■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や峠、湖などへサイクリングへ行っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、4年前から富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも行くようになりました。
    去年4月から下手の横好きでボルダリングも始めましたが、全く上達しません。

    体が一つしかないから自転車と山との両立が難しく、週休3日にならないかなと思っています。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2017年08月 (12)
  • 2017年07月 (26)
  • 2017年06月 (20)
  • 2017年05月 (29)
  • 2017年04月 (20)
  • 2017年03月 (14)
  • 2017年02月 (13)
  • 2017年01月 (15)
  • 2016年12月 (27)
  • 2016年11月 (21)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (18)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (24)
  • 2016年06月 (8)
  • 2016年05月 (23)
  • 2016年04月 (9)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (9)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (13)
  • 2014年07月 (12)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (8)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (23)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (8)
  • 2012年04月 (13)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (13)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    微妙な天気の中、湘南国際村へ
    今日は早起きして久しぶりに上尾の丼屋まで遠征しようと思っていたが、起きると道路は濡れていて天気も微妙。
    二度寝して9時前に出発。天気予報は微妙なままで近場の湘南国際村へ行くことに。

    家を出てすぐ手袋を忘れた事に気が付くが、暑くなるわけではないから素手でいいやとそのまま走る。
    境川CRは微妙な天気予報のせいかガラガラ。鷺舞橋で水分補給し先へ向かう。

    藤沢の街中に入りヘルメットもしてない事に気が付く。いつものように手拭を頭に巻いていたのだが、ここまで気が付かなかった事に驚き。
    暑い時期なら休憩の度にヘルメットを脱ぐからいくら何でも気が付くはずだが、鷺舞橋では暑くないからヘルメットを脱ぐ動作をしなかったから気が付かなかったのか?

    やっと手袋を忘れた原因に思い当たる。いつも手袋は吊るしたヘルメットの中に入れているから手袋だけ忘れることはないはずだ。手袋を忘れたのに気が付いた時点でなぜヘルメットもしてないのに気が付かなかったのか改めて不思議。

    そういえば今朝、PCを起動しようとしてパスワードを度忘れしてロックさせてしまったが、今日は物忘れが激しい!
    昨夜は忘れ物の神様が枕元に立ったのか?

    ここまで来て戻るのは大変だし財布は持っていることを確認(サザエさんにならないよう)し、そのまま走る。
    小動からR134へ入るが、夏を過ぎ渋滞と排ガスが減ったのが嬉しい。

    海ではウィンドサーフィンが少なく天気が不安定で波があるせいかサーフィンが多いようだ。
    サーフィンやウィンドサーフィンもいずれやってみたいが、今は自転車メインでまだまだ先の事になりそう。

    渚橋のFMに寄りエクレアとコーヒー、スポドリを補給。
    湘南国際村入口を右折するとすぐに10人ほどのローディを発見。
    今日はローディが少なかったが、やはりここには来るようだ。

    初心者が多いようで何人か抜いて(珍しく)FMの交差点を左折し更に登る。
    すぐの展望台に寄るが、展望は全くなし。やはり山登ラーとしては富士山が見えないと残念。



    国際村のセンターを過ぎUターンする所から更に大楠山方面へ行けるらしい。
    初めてだがそちらに下っていく。下から何人ものランナーが登って来る。ランナーには格好の練習コースのようだ。

    少し下ると舗装は終わり、大楠山へは砂利道を歩くようだが今日は履き替えの靴を持ってないから引き返す。

    来た道を戻り葉山のボンジュールというパン屋に寄る。
    前々から通る度に気にはなっていたのだが、今回初めて。



    カレーパン、アップルパイ、角煮パン、きのことレーズンの甘いパンの4点購入。



    店内でも食べれるようで飲み物は別にホットコーヒーを注文。
    どれも美味しく4つ食べたら満腹。

    江ノ島まで走り、時間があるから島の防波堤まで行く。釣り客が大勢いて楽しそう。

    <三浦半島>



    <ジェットバイクが楽しそう>



    <釣り客が大勢>



    <いつかヨットが持てる身分になれるか?>





    帰りも境川CRで14時に帰宅。
    最近ガッツリ走ることが多かったが、たまにはのんびりポタリングも良い。

    tm:4:14 dst:85km odo:8644km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 17:52:47| Trackback(0)| Comments(0)
    坂嫌いは城ケ島へ
    19日は丹沢山歩き、21日は激坂の明神峠経由山中湖と走ったが、今日は坂嫌いな私に丁度良い平坦路の三浦半島へ。

    のんびりと8時過ぎに出発し、まずは環状4号で六浦へ。
    天気予報では最高気温が26度くらいだと言っているので半袖ジャージ+短レーパンで走り出し丁度良い。

    出たのが遅かったから岬や公園には寄らずに久里浜経由三浦海岸駅へ。
    目当ては駅そばの回転ずし「海鮮」で、開店11時の10分前に到着すると既に15人ほど並んでいる。



    座れるか心配だったが店内は広く無事座れたのだが、隣の人と肘が当たりそうなほど席が狭い。
    店内の待ち席も一杯になり、後5分遅ければ待ちだったかもしれない。

    早速、地魚セットを注文。三浦半島だし鮪を注文する人が多いが私は特別鮪が好きな訳でなく、色んな魚が食べたい。
    両隣の人達は旨そうにビールを飲んでいて羨ましい。

    開店と同時に一斉に注文が入ったからだいぶ待たされるかと思っていたが、10分ほどでやってくる。
    5種類の魚で10貫あったが、握りが小さくお盆がスカスカなのはちょっと寂しい。

    <すごいピンボケ。やはり安いスマホはダメかな>


    あっという間に平らげ、鯵、かんぱち、金目を追加。
    これらも来たそばから完食。もっと食べたい気もするが予算オーバしそうで店を出る。

    さて、城ケ島へ向かうがすぐの坂が食べた後にはきつい。
    宮川公園の風車は風が弱く1台は止まっていた。



    城ケ島に到着。ここは自転車だと橋が無料だし気軽に来れるのが良い。
    天気が良く海が綺麗だったが、富士山は肉眼でやっと薄く見える程度。



    今日は連休最終日で渋滞がどうかと思ったが意外と渋滞もなく自衛隊を過ぎ、ふと左手の学校でプールに人がいるのが見え、9月なのにと思ったら海洋科学高校だった。納得。

    午後の日差しが暑く関口牧場へ。
    大勢の人が並んでいてローディ率高し。

    今日はバニラとカボチャのミックス。これで300円は安い。



    さっぱり系で美味いが、カボチャの風味があまりしなかったかな?
    いつも寄る立石公園はパスしそのまま江ノ島、藤沢、境川CRで帰宅。

    この連休は天気に恵まれ山1日、自転車2日遊べた。
    さすがに中1日休まないと体力が続かない。

    ブログやtwitterでは毎日坂を走っている人も多いが、そこまで走れるようになるにはやはりローラー台で毎日練習が必要かな?

    tm:5:57 dst:121km odo:8559km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 22:16:03| Trackback(0)| Comments(3)
    2度目の山中湖。またもや足付き
    一昨日は塔ノ岳まで山歩き、1日空けて今日は自転車で山中湖へ。
    山中湖へは去年の5月に道志から行ったが山伏峠までの長い長い登りが制覇できず、何回も足付き休憩をしてやっと行けたのだが、今回は小山から明神峠経由で行くことに。

    良く一緒に走る私より足の強いブルベライダーのタイチャさんが、明神峠は押しが入ったと言っていたので自分に登れるかという不安もありつつ6時に家を出る。

    まずは厚木からR246で善波峠へ。
    しかし、一昨日の山歩きの疲れもあり善波峠の登りもきつい。

    善波トンネルを超えてから快適に進み寄入口の7-11で最初の休憩。
    塩豆大福とホットコーヒー、スポドリを補給し出発。

    曇りで暑くは無く長袖アンダー+半袖ジャージ、短レーパンで丁度良い。
    東は青空も見えているが、向かう北西方面は雲が厚くて少し天気が心配。

    R246からK147号に逸れる所で青い制服の人がおいでおいでをしている。
    昔何度か見たような光景でドキッとするが交通取締の警官だ。

    何だろうと思って話をするとこの高架区間は自転車通行禁止らしい。
    少し手前の旧道を通らなければいけなかったらしいが、全く標識には気付かなかった。

    違反切符でなく自転車安全指導カードというのを初めてもらった。

    <初めてもらった自転車の安全指導カード>



    <裏面にはこんな注意書き>


    他にオートバイが何台か止まっていたが恐らく一時停止違反だろう。
    違反切符でないから落ち込む事もなくK147へ進む。

    少し行って富士スピードウェイの手前を9:20に右折すると山間部に入る。
    いよいよ登り。足付きなしで上がれるか?

    最初は緩やかな傾斜で順調に進むがだんだんきつくなってくる。
    しかも緩くなる個所がないから足が休めず疲労が溜まっていく。

    山梨県境まであと4km辺りから追い打ちをかけるように更にきつくなっていき、そんな状態で○型滑り止めの激坂が登場。

    何とか足付きなしでと頑張るが、坂が続いているのを見ると堪らずギブアップ!
    路肩に停め肩で息をする。

    <まだまだ登りは続く>

    振り返ると何と18%の標識。これは無理だ。

    <こんな所登っていたのか>

    押し歩いて少し勾配が緩くなったらまた漕ぎ出すが、すぐに今度は16%の急坂で2度目の押しが入る。
    きつい!やはりタイチャさんが登れない所を私が登れる訳がない。

    また水分補給して再スタート。すぐに傾斜は緩やかになってくるが、ずっとインナーローのままでも足が廻らない。

    やっと山中湖村の標識が見えてくる。山梨突入!



    時間は10:30で富士SWの手前を曲がってから1時間ちょっと。押しがなければ1時間を切っていたかも。
    駐車している車が数台あり、山歩きで三国山や鉄砲木ノ頭へ向かう人達か。

    私も10年以上も前になるが雪の時期に湖畔の旭日丘に車を止め、籠坂峠、大洞山、三国山、鉄砲木ノ頭、パノラマ台と山中湖南側の山を縦走したことがあるが、富士山が絶景だったのを懐かしく思い出す。

    いよいよ山中湖が見えてくる。パノラマ台に寄るが今日のこの天気では富士山は見えず。




    <パノラマ台より、富士山は見えず>


    平野から湖畔を時計回りに廻り、事前に調べていた湖の北西から少し入った所にあるほうとうの店「大豊」へ向かう。

    しかし11時過ぎだが店の前はガランとして開店前だとしても人気店なら待ち客がいるだろうし月曜日で休みか?
    仕方なく湖畔に戻り蕎麦屋「やまさと」へ。

    こちらは営業していて中に入り、良い値段だが奮発して天せいろを注文。
    10分ほどで運ばれてきてまずは海老天。熱々、プリプリで絶品!



    そばは二八でコシが強い。野菜天麩羅もどれも美味く、蕎麦のお代わりが安いから注文。
    満腹で店を出る。
    湖畔のサイクリングロードを走り平野へ。



    山伏峠への登りはきつくは無いが足が廻らないし下ハンだとお腹が苦しい。
    トンネルを超えると道志へ快適な下り。大勢のローディが登って来る。

    あっと言う間に道の駅に到着。車は渋滞中だが自転車は楽。
    駐輪して最近ツイッターで良く投稿されているお約束のカッパにヘルメット。



    秋の豚祭りをやっていてポーク串焼きや豚汁が美味そうだが、まだお腹一杯で食えない。
    駐輪した所に戻るとハンドルに地図を止めているローディがいて話すとやはりブルベをやるらしい。

    400kmまで走った事があるが、600kmはまだ躊躇っているとのこと。
    200kmをやれば次は300km、400kmと来たが、600kmはさすがに躊躇ってしまうらしい。
    私はまだ1日の最高で170kmほど。今日もそのくらいになりそう。

    挨拶をして道志を下る。反対車線は渋滞が延々と続く。道の駅が起点のようだが、寄らずに山中湖へ向かう人もいるだろうが、後ろの方だとそれが分からないのだろう。
    この辺は誘導など改善が必要。

    青根の辺りまで快適な下りだったが登りになると途端にインナーロー。
    もう少しの負荷でも足が廻らない。

    アップダウンを繰り返し伊勢原方面を右折し宮ケ瀬湖へ。
    鳥居原ふれあいの館に14時過ぎ到着。オートバイが随分多いのだが、ローディが全くいない。




    コーラ350ml缶を一気飲みし、500mlのスポドリを補給して厚木へ。
    土山峠で快適な下りを期待したが車が多く気を使う。

    16時に帰宅。170kmほど走ったが疲れた。やはり中1日で運動するのはきつい。
    今までの最長は去年9月に都民の森まで行った175kmだが、200kmにはまだ届かない。
    これから陽も短くなるし今年も200kmの壁突破は難しいかな?

    dst:169km odo:8438km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 23:45:44| Trackback(0)| Comments(4)
    2年ぶりの塔ノ岳
    最近は自転車ばかりで8月に剱岳、立山へ行ったが丹沢は2年も歩いていない。
    連休の天気は良さそうで山と自転車どちらも遊べそうだから、まずは2年ぶりに塔ノ岳へ行くことに。

    秦野駅北口のバス停はヤビツ峠行き始発を待つ人で長蛇の列。
    臨時バスが来て7:25分に出発。

    ヤビツまではローディが何人か走っていて、いつもは抜かれるのだが今日はバスでサクッと抜いて行く。
    ヤビツ峠に到着し支度をして8:15出発。



    昨日の雨で登山道は滑りやすく二ノ塔までの登りはきつい。
    道路だと勾配率10%を超えるときついが、山道では100%前後もざらにある。

    半袖Tシャツ1枚だが気温も高くしっかり汗を掻いて二ノ塔到着。



    水分補給に持って来たトロフィーという自転車でいつも飲んでいるスポドリが妙に薄い。
    500ml用の粉を1Lのボトルに入れて来たのに気づく。道理で!

    大山は天気が良さそうだが、これから向かう塔ノ岳方面はガスの中。




    <塔ノ岳が見えない>


    少し下り登り返して三ノ塔。ちょっと進むと左手下に烏尾山が見えてくる。



    下りは道が荒れていて滑りやすく慎重に進む。
    登山道にはアザミがあちこちに咲いているが他の花は全く見ない。




    <野イチゴかな>


    烏尾山到着。小屋は閉まっている。時間が早いだけなのかな?



    東方面は綺麗に晴れていて三ノ塔を振り返るとやはり晴れ。






    しかし塔ノ岳方面は相変わらずガスの中だが晴れることを期待しながら降りていく。



    下ってきつい坂を登り返して行者岳に到着し少し休憩。



    大山方面も先ほどより雲がでてきたような。



    鎖場を慎重に下り新大日を過ぎればもうすぐ。最後の登りを上がると塔ノ岳到着。



    西側、北側の展望は無いが少しガスが晴れると蛭ヶ岳方面も見える。
    天気が良ければ丹沢山まで足を延ばそうかとも思っていたが、展望は期待できそうにないから今日はここまで。




    <ハイ、ポーズ>



    <大山方面もガスが出て来た>


    尊仏山荘に寄りビールを買う。自転車ではこれができないが山頂のビールは山の楽しみだ。

    <やはりこれでしょう>


    非常食としてカロリーの高そうなじゃがチョコというのをコンビニで買ってきたのだが、ビールには合わない。じゃがりこやポテチの方が良かった。

    呑んだ空き缶を山荘に返しに行くと猫がいる。
    ブログ等でここに猫がいるのは知っていたが会ったのは初めて。

    撫でたら舌を出して毛づくろいを始めた。




    <尊仏山荘の猫ミー、15歳>


    外に出て腹ごしらえ。
    時々陽が差すと半袖Tシャツ一枚でも暑いくらいだが、ラーメンを作っている間に陽が陰り汗も冷えて来たから長袖シャツを羽織る。

    ラーメン完成。ウィンナー入り味噌ラーメン、山ではインスタントでも美味いのだ。



    ラーメンを食べていたら暑くなり長袖を脱ぐ。
    おにぎり2個も食べて下ることに。

    <雲が少し暗くなってきたような>


    帰りは大倉尾根へ向かう。



    花立山荘から下を見ると秦野は晴れているようで明るいが、道中の上空はだいぶ雲が低くなってきた。




    <大山方面も曇ってきた>


    退屈な大倉尾根を下っていく。時折トレランの人に勢いよく抜かれていく。

    <癒される林間のトレイル>


    歩きにくいゴロゴロした石の道を下りやっとどんぐりハウスに到着。




    丹沢も久しぶりに歩いたが、やはり登りは普段自転車に乗っているお蔭で全く問題ないが、下りは膝が痛くなる。
    山の下りで使う筋肉は山で鍛えるしかなさそうだ。

    ヤビツ峠(8:15)三ノ塔(9:20)烏尾山(9:40)行者岳(10:00)塔ノ岳(10:50,11:45)大倉(13:30)

    にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
    にほんブログ村


    | 21:24:22| Trackback(0)| Comments(2)
    初めての足柄峠
    今日は今まで走ってない所に行こうと思い、足柄峠へ向かった。

    曇りだが久しぶりに雨の心配は無さそうな天気。長袖インナー+半ジャージ、短レーパンで出かける。
    小田厚側道、R246で松田まで行き、開成を抜け南足柄から初めての足柄街道。

    最初は緩い登り坂だが、先週の信越五高原ロングライドの疲れがまだ残っていてスローペース。
    途中、足柄峠から登れる金時山が見える。



    登りが急になってきた辺りで横浜のクラブロードロのメンバ数人が休憩していて、以前一緒に走ったことのあるカピバラさんやヒロさんがいるかと思ったが、いなかったようだ。

    交通量が少なくジョギングしている人が多い。
    坂が急になって来るとジョガーをしている人を抜くものやっと。
    10%を超えてきて一人のジョガーに抜かれ、そのまま離される。
    早い。(私が遅いだけか)

    最後は14%になり後から勾配が急になる道でかなりきつい。
    最後の登りで左脹脛が攣りながら何とか峠に到着。きつかった。



    帰りに万葉うどんを食べようと思っていたがお腹が空いてなくそのまま下る。(店がどこにあるか分からなかった)
    帰りは曽我、国府津と通り海沿いへ。長袖アンダー着ていると暑い。

    大磯の海で休憩。天気が良く海が綺麗だ。



    茅ヶ崎の7-11で何と初めてコンビニのアイスコーヒーを飲む。
    いつもは暑くても熱いコーヒーなのだが、久しぶりの暑さで体が付いて行かない。
    藤沢からはいつもの境川CRで帰宅。

    殆ど平坦の140kmで先週の信越五高原ロングライドと比べたら楽だったが、1週間経つのにまだ疲れが残っていて歳を感じてしまった。

    dst:140km odo:8,269km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 21:55:55| Trackback(0)| Comments(3)
    次のページ