FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    今年初の箱根(旧道)
    今日は箱根旧道を走ってきた。
    7:30に、上は長袖アンダー+薄手長袖ジャージ+WB、下はショートパンツ+レッグウォーマーで家を出る。まずは丸子茅ヶ崎線で茅ヶ崎へ。寒川のローソンでシュークリームとホットコーヒーを補給し、WBを脱いでR134へ。

    R1で箱根まで行き、三枚橋を左折して旧道へ。旧道に入るとセブン、ファミマとあるが、ファミマで2度目の休憩。どら焼きを補給し少し休む。ここはイートインが有って登る前の休憩に持ってこい。SNSを見ていてすっかり長居してしまってから出発。いきなり足が廻らない。休憩が長かったか?

    天狗神社のコーナーがきつい。そのあと楽になるが、七曲もきつく去年の秋に走った時よりきつい。やはりこの時期はまだまだ体ができていない。
    インナーローでゆるゆると登り、やっと甘酒茶屋。お腹は空いてないから寄らずにそのまま芦ノ湖へ。



    ずっと天気は曇りがちで、予報ではもっと晴れると思っていたのに肌寒い。まだお腹は空いていないが、何か暖かいものが食べたくなり、箱根神社へ。

    店が建て替えられ、綺麗になっている。何回目かの俺のうどん赤を注文。うどんのコシが有り、甘辛いスープも旨い。

    <見た目ほど辛くない>


    天気が良ければ大観山へ行くつもりだったが、このまま帰ることに。仙石原へ向けて走るが、湖畔の地味な登りでもインナーロー。気温は12度と表示されていて少し肌寒い。

    仙石原は向かい風が強くて走り難い。この時期ススキは当然跡形もなく、坊主で風を遮るものが何も無い。
    仙石原を過ぎると宮城野まで快適な下り。12時台と早いせいか交通量も少なく貸し切り状態で気持ち良い。

    小田原まで下ったら温かくなってきて、まだ13時過ぎだしこのまま帰るのは勿体ない。で、行先は去年11月にかよ爺さん、タイチャさん、オレンジさん、K姉妹の6人で行った一夜城ヨロイズカファームへ。前回はかよ爺さんが勾配が楽な裏の方からを案内してくれて登ったのだが、今回は表からドーナツ坂に挑戦。

    しかし、ドーナツ路面を頑張って登るものの、途中であえなく足付き休憩。
    ボトルの残りを飲み干し、再出発。何とか2度目の足付きなしで一夜城公園に到着。きつかった!

    今回は行列が20人程いて、最初レストランの行列かと思ったら、テイクアウトで並んでいる。仕方なく並んでいると登りで汗だくだったのが、だんだん冷えてきて日が当たる場所に並んで待つ。



    しばし待ってからやっと店内へ。まだお腹は空いてなく、ケーキだけにするつもりだったが、せっかく並んだからパンも注文。
    チーズが載って中にシチューのような具材が入ったパンが絶品。ピスタチオが入ったプリンも旨く、頑張って登った甲斐があった。




    <天気が今一で海が霞んでいる>


    後は来た道を戻るだけ。疲れが出てきて二宮辺りからペースダウン。大磯のファミマで水分補給するがずっとペースダウンしたまま帰宅。
    疲れた。200kmくらいペースダウンしないまま走り切れるだけの体力を付けたい。

    tm:7:00 dst:148km av:21km/h odo:14,341km



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 23:04:35| Trackback(0)| Comments(0)
    初、子の権現 想定通りきつかった!
    予てより、いつかは行こうと思っていた、激坂で有名な子の権現。雑誌やTVでも有名だが、自分の実力では絶対無理だろうと、先送りにしていた。
    しかし、今後パワーアップして登れるようになるとは思えないし、やはり一度は行ってみないと。

    先週までの寒さが一変、4/15天気は良さそうで、長袖インナー+薄手の長袖ジャージ、ショートパンツ+レッグウォーマーで6時過ぎに出かける。

    早い内なら空いているかと16号を走るが、混んでいてトラックは多いし怖い思いをしながら走る。
    拝島で奥多摩街道に入ると走りやすくなる。羽村で多摩川沿いの桜が綺麗で休憩。






    東青梅から成木街道に入り、小曽木街道と抜け、飯能からK221を走る。こっちの方まで走ることはないから新鮮だ。山王峠手前でリアから何やらガラガラ音がする。停めて見てみるとテールライトが緩んで、シートステーの付け根まで落ちている。

    どうしたものかと思っていたら通りがかりの女性ローディがわざわざ止まってくれて何か道具貸しましょうかと言ってくれる。ありがたい。
    取り敢えず、クランプをぐっとシートステーの上まで引っ張り上げ、何とかなりそうだから礼を言って別れる。

    K350に入り、いよいよ子の権現へ向かう道に入る。最初は緩やかだったのに徐々に勾配がきつくなってきて、もうギリギリ。
    後1.5kmの入口で2人のローディが休んでいるから、自分も休憩しいざ出発。

    あと300mの看板のすぐ先の、多くのブログなどで見ていた30%近くありそうな左コーナーの激坂を、何とかアウトを通り登り切れたのだが、そのあとも20%以上ありそうな坂が続いているのを見て、ポキッ!
    心が折れた。観念し足付きする。絶対無理!

    <この勾配!こんなの続いたら登れる訳がない(*_*)>


    押し歩きでもクリートが滑ってきつい。先程の左カーブより更にきつそうな右カーブを過ぎると上から降りてくるローディがちらほら。これは下りも怖そう。
    少し緩やかになった所でサドルに跨ると、すぐに天龍寺に到着。

    しかし、きつかった。今後何度挑戦したとしても登れる気がしない。(来ることはないと思うが)
    寺の入口には何人かローディがいて、登山者もちらほら。自転車を停め、クリートカバーを付けて境内に向かう。

    <仁王像がお出迎え>



    <これが有名な草鞋>


    賽銭をして足腰の健康を願って、下ることに。
    駐車場を通って北側に下ると、こちら側の方は路面が良いし勾配も緩やか。ガードレールが無い個所もあるからよそ見は厳禁。
    下り切って次は正丸峠へ向かうのだが、お腹が空いて目についた正丸駅の売店で食べることに。
    半カレーとうどんセットを腹に詰め込み、出発。

    正丸トンネル入り口手前を右に入り、すぐに左折しトンネルの上を通っていく。
    勾配は5%ほどで緩やかなのだが、子の権現の疲れが残っていて、インナーローでゆるゆる登って行く。
    こちらもガードレールが無い個所が多いから下りは気を付けねば。

    やっと正丸峠に到着。ローディは3人程いるだけで、車も少なくオートバイ、登山者はいない。



    15年ほど前に子連れで伊豆ヶ岳に登るのに来た時は、登山者も多く、車やオートバイも多かったが、時間帯のせいなのか、それとも人気が無くなったのだろうか。
    写真を撮り、山伏峠へ向かう。少し下って少し登るとあれ、もう山伏峠という感じでさくっと通り過ぎる。

    しばらく気持ちのいい下りが続くが、やはりガードレールが無い個所がちらほら。この辺は東京や神奈川の林道と違う所だ。
    ずっと下り、有間ダムに向かう。去年の4月にcafekikiに行く途中で寄ったのだが、ここまでで足が売切れ状態で、ダムはパスしたから行くのは初めてだ。
    やはり足が廻らずゆるゆると登って湖面へ。
    なかなかの景色。






    去年と逆コースで小沢峠を越え、松ノ木トンネルを抜けK193で右折すると軍畑に到着。
    K45からK251で梅ケ谷峠へ。さすがに峠続きの今日のコースはもう限界。

    左膝が痛くなってきて平坦路になってからもペースダウン。途中でまたテールライトが外れ、持って来た簡易ツールでネジを外して取り外す。
    八王子、町田と抜け。17時過ぎに自宅に到着。
    疲れたし、左膝が痛い。

    今回は初めて行く峠、道が多く楽しめた。もしまた行く機会があれば、逆コースで正丸峠、北側から子の権現が良さそうだ。
    南側の激坂はもう行きたくない。
    左膝前側の痛みは何とか原因を探らないと、連休も楽しめなくなりそう。

    翌日、外れたテールライトを取り付け。

    <こんな感じで外れていた>



    <クランプの下に滑り止めのタイラップも付ける>



    <左側もタイラップを付ける>


    tm:8:33 dst:166km av:19km/h odo:14,160km (AVが19km/hとは・・・)



    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
    にほんブログ村


    サイクリング | 21:46:24| Trackback(0)| Comments(0)