■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や峠、湖などへサイクリングへ行っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、4年前から富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも行くようになりました。
    去年4月から下手の横好きでボルダリングも始めましたが、全く上達しません。

    体が一つしかないから自転車と山との両立が難しく、週休3日にならないかなと思っています。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (11)
  • 2017年08月 (21)
  • 2017年07月 (26)
  • 2017年06月 (20)
  • 2017年05月 (29)
  • 2017年04月 (20)
  • 2017年03月 (14)
  • 2017年02月 (13)
  • 2017年01月 (15)
  • 2016年12月 (27)
  • 2016年11月 (21)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (18)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (24)
  • 2016年06月 (8)
  • 2016年05月 (23)
  • 2016年04月 (9)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (9)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (13)
  • 2014年07月 (12)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (8)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (23)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (8)
  • 2012年04月 (13)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (13)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ちょっと息抜き
    ネム


    ねむねむzzz

    | 09:00:02| Trackback(0)| Comments(0)
    放送大学 面接授業のレポート提出
    放送大学の面接授業のレポートを提出した。

    5月22日、23日に受講した「摩訶不思議の物理学」は身近な現象から物理を勉強する内容で、コマはなぜ回るのか、生卵とゆで卵では回り方にどんな違いがあるのか、凍った缶と液体の缶ではどちらが早く坂道を転がるか等々などの講義だった。
    レポートは2日間の授業の中で自分の気になる課題について自分で実験して提出するものだ。
    私は振り子の振幅が錘の重さと、紐の長さによってどう変化するかを実験した。
    家の中では長い紐を吊るす場所がなく、また錘としてある程度の重さがないと実験できないからペットボトルを照明器具から吊るして実験した。
    ペットボトルが揺れると照明器具も揺れて支点が固定されていないため、糸の長さの正確性がない実験となった。
    それらをまとめ、6月13日に提出。

    6月5日、6日で受講した「顕微鏡で見る動植物の細胞の世界」ではタマネギの表皮、ユリの葉、ムラサキツユクサの雄ずい、藻、ゾウリムシ、ユリの花粉、ツバキの花粉、ユリの根、マウスの卵巣と子宮などを観察する講義だった。
    これらの講義内容を講義中に顕微鏡を見ながらスケッチした絵をみて思い出しながらレポートにまとめ、6月19日に提出した。
    時間が経つとどんな内容だったが、自分がどう感じたかなど思い出すのに苦労した。


    放送大学 | 08:49:07| Trackback(0)| Comments(0)
    ヤフオクで cyber shot W61S を落札した。
    一太郎が2年前からソニーの携帯「cyber shot W61S」を欲しがっていたのだが、当時は5万円ほどしていてとても手が出せず、とにかく安い機種を買って使っていた。
    それでも事あるごとにあれ欲しいなと言っていて、最近中古では5千円から1万円くらいになってきていた。
    先週からヤフオクでどのくらいで落札されているか見ていたら、5千円を割り込む場合もあることがわかり、ヤフオクプレミアム会員でない私は上限の4999円を最高落札額と設定して入札した。

    昨日の夜に4千円で落札が決まり(何と入札は私一人だけ)、早速出品者へ連絡通知を出し、先ほど連絡ができたので落札額を送金した。
    どの程度の状態のものが来るか楽しみだ。


    日記 | 22:40:02| Trackback(0)| Comments(0)
    放送大学 面接授業「顕微鏡で見る動植物の細胞の世界」
    ユリの根の細胞分裂の様子
    ユリの根の細胞分裂の様子



    マウスの子宮の様子
    マウスの子宮の様子



    昨日、今日と放送大学の面接授業「顕微鏡で見る動植物の細胞の世界」を受講してきた。
    内容は、タイトルそのもので身近な植物や池の微生物、それから素人では絶対出来ないマウスの生殖細胞の観察などをするものだった。

    参加者は15人ほどで、講師は3人で得意分野を分担しながら進めるものだった。

    【一日目】
    1.顕微鏡の使い方と細胞・核の観察
     まずは顕微鏡の使い方から学んだ。接眼レンズは双眼10倍で、対物レンズは4倍、10倍、20倍、40倍と4つ付いていて本格的なやつだ。顕微鏡など触るのは高校以来だ。
    観察するものはタマネギの鱗葉の表皮細胞、ユリの葉の表皮細胞、ヒトの口腔の上皮細胞だったが、最初は顕微鏡の扱いに慣れず、また双眼の焦点がずれて像が二重に見えるからすぐに疲れてしまった。

    2.水生生物の細胞の観察
     池の水の中にいる微細藻類がどんなものがあるか調べるものだった。
    いろいろ探してみたが、テキストには6種類のサンプルが図解してあったが、同じようなものは1つしか(ツヅミモ)しか分からなかった。

    3.動物細胞(ゾウリムシ)の観察
     収縮胞という器官で水の排出をしているのが見え、また鞭毛で少しずつ向きを変えていることから生きている単細胞生物だということが実感できた。

    【二日目】
    4.植物細胞の成長(花粉管伸長)の観察
      ユリ花粉、ツバキ花粉、ツユクサ花粉を観察した。ツバキとツユクサの花粉はゼラチンの培養地上で花粉管が伸びることを見たのだが、ツバキは短時間(5分ほど)で観察できたが、ツユクサは30分以上たっても僅かしか伸びることが確認できなかった。

    5.植物細胞の分裂(体細胞分裂と減数分裂)の観察
      ユリの根の細胞分裂の様子を観察した。実際に染色体が二つに分かれて細胞が分裂する様子が観察できた。

    6.動物の卵巣と子宮組織の観察
     マウスの卵巣、子宮の様子を観察した。講義の中では生きたマウスから観察するまでの準備などとても出来るはずも無く、予め用意されていたプレパラートを観察した。
    卵巣の構造や子宮のホルモンによる影響など良く観察できた。

    7.細胞膜の性質
     オオカナダモの細胞が回りの液体の成分により浸透圧でどう変化するか(原形質分離)を観察した。





    放送大学 | 22:30:48| Trackback(0)| Comments(0)