■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や峠、湖などへサイクリングへ行っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、4年前から富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも行くようになりました。
    去年4月から下手の横好きでボルダリングも始めましたが、全く上達しません。

    体が一つしかないから自転車と山との両立が難しく、週休3日にならないかなと思っています。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年06月 (17)
  • 2017年05月 (29)
  • 2017年04月 (20)
  • 2017年03月 (14)
  • 2017年02月 (13)
  • 2017年01月 (15)
  • 2016年12月 (27)
  • 2016年11月 (21)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (18)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (24)
  • 2016年06月 (8)
  • 2016年05月 (23)
  • 2016年04月 (9)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (9)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (13)
  • 2014年07月 (12)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (8)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (23)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (8)
  • 2012年04月 (13)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (13)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    残念なお知らせ 情報処理試験 撃沈
    今日、情報処理試験・高度の成績発表があった。試験直後の予想では午後Ⅰ、午後Ⅱともだめだろうと思っていたが結果はどうだ?
    受験番号でネットの合格発表(システムアーキテクト)を検索。

    午前Ⅰ得点 74.80点 余裕でクリア
    午前Ⅱ得点 64.00点 なんとかクリア
    午後Ⅰ得点 60点   ギリギリクリア
    午後Ⅱ評価ランク B 撃沈。Aでないと不合格。Bは合格水準まであと一歩。

    おしかった。午後Ⅰはだめだと思っていたがギリギリセーフ。
    やはり午後Ⅱの論文が鬼門だ。

    システムアーキテクトは秋まで無いから仕事帰りに本屋に寄って春にある試験の
    プロジェクトマネージャの対策本を2冊も買う。この試験の受験は初めてだ。
    気合だけはあるのだが・・・



    仕事 | 23:14:15| Trackback(0)| Comments(0)
    放送大学 面接授業 ビジネスゲームによる経営学入門2日目
    先週に引き続き放送大学の面接授業「ビジネスゲームによる経営学入門」の2日目を12日に受講してきた。

    今回はベーカリーショップを経営するシミュレーションゲームで受講者一人一人が1軒のパン屋の経営者としてパンの値段、製造指示数、材料調達数の3つを決めるのだが、客数や廃棄、欠品などの予想をしながら1日の営業を行い、その結果として他チームの売価、客数を参考にして次の営業日の意思決定をしていく内容だった。

    自分の店の営業情報、損益計算書、貸借対照表を作成しながら行うため、結構忙しくじっくり作戦を練る時間が取れなかった。

    また、赤字覚悟で価格破壊をしかける人もいて、そこに客を奪われ赤字になった営業日もあった。
    10回のサイクルを実施し何とか上位には入れたが、売価設定による損益分岐点を考え、客数予想をするのだが、なかなか予想通りの客数にならず難しかった。

    先週のレストランゲーム、今回のベーカリーゲームとも受講者ごとに店を経営する方法だったが、何人かでチームを組んで議論しながらチーム間で競争するようなゲームもあれば色々な意見を聞けてもっと面白かったかもしれない。


    放送大学 | 22:22:23| Trackback(0)| Comments(0)
    宇多田ヒカルのライブ・イン・シアターに行ってきた
    宇多田ヒカルのライブ・イン・シアターに行ってきた。凄い良かった。
    横浜アリーナでのコンサートを全国64箇所の映画館でライブ中継するもので、海老名の東宝シネマズに神さんと一緒に行って来た。

    コンサートだと豆粒くらいにしか見えないだろうが、映画館だとアップの映像やアリーナの会場の様子も良く分かり、音ももちろん迫力あって最高だった。
    構成は演出にはそんなに凝ってなく、あくまで歌を聞かせるような感じで、今まで宇多田ヒカルの曲・声はCDでしか知らなかったが、アレンジも良く生の歌声がとても良かった。

    今日午前中に人間ドックで胃レントゲンのためにバリウムを飲んだのだが、その下剤が効いてきてライブの後半でどうしても我慢ができずに席を離れてしまい一曲聞き逃したのが残念だった。

    ライブインシアターの値段が3千円で、例えばマイケル・ジャクソンの「This Is It」が1700円なのと比べてどうだろうかとか、前の席のやつが立ち上がったりしたらヤダななどと考えていたが、席に座ってライブ中継が堪能できたから3千円はコストパフォーマンスが高かったと言える。

    コンサートが久しぶりに楽しめて楽しい一時だった。

    日記 | 22:45:17| Trackback(0)| Comments(0)
    放送大学 面接授業 ビジネスゲームによる経営学入門
    5日に放送大学の面接授業で「ビジネスゲームによる経営学入門」という授業に行ってきた。
    参加者22名の学生がそれぞれレストランの経営者として競合する同じ地区で値段、味、宣伝の三要素を考え誰が一番利益を上げるかを競うコンピュータゲームだった。

    値段は単純にランチの売価を決め、味は材料の原価によって決め、あとは宣伝費用をいくらにするかを決めるだけなのだが、22人が決定した内容がどういうロジックで客の獲得に関わっているかは不明で、一週間の客数の結果が出力される。
    そこには各店ごとの売価、原価、宣伝費、客数が表示され自分の店の結果と他店の状況を見て次の一週間のラウンドの価格をそれぞれ決定する。そのサイクルを10週分繰り返して最後に誰が一番利益を上げるかを争った。
    決める内容はたったの3要素なのだが、高級路線でいくか薄利多売路線でいくかそれぞれ悩んだり、一番利益を上げている店の値を参考にしながら考えるのだが、その週の最高利益を上げた店を単純に真似ても次の週ではまた他の意思決定をした店が上位になったり、同じ価格のままだ他客に飽きられたり、余り利益を追求して原価を下げると値段の割りに味がまずいとの評判がたったりして単純ではなかった。

    結局私は22人中の真ん中辺で、高級路線を狙ったり薄利多売路線に変更したりしてコロコロ戦略を変えたのが良くなかった様だ。
    来週はもう少し難しいシミュレーションンをやるようで楽しみだ。

    放送大学 | 13:31:23| Trackback(0)| Comments(0)