろうか。

    少し距離が空いた状態で10:30に道の駅到着。先程の人はいないようで休憩せずに先に行ったようだ。



    久しぶりに来たが、広場にはたくさんのサイクルラックができていて、オリンピックを意識しているようだ。
    お腹は空いてなく水分補給だけして、引き返すか進むか悩む。
    しかしまだ11時前だし曇ってはいるが雨の予報はないからと思い左折する。

    緩やかな坂を走っていると一人の女性ローディに抜かれる。さらに少し走っているとまた別のローディに抜かれる。
    御正体山が近づいて来て、昔冬場に頂上まで歩いたことを思い出す。結構、雪が深ったような気がするが記憶が曖昧だ。

    先ほど抜かれた女性ローディを抜き返し、さらにもう一人抜かれたローディも抜き返したら山伏峠に到着。



    左腿の後ろが攣りそうな違和感あり。薬を飲もうかと思うが後は下りだけだからと考え直し、先に進む。

    やはり下りは気持ち良い。車も少なく時々必死で登って来るローディやヘロヘロのローディとすれ違いながら湖畔に到着。予想通り曇りでどんより。

    オリンピックコースでは反時計周りなのだが、今日はもう体力的にも時間的にもきつそうだから、さっさと何か食べて帰ることにしよう。
    近くのグルメスポットを探し、初めてのReelCafeに何とか12時前に到着。



    待ち人は1組だけだから店の前で少し待つ。
    中に入り、初めてだから定番らしい醤油ラーメンを注文。
    おっ、うまそう!



    スープと麺、メンマは好みだが、チャーシューはちょっと好みと違う。
    完食して旭日丘まで進んで湖畔に出ると、こんな場所にもサイクルラックがある。



    富士山はやはり全然見えず残念。

    <裾だけチラ見え>


    籠坂峠の登りは道が荒れている個所があるものの短くすぐに頂上を通過して、後は快適な長い下り。
    スピードの出し過ぎに注意しながら小まめにブレーキを掛ける。

    先週の有間峠の下りではリムブレーキで手が疲れたが、Discブレーキはやはり楽。
    麓まで全て下ったあたりで、何だかお腹が痛くなってきて小山町のコンビニに寄る。今朝食べた昨夜の残りカレーが良くなかったか?

    R246を極力通らないルートで山北まで行き、曽我でまたトイレ休憩。食欲はないが栄養補給のため水羊羹を食べて出発。
    国府津からR1、大磯からR134を通りいつものコースで境川CRへ。

    鷺舞橋に着けば後少し。

    <やっと戻ってきた>


    久しぶりの180kmは疲れたが、ブルベをやる人からしたらショートコース?

    明日は無理せず、たまには洗車をすることにしよう。

    tm:7h55m dst:181km av:23km/h up:2106m odo:1387km




    サイクリング | 23:31:12| Trackback(0)| Comments(0)
    初、有間峠 CafeKiKi走行会
    5/26は初の有間峠へ行ってきた。
    飯能のCafeKiKiさん主催のサイクルイベントで、今年は前日の5/25に有間峠が開通し初の開催らしい。
    8:30に有間ダム麓の東屋集合に合せて、去年買ったCafeKiKiジャージを着て車載で家を出る。早めに駐車場に着くとまだ誰も来ていないようで、準備をしているとスタッフと思われる人(後で知ったが常連のマサ8さん)からマスターは来るまでもう少し時間がかかると言われる。

    <この壁画を見るのは3回目かな>


    ここからいきなりヒルクライムが始まるから、近くを少し走りアップしようと思い飯能方面に向かうと、何人かのローディとすれ違いCafeKiKiジャージを着た人もいたから今日の参加者かも知れない。
    時間前に戻ると既に何人か集まっている。



    東屋でマスターと挨拶をし、受付を済ませ名前のカードをもらう。
    参加者はマスター+13人でマサ8さんはサポートカーで同行するらしい。

    高校生男子2人と女性3人もいて女性のうち一人はブルベをやる人らしく、次の週末は初めての600km走るらしい。凄い!

    東屋の前で記念写真を撮り、遅い人からグループを分け5分間隔で遅い順に出発することに。
    私は遅いチームを希望したが何故か早いチームに入れられる。



    マスターが先頭を行き、5分後女性たちと高校生など、更に5分後に私たちは出発する。
    最初のダムまでの登りがきつくて一緒に走りだした人たちは早くて付いて行くのがやっと。
    それでもこの会の趣旨はタイムを競うのではなく早い人も遅い人も全員でヒルクライムを楽しもうということで、ガチな走りではなく何とか私でも付いて行ける。

    途中何人か抜くが、高校生の一人がかなり辛そうにしている。彼はザックを背負ってカメラも持っていて余り走り慣れていないようで大変そう。
    半分くらい登った少し広い場所で休憩スポットが用意されている。。マサ8さんが先に来ていてスポドリの給水タンクを用意し、マスターからは補給食を受け取りしばし休憩。



    続々と後続が登って来るが、先ほどへばっていた高校生が来ない。マサ8さんが車で迎えに行き、マスターも降りて行く。
    暫くして戻って来ると彼は両足とも攣ってしまい、車の助手席でもう登れなさそう。
    この峠は勾配もきつく距離があるから、走り慣れていない人にはきついだろう。

    さて、出発。ここからは勾配も緩くなり、多少アップダウンしながら頂上へ向かう。
    途中、一人パンク修理中。声を掛けると大丈夫だと言うから先に進む。
    おっ、標識が見えてきてどうやら頂上に着いたようだ。



    車やオートバイも結構止まっている。
    下の方には有間ダムも見えるし遠くに白く光っているのは西武ドームらしい。

    <写真だとダムが見えるくらい>


    他の人が登って来るのを待つ間、秩父側の下り方面の道路を見に行くと舗装も綺麗で良さそうな感じだ。ずっと下っていくと秩父さくら湖へ続くらしく、次ソロで来る機会があれば行ってみよう。

    やがて全員が登ってきて休憩し、記念写真。

    <マスターに撮ってもらった>



    <埼玉ポーズ>


    さて、登れなかった高校生の彼も下りは自転車に乗りたいということで、全員で下る。飛ばす人はいなくて安心。
    急坂で手が疲れて来たころに登りでも休憩したスポットで小休止。
    少し休んで下っていくと段々暑くなってくる。有間ダムまで下り記念写真。



    今日は暑く、涼しかった頂上との標高差を感じる。
    店まで複数チームに分散して走り、懇親会。



    まずは走った後のコーラが爽やか。
    お菓子やバナナなど食べた後にピリッとしたカレーと甘いフレンチトーストがどちらも旨い。






    しばし談笑後、コーヒーで締めて解散。
    こういう走行会は初めて参加したが、マスターや常連さんが準備や場を盛り上げてくれたりして、良い雰囲気で続けているようだ。

    マスターは有間峠の清掃や近隣のサイクルスポットへバイクラックの寄贈もしていて本当に頭が下がる思いだ。

    奇しくも前日の三浦イチと今回の有間峠の二日間で二人の若い走り慣れていないローディがヘロヘロになるのを見たが、彼らは伸びしろがあるからすぐにメキメキ成長するだろう。
    下げしろしかない50代ローディは下げ幅が急激にならないよう体の調子を見ながら走るしかない。

    tm:3h02m dst:50km av:16km/h up:1015m odo:19182km




    サイクリング | 22:12:33| Trackback(0)| Comments(0)
    定番コース 三浦イチ
    5/25はAEROADで初の三浦イチに行ってきた。

    autenticoで土曜日一緒に走れる人いないか声を掛けたら私とは初対面のマエさんが参加表明し、六浦で落ち合うことにして家を6:30に出かける。家を出るとこの時間でも日差しが暑いくらいだ。
    集合場所の六浦近くのコンビニに早く着いたので、コーヒータイム。やはり朝早いと道路も空いていて走りやすい。

    程なくしてマエさんがやってくる。おーっ、DEROSA SK Pininfarina恰好良い!
    話をすると元々関西の人なのだが、しばらく中国に赴任していて最近帰国した所、東京に単身赴任になったということで、神奈川の道は全然分からないと言う。

    そこで、今回は私が先導することにして出発する。
    今日はautenticoメンバのワタさんが職場の後輩と三浦イチへ行くらしく、どこかで会うかもしれない。
    まずはヴェルニー公園へ向かう。

    天気が良く、海も空も綺麗だが遠くは少し霞んでいる。操舵輪のサイクルラックで記念写真を撮っていると何やらパンフレットを持った人が近づいて来て声を掛けられる。横須賀市の観光課の人で、先月私が廻った横浜横須賀スタンプラリーの説明をしてくれる。私はもう廻ったと話すと、まだ期間があるから是非もう一度と言ってパンフレットを渡される。

    <撮ってもらった>





    前さんはこういうイベントがあるなんて、関西とは違うとの感想。
    さて、次は三笠公園へ。

    海沿いの道は気持ち良く、快適に走っていると何だか通り過ぎたような気がしてくる。スマホで確認するとやはり通り過ぎていたようだ。おかしい、何度も来ている筈なのに…
    戻るのも面倒で、次は観音崎へ向かう。観音崎が近付いてくるとゼッケンを付けたマラソンをやっている人達が増えてくる。今日は走るには暑そう。

    観音崎に到着。もちろんマエさんは初めてで、ガチに目的地まで走るより色々観光スポットを巡る方が楽しいらしく、灯台にも上がってみる。




    <マエさんがデジカメで撮影>





    次は城ケ崎へ向かって走る。何度かマラソンの人達を抜きながらペダルに負荷をかけないように軽いギアでくるくる回す。明日は初めての有間峠ヒルクライムへ行くから、今日は筋肉痛にならないように気を付けねば。

    城ヶ島到着。海は綺麗だけど富士山は肉眼で辛うじて天辺が薄く見えるだけ。やはり景色を見るには冬が良い。






    それでもマエさんの話では上海と比べたら東京の空は格段に綺麗だと言う。
    定番のしぶき亭へ向かうと12時前で空いている。
    まぐろかつが有名だが、ネギトロ丼があるというので私は普通盛り、マエさんは大盛を注文。

    先にローディ限定サービスの烏賊ゲソが出てきて、熱々で旨い。ビールが飲みたくなる。
    やがてネギトロ丼がやってくる。ここで食べるのは初めてかもしれない。
    これも旨い。

    <まぐろの佃煮も旨い>


    食べているとローディや他の客も増えてきて店は一杯になってくる。
    食べ終わり外に出るとサイクルラックがびっしり!



    丁度良い時間に来たようだ。
    次は城ケ崎公園へ。ここの展望台からも房総半島は見えるが、先ほど観音崎から見た時より霞んできている。富士山は肉眼ではぎりぎり見えるか見えないというレベル。

    <風が無く凪いでいる>


    Lineをチェックするとワタさんがしぶき亭に着いたとあって、すれ違いだったようだ。
    さて、帰ることにしよう。どこかカフェに寄りたいが、マーロウは激混みだろうしソレイユの丘へ行こうかと思っていたらコメダがあり、すかさず入店。

    <コーヒーなんだがミクル入れ過ぎ>


    ソファでゆったりとマエさんと雑談。私よりずいぶん若く自転車歴は私よりベテランなものの、上海ではずっと平坦路しか走ってなかったから坂が上れなくなったらしい。

    さて、次は定番の関口牧場へ。今日はそんなに混んでおらず、ローディも少ない。




    相変わらずでかい!


    暑くてすぐに溶けてくるからゆっくり食べれない。
    食べ終わり、幹線道路に戻って葉山へ向かう。マーロウの横を通ったら、おっワタさんだ。
    ワタさんと後輩二人がいて、丁度プリンを食べて出てきた所らしい。
    若い後輩の一人はかなりバテていて辛そうな顔をしている。

    挨拶をして彼らは先に出発。さて我々もせっかく来たし寄ろうかと話すが、コーヒー飲んだばかりだしまたにすることにして、走り出す。
    金沢八景駅に輪行道具を置いて来たマエさんとは長柄交差点で別れる。

    海沿いを江ノ島に向けて走るがこちら側はやはり混んでいる。しばらく走っているとワタさん達に追い付く。若い後輩がヘロヘロで厳しそうだ。
    今度は私が先に出発し、藤沢から境川CR経由で帰宅。

    新しいメンバと走ると走り慣れた道でも楽しい。

    tm:5h40m dst:125km av:22km/h up:891m odo:1206km




    サイクリング | 22:36:31| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ