FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    職場のメンタルヘルスと精神疾患
     昨日、今日と放送大学の面接授業で「職場のメンタルヘルスと精神疾患」を受講してきた。講師は放送大学の石丸教授(元桜美林大学)、桜美林大学の種市准教授と清水准教授の3人だった。
     最初は「ストレスと精神疾患の諸相」について精神科医でもある石丸教授の講義だった。メンタルヘルスの現状で興味深かったのは、精神科病床の数が第二次世界大戦以降、欧米先進国では減っているのに日本では急激に増えてから横ばいで今では先進国と比べると圧倒的に多いようだ。その理由としては先進国では精神病の理解が進んだことや薬の発達により患者を病院から地域に戻す動きがあるのに対し、日本では患者を受け入れる体制が整わないことが原因らしい。

     また、自殺者数は世界的に見ても日本は高位で年間3万人以上で横ばいの状態だ。日本より多いのは旧ソ連の国々だということは興味深い。自殺がなぜ減らないかについてはまだまだ自分ひとりで思い悩んで医者に行ったり、仕事を休むことをしないからだろうか。

     次に産業医もやっている種市准教授の講義で「ストレス理論と職場のストレスマネジメント」がテーマだった。自己分析をしストレスに対する傾向を整理したり、産業医として関わった色んな職場の経験から、職場では役職によりどんなストレスの傾向が出ているか、実際に様子がおかしい社員がいたらどう対応し、休職明けの接し方はどうしたろ良いかなどの話だった。

     中学の教員経験のある清水准教授の講義は「教育現場のメンタルヘルス」で子どものストレスの現状や教師のストレスの現状の話で、一般的には子どものストレスについては広く社会問題にもなっているが、教師のストレスについて統計の資料の話や、実際の経験に基づく話も多く、教師は大変だなぁと実感した。最近では若い教師の離職率が高くなっていて、またベテラン教師が最近の子ども達の変化について行けず病気になることが多いようだ。

     また、外国の教育現場の話としてオランダの例を聞いたが子ども達の能力に応じたクラス分けやリラクゼーションの時間があることなど興味深かった。アメリカでは少人数教育(25人)が当たり前で義務教育の期間でも落第が10%あるらしく能力に応じた進級になっているようだ。大学も卒業するのは難しく、日本の大学では入るのは難しくても卒業が楽なのとは大違いだ。日本の義務教育の在り方や教育に掛ける国家予算(日本は大学費用が異様に高い)、企業の採用基準や採用方法(新卒中心)など柔軟に変えていかないとどんどん先進国と国力に差が付くように思う。

    放送大学 | 22:53:04| Trackback(0)| Comments(0)
    苛めで不登校
     水曜の夜、家に帰ると二太郎が学校で苛められていてもう学校に行きたくないと言っていると神さんから聞く。本人から詳しく聞いてみると殴られたり蹴られたり罰ゲームをやらされたり靴を隠されたり、「うざい、死ね」と言われたりしているらしく、年が明けてからひどくなったらしい。神さんが担任の先生に取り合えず話したらしいが、具体的な対応については金曜日に学校で話すことにしたとのことだ。

     今までも親や先生に言うと苛めがひどくなるんじゃないかと恐れていたらしく随分怖がっている様子で、かなり深刻な感じだ。中学にも進みたくないと言うし、金曜日は私も一緒に学校へ行くことにした。木曜日は二太郎は休ませることにしたのだが休んだら休んだで、何で休んだのかとしつこく聞かれそうでどうしようかと悩んでいた。

     木曜の夜、私が家に帰ると状況が変わっていて担任が苛めている子供たちに話したようで放課後謝りに来たらしく、二太郎はもう大丈夫だから金曜は普通に学校へ行くと言っている。本人がそう言っているし、金曜は普通に登校させることにした。

     金曜の朝、私と神さんで校長と担任の先生と状況について話し合った。途中で二太郎も呼んでいつからどんな苛めがあったのか具体的に聞き本人も落ち着いているようだし、苛めていた子供達が謝りに来たことも先生達に伝え、取り合えず様子を見ることにした。
     先生達の対応は早いし子どもから良く話を聞くし、少し安心できた。夕方、学校から帰ってきた二太郎に状況を聞くと、今日は特に問題はなかったらしく来週からも学校に行けると言う。

     一姫の時は中学1年の秋から不登校、鬱になり卒業まで2年半不登校になってしまった。その後、鬱の薬を服用しながら高校、大学と進んだのだが、もう服用を止めて良いと医者から言われるまで7年掛かった。今度は様子をまめに聞いて、早め早めの対応をしなければならない。


    子供 | 22:49:19| Trackback(0)| Comments(0)
    成人の日
    今日は一姫の成人の日だった。早いものでもう20年。色々あったがようやくここまで来たのかと思う。4月から大学3年生だが、日本を取り巻く経済状況が厳しく大変だ。

    子供 | 22:46:48| Trackback(0)| Comments(0)
    郊外のショッピングモールで映画と温泉
    1月1日に浜松のサンストリート浜北に映画を見に行ってきた。映画はミッションインポッシブル:ゴーストプロトコルを見ようとしたのだが、丁度始まったばかりで次は2時間後。ショッピングモールの中に温泉が入っていてそこで時間を潰す事に。しかし良く考えたものだ。買い物嫌いな男性と買い物好きな女性でも一緒にショッピングセンターで時間が過ごせるようになっている。温泉には安いヘアーカット店もあり、さっぱり。

    その後、映画へ。新しいだけあってスクリーンも座席も広い。19時開始だったのだが、客の入りは3割程度。映画は人気シリーズだけあってまぁまぁ楽しめた。小道具や車が007シリーズみたいになったのはちょっと引いてしまった。

    今まで浜松で映画を見るときはザザシティに行くことが多かったのだが、駐車料金を取られるしこちらの方が良い。どの都市でもだんだん駅周辺部は廃れて郊外の大きなショッピングモールに客足が流れているようだ。


    映画 | 22:00:41| Trackback(0)| Comments(0)
    前のページ