■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や峠、湖などへサイクリングへ行っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、4年前から富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも行くようになりました。
    去年4月から下手の横好きでボルダリングも始めましたが、全く上達しません。

    体が一つしかないから自転車と山との両立が難しく、週休3日にならないかなと思っています。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年03月 (13)
  • 2017年02月 (13)
  • 2017年01月 (15)
  • 2016年12月 (27)
  • 2016年11月 (21)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (18)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (24)
  • 2016年06月 (8)
  • 2016年05月 (23)
  • 2016年04月 (9)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (9)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (13)
  • 2014年07月 (12)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (8)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (23)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (8)
  • 2012年04月 (13)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (13)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    デジカメを6年ぶりに購入

    今まで使っていたPanasonicのDMC-LZ2

    今回買ったCASIOのEX-Z330(EXILIM)


    今まで使っていた物はPanasonicのDMC-LZ2というやつで6年前に買ったものだ。たまに山歩きに行く時に持って行くのだが大きく嵩張っていつも持ち歩くには使いづらいし、写真がどうも綺麗に撮れない(腕のせい?)
    もっとコンパクトで胸ポケットに入るくらいのいつでも持ち歩けるやつが欲しくなり、ネットで検索したところ、満足度の高いCASIOのEX-Z330(EXILIM)に決めた。

    3日前に注文し今日届いたのだが小さくて軽い。一緒に注文したビデオカメラは昨日届いて小さくて軽いのに驚いたが、今日もやはり技術革新を実感した。
    しかし小さいだけにボタンがちゃちくて押しにくい。コンパクトにまとめているのだからある程度仕方ないか。
    今までの機種は500万画素で光学6倍、今回の機種は1210万画素で光学3倍。
    画素数で綺麗さが決まる訳ではないのでどっちが綺麗に撮れるか試してみよう。


    日記 | 23:15:48| Trackback(0)| Comments(0)
    ビデオカメラを11年ぶりに購入

    11年前のNV-C5



    今回買ったHDC-TM25


    今まで使っていた物はPanasonicのNV-C5というやつで11年前に買ったものだ。運動会などに行ってもさすがにテープタイプのモデルを使っている人は見なくなった。

    動きも不安定で電源を入れなくても勝手にウィーンと音がして入るようになったり、いざ使おうとしてもすぐに起動しなかったりでそろそろ買い時だと思っていたところだ。

    ネットで見ると2万円以下のものからありビックリ。たしか11年前で13万位したはずだ。
    評価レビューなどを見比べて結局3万円ほどでPanasonicのHDC-TM25-Sを一昨日注文し今日届いた。
    小さい!そして軽い!

    技術の進歩は凄い。記録媒体がテープからメモリになったから駆動装置や筐体の大きさが小さくなりおもちゃみたいだ。古いモデルは重量感があり、いかにも精密機械といった感じだが、これも時代の流れだ。
    試しに撮ってみると暗い部屋でも綺麗に取れるし使いやすい。難点は液晶側に付いているファンクションボタンが小さすぎて少し使いにくいことだ。

    コンパクトだから気軽に持ち運べるしメモリカードだから簡単に取ってPCへコピーできるから便利だ。
    運動会のイベントや猫の動画を撮ってみよう。



    日記 | 23:29:32| Trackback(0)| Comments(0)
    二日目にして挫折
    今日も午後からスポーツセンターへ行きトレーニングをしようと思っていたが昨日の疲れで筋肉痛があり、結局行かなかった。昨日はそんなにトレーニングを頑張ったつもりではなかったが普段使わない筋肉を使ったせいか今日になって肩や腰、背中、腕が痛くなってしまった。二日目にして挫折とはなさけない。平日は行けないからまた来週末まで待たないといけない。


    日記 | 22:19:48| Trackback(0)| Comments(0)
    海老名 西安餃子
    今日午前中に「神様のカルテ」を見た後にビナウォークの西安餃子でお昼を食べてきた。
    私は坦々麺餃子セット(1000円)、神さんは冷やし坦々麺セット(1150円)を注文。
    店の中は駅そばの店にも関わらずゆったりした座席配置で落ち着いた雰囲気で良い。

    坦々麺は大抵濃厚なスープだがここは少ししょっぱくて少し酸味を効かせた感じだった。
    冷やし坦々麺は神さんは辛いと言っていたが少し味見すると私には丁度良く、こちらも少し酸味を効かせた感じだった。
    坦々麺にセットで付いて来た一口餃子は羽根もしっかりパリッとしていて美味かった。また杏仁豆腐も滑らかで美味かった。
    酸味が苦手でない人には十分美味しいと思える味だったが値段とのコストパフォーマンスとしてはまぁまぁかなの印象だった。
    西安餃子 海老名店




    関連ランキング:中華料理 | 海老名駅




    日記 | 17:39:53| Trackback(0)| Comments(0)
    神様のカルテ
    今日の午前中に神さんと「神様のカルテ」を見てきた。
    文学青年風の若い医者が患者とどう向き合って行くのかを描いた映画で、医者の立場、患者の立場、医者の妻の立場それぞれの気持ちが良く描かれていて心温まる良い映画だった。

    宮あおいが控えめだが芯の強そうなしっかりした妻を良く演じていた。患者役の加賀まりこや上司役の柄本明も脇をしっかり固めていて映画に味わいを出していた。原作は現役医師の夏川草介という人で小学館文庫小説賞を取ったらしい。またテーマ曲の辻井伸行の音楽が感情の起伏や綺麗な長野の風景に良くマッチしていた。

    主人公の青年医師が大学病院に行って最先端医療に関わって大勢の命を救うことを優先するか、小さな地方病院に残り患者一人一人と丁寧に向き合っていくのか進路に悩むシーンがあり結局地方病院に残ることを決断するのだが、若い頃の自分だったら納得できなかったように思う。

    所々シーンのつながりで不自然な箇所も有ったが帰りの車の中で原作を読んでいた神さんから補足してもらうと納得できた。映画の限られた時間の中にストーリをコンパクトにまとめる際にどうしても割愛してしまうシーンもあるだろうから原作を読んでから見たほうがより感動できると思う。

    映画 | 17:15:17| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ