FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    35℃超えは限界!
    8/26は35℃の予報の中、特に目的地を決めずに三浦半島まで行ってきた。

    9時に江ノ島入口でOさん、Wさんと待ち合わせをし、少し早めの7:30に出発。今日は自走だからペダルはLookの方が使いやすいのだが、来週また輪行の予定もあり、面倒くさくてSPDのまま走り出す。
    7:30で既に暑い。鷺舞橋に到着するとOさんに声を掛けられる。Oさんも早めに来たらしい。






    飲み物を持たずに来たから早速補給。ボトルに入れるつもりが500m一気飲みし、追加でもう1本買ってボトルに入れる。
    二人で境川CRを走り、江ノ島入口へ。交番横に自転車を停めたら、丁度Wさんもやってきた。
    みんな早い。

    取り敢えず、湘南国際村と葉山方面とだけ決めて走り出す。
    海沿いの道はまだそんなに混んでいないものの、我慢できないレベルではないが暑い。
    Oさん提案で披露山公園へ行こうということになり、向かうが以前一回走った時と違う道だ。しかしこちらも激坂だ!息がぜえぜえし、苦しい。

    やっと登り切る。やはり以前来た披露山公園ではないようだ。
    後で地図を見たら披露山公園の西側にある大崎公園に着いたみたい。

    <江ノ島と富士山>


    公園入口の江ノ島の先に富士山が辛うじて見えるベンチで少し休憩する。しかし蚊が多く撤退し、葉山へ向かう。
    暑くて葉山のスタバに寄るが、店内は一杯で、外のテラスで休憩。



    少し休憩して湘南国際村へ向かう。Wさんは初めてらしい。秋谷側からトンネルを抜けると今までの海沿いの道とは一変して路面の照り返しが暑い。海沿いは風があったが、こっちは無風でしかも登りで速度が落ちるから余計暑い。
    堪らず、交差点のファミマにピットイン。ここは休憩できるから便利。

    たっぷり休憩し、ランチはOさんお勧めの佐島へ。でかいヨットも係留されていて、こんなんいくらするんだろう?とかどんな人が持っているんだろうなどと話ながら進む。
    目的の店に入ると自慢の海の上のテラスは昨年の台風で壊れてそのままらしい。顔馴染みのOさんが店のおかみに話を聞くと、復旧の目途が立たず、本日で閉店すると言う。びっくり!

    <江ノ島は見えるが、富士山はもう見えない>



    <穏やかな海>


    煮魚か焼き魚定食を頼もうと思ったら、金目煮付け定食が今日は同じ値段で食べれるというから、私とWさんはもちろん金目を注文。Oさんは暑い日は水ばかり飲んで食べれないらしく、刺身とご飯セットを注文。
    やがて運ばれてくると、おぉ、美味そう!



    私も暑さで食欲がなかったのだが、食べ始めると美味くて完食!
    ロケーションも良いし、初めて入った店で美味いのに、もう来れないなんて寂しい(*_*)

    食後は城ケ島まで走るか相談するが、みんな何度か行っているし、帰りに渋滞に嵌るのもいやだから、早めに帰ることに。
    江ノ島手前でWさんと別れ、藤沢橋へ。交差点手前でOさんが前を走っていたミニベロの二人組に声を掛ける。
    知り合いのKさんとAさんらしい。Kさんは葉山教会の激坂を足付きなしで登り、もらった認定証を見せてもらった。
    おー、すげー!

    そのまま4人で飯田牧場へ向かう。
    久しぶりだが、やはり濃厚で美味い!



    鷺舞橋でKさん、Aさんと別れ、Oさんとは相鉄を超えてから別れる。

    しかし、今日は暑かった! 35℃を超える日に走るもんじゃないと痛感!

    tm:4h36m dst:94km av:21km/h up:m odo:17415km




    サイクリング | 22:29:50| Trackback(0)| Comments(0)
    もったいない3度寝・・・宮ヶ瀬
    8/18は5時に起きて・・・と思っていたが、昨日の疲れもあったのか痛恨の3度寝をして、10時過ぎにやっと出かける。
    さて、どこに行こう?
    この時間からだと遠出は無理。裏ヤビツは通行止めだし宮ケ瀬まで行くことに。
    昨日の椿ラインの疲れか土山峠までの登りがきつい。それでも距離は短く交通量も少ないからそこまで疲れず峠に到着。



    今日は昨日より涼しく走りやすい。湖畔は随分涼しいなと思ったらこの気温。
    2°???



    公園に寄ると何やらイベントをやっていて賑やかだ。



    さて、このまま帰るにはもったいないし、良くSNSにUpされている店で、初めてのZEBRAへ向かう。
    ふれあいの館手前で二人組のローディを抜いて左折する。
    K513から関交差点で右折しナビを見ながら進むと右手に店の看板を見つける。

    駐車場に着き、SNSの写真で確か店の中に自転車を停められるはずなのだが、どこから入れるんだろうと思って駐車場の端まで行ったりしていたら、先ほど抜いたローディ二人組がスロープからサクッと店に自転車ごと入る。
    続いて店に入ると意外と広い。

    バイクラックに自転車を掛けて名物のプロシュートのクロワッサンと玉子のクロスティーニ、ホットコーヒーを注文。



    美味い。結構大きくて2つでお腹一杯になる。
    こっち方面来て、時間がある時はまた寄ってみよう。
    帰りはできるだけ今まで走ったことのない道を選びながら帰宅。

    tm:4h04m dst:83km av:20km/h up:862m odo:17321km



    サイクリング | 19:56:09| Trackback(0)| Comments(0)
    椿ライン~熱海 二度目の輪行
    8/17は4時出発で大観山~芦ノ湖~熱海と走ってきた。

    2日前に初めての富士スバルラインに挑戦したが、雨で2合目までも登れずに敗退し、気を取り直して気合を入れ早起きする。
    予報では暑くなりそうで、帰りに輪行できるようザックを背負って出かける。
    4時だとまだ暗く、陽が登るのが遅くなってきたと実感する。K45、R134、R1も走りやすくて順調に進むが、背中が重いため首と肩がいつもより早めに痛くなり、休憩を早め早めに取りながら進む。風が背中を通らないから背中はビショビショ。

    小田原で左折し湯河原へ。
    いよいよ椿ラインへ。今日は富士山は見えるだろうか?



    温泉街を抜け、いつものようにインナーローでゆるゆると登って行く。7時過ぎで直射日光も当たらないから走りやすい。途中のししどの窟屋で休憩。オートバイが数台いるのみ。



    少し休んで、また走り出す。辛いときはなんでこんな坂登っているんだろう?などと後ろ向きの考えが何度も頭をよぎることがあるのだが、今回は楽しく登れて大観山に9時過ぎに到着。
    しかーし、残念ながら今日も富士山は雲隠れ。



    飲み物を補給していると体が冷えて来るが、売店はまだ営業前で、ザックに持って来た厚手のWBを着て芦ノ湖へ下る。
    汗が冷えて寒~い!ザックを背負っていると風が抜けずにジャージがびっしょりになるせいだろうか?それとも今日はジャージ1枚でインナーを着てないのがいけなかったのか?

    湖畔でいつもの写真を撮る。湖面が昨日までの雨のせいか高く、船が通ると波が押し寄せてくる。



    今日の装備はザックに厚手のWBと輪行袋を入れ、歩きやすいようにSPDセット。






    SPDはLookペダルのようにパチンパチンと嵌らず、グニュ、グニッとして気持ち悪いから今まで1,2度しか使わないまま仕舞い込んでいたのだが、歩く分にはやはり楽だ。
    さて、少し休憩したら箱根峠へ向かう。道の駅には寄らずに十国峠へ。
    十国峠までの道は2度目で、前回同様、車の通りも少なく気持ち良く、快適なまま十国峠到着。

    <海も綺麗>



    <富士山はまだ雲隠れ>


    また、天気の良い日に絶対、富士山を見に来ようと思い後にする。熱海に下る道は、今日はノロノロ運転。やはりお盆休みの影響か?
    やっと降りてランチにする。いくつか事前に調べていた店を探してうろうろし、魚ごごろ季魚喜人に入る。たまには贅沢して穴子と刺身の丼を注文。



    美味い!来てよかった。しかし店は繁華街にあり、店の前に停めた自転車がいたずらされないか心配で、食べ終わったらすぐに表に出る。
    良かった、問題なし。
    しかし、暑い。湖畔や十国峠までは涼しかったが、熱海は暑い。
    熱海は何度か通っているのだが、今まで素通りだったお宮の松で写真を撮る。



    暑過ぎて自走で帰る元気もなく、せっかく輪行袋を持って来たから2度目の輪行をすることにして熱海駅へ。
    しかし、駅前で輪行袋に詰めるのに何度も間違え26分も掛かってしまった。
    これだと本数の少ない地方路線でギリギリに駅に着いた場合、到底間に合わない。

    熱海だから時間を気にしなくて良いが、もっと慣れないと!
    しかも手際が悪いから手はギトギトになるし、汗ダクダク!
    やっと電車に乗るとクーラーが涼しい。



    藤沢まで乗って境川CRとも考えたが、快適な社内にいるとその考えは吹っ飛び、小田原から小田急に乗り換える。
    足はSPDシューズで楽なのだが、スポークが腰に当たって乗り換えが辛い。
    担ぎ方が良くないのかな?

    海老名で組み立てるが、これは問題なくサクサクできた。
    後は家路をまったりと。

    tm:6h40m dst:122km av:18km/h up:1884m odo:17238km




    サイクリング | 19:21:50| Trackback(0)| Comments(0)
    初のスバルライン…敗退
    8月15日は初めてのスバルラインにトライ!
    前日まで輪行にするか車載にするか悩んだが、結局楽な車載で出かける。下道をR246で進み三国峠を過ぎてパノラマ台からの絶景を期待していたのだが、雲が多く全く見えず。残念。取り敢えず湖畔へ。

    <見渡す限りの雲>


    天気予報では雨の心配はなさそうだから、気を取り直して旭日丘の無料駐車場に停め、支度をして8時に出発。
    河口湖までの道は自転車では初めてで、緩い下りが快適。スバルライン入口交差点を左折するといよいよ登りだ。

    <風が強い 雲を吹き飛ばし欲しい>


    料金所までゆるゆる登って行き、料金所のおじさんに挨拶すると孫がKUOTAに乗っていると言う。3台持っているらしく羨ましい。
    料金所の先で準備をしていた親子と1人のローディが先に出発し、私も御釣りを仕舞って追いかける形で走り出す。

    親子には少し登って追い付いたが、子供の自転車はスプロケットがサビサビ。余り面倒は見てないのかな?
    通行規制中でバスやタクシーしか通らないから走りやすい。バスも大きく車間を空けて抜いてくれるから安心なのだが、メロディーラインの個所だけ殆ど車間を空けずに抜かれて怖かった。
    乗客にメロディーを聞かせるためだろうか?

    先行したローディの背中はずっと見えているが全く追い付けず、同じくらいのペースだ。
    スバルラインに登った人達に聞くと、単調でつまらないという意見が多いが、やはり自分で体験してこそと思い、今日にいたったのだが、やはり単調だ。
    一人だときっと退屈するが、先行者がいると張り合いがある。

    一丁目下の駐車場に到着すると、先行のローディが止まっていて、声を掛ける。近くで見るとアニメジャージだ(以降、アジさん)。スマホで雨雲レーダを見ていたようだが、雨の予報になっているらしい。料金所で降りて来たローディに聞いたら3合目から上は土砂降りだったらしい。
    どうしよう?空を見るとまだ白い雲は多いものの、土砂降りになるような感じはしない。
    アジさんは雨が降ってきたら引き返すと言って先に進む。私も行けるとこまで進むことに。

    1合目辺りでポツリ、ポツリと雨が手に当たってくる。このくらいならまだいいやと思い、登って行くと小雨程度になってくる。すると先行していたアジさんが止まっていて、引き返すらしい。空を見て、せっかく来たんだしもう少し粘ろうと思い走り出す。
    しかし、雨はどんどん強くなってきてジャージも濡れてくる。せめて2合目までと思い、走るものの雨脚が強くなるばかりで、結局Uターンすることに。
    サドルバックからW.Bを出して着込み、下り始める。

    ペラペラのW.Bでは役に立たないくらい雨は強くなり、体が冷えて寒くなってくる。ジャージが濡れる前に着るべきだったと思うが後の祭り。歯が鳴るほど寒くなってきて、風邪を引きそう!
    雨なのに、まだ登って来るローディと何人かすれ違う。せっかくの夏休みに来たんだからと、5合目まで頑張るのかな?
    先ほど抜いた親子も登って来るけど、下りは大丈夫か心配。

    轍に溜まった水が弾かれて靴はずぶ濡れになるし、ガタガタの路面でブレーキを掛けるのは怖い。
    ブレーキの効きが悪く強く握っていると手が疲れてきて、ブラケットと下ハンを交互に変えながら下っていく。後ろから車が来ていると路肩寄りの余計路面が痛んでいる個所を走らなければならず、神経が磨り減る思いだ。

    何とか料金所まで下ると、アジさんがトイレで雨宿り中。
    様子を見ていて、もし回復するようならリトライするらしい。
    私は取り敢えず、車まで戻ることにする。すっかり体が冷え切って何か暖かい物が飲みたい。

    山中湖までの緩い坂を上っていると体は温まって来る。雨も弱くなり、Uターンしてまだ走っていない富士五湖巡りをするかと思い、路肩に停めて雨雲レーダチェック。しかし、雨が止んだり降ったりを繰り返すようで、諦める。
    本栖湖まで行ってランチにしようと思い、車まで戻り自転車を積んで出かける。

    自転車で来た道を車で戻ると言うのは何だか勿体ない感じがする。それにしても道路は混んでいる。河口湖を過ぎてからノロノロ運転が続く。本栖湖でランチは止めて西湖に寄ろうかと思ったが、分岐までも全然進まず道の駅なるさわに寄る。何か食べようと思ったが、レストランは行列。仕方なくおやきを3枚(野沢菜、カボチャ、あんこ)買う。
    ベンチに座り、相変わらず雲を被った富士山を見ながら熱々のおやきを食べる。

    <てっぺんしか見えない>


    鉱石の博物館があり、無料だから寄ってみる。

    <ゴロゴロ>





    さて、相変わらず渋滞が酷いから、本栖湖まで足を伸ばすのは止めて、富士一周することにしよう。今回は富士スバルライン+富士五湖か、富士一周のどちらかと思っていたのだが、次回自転車で回る時の下見ということでK71を左折する。
    今までの渋滞が嘘のように快適な道になる。少し登ってから緩やかな長い下りになる。車だと快適だが、路面は所々痛みもあり、自転車だと注意が必要。
    K180を左折すると富士宮登山道の上りになる。車だと快適なワインディングだが、自転車だときつそう。
    水ヶ塚公園まで上り公園で休憩。1時間までなら駐車無料。山ヤの姿もチラホラ見かけるが、この天気ではダメだろう。
    さすがに半袖では少し涼しい。

    富士山スカイラインは途中からK23になり、御殿場まで下る。
    ナビではR246となっているが、足柄峠を車で走ってみようと思い、足柄からK78に入る。自転車で下る時はK365を使うから、この道を通るのは初めてだが、結構狭い。対向車が来たらすれ違いに苦労しそうだな思いながらも1台も来ることは無く、オートバイ、自転車も全く降りて来ないまま足柄峠到着。ローディはおらず、山ヤが数人いるだけ。

    下りの急勾配は車でも何だか怖さを感じたが、これも自転車で転倒の後遺症かな?

    今日は残念な結果だったが、スバルラインも是非リトライしたいし、富士一周もやってみよう。

    tm:3h24m dst:54km av:20km/h up:925m odo:17116km




    サイクリング | 12:14:33| Trackback(0)| Comments(0)
    早起き箱根ライド
    8月4日は4時に起床し、小田原の漁港まで朝ご飯を食べに行くことに。
    5時に鷺舞橋でアネモネットさんと合流する。



    この時間なら涼しいかと思ったが、暑くはない程度。境川CRを藤沢まで進み、小田原へ。R1、R134とも信じられないほど空いていて、滅茶苦茶走りやすい。これは良い。これからも早朝ライドにしよう。

    小田原漁港に7時到着。市場は働く人々で活気があり、トラックやフォークリフトが頻繁に行き交う。遊びに来た人は邪魔にならないように気を付けなければ。
    まだ開いていない食堂も多いが、ネットで調べていた開いている店に入り、ネギトロ丼と鰺フライセットを注文。アネモネットさんは海老と鰺フライセット。



    鰺フライがホクホクで美味いし、ネギトロもたっぷり!
    8時前に出発し、R1で芦ノ湖へ向かう。最近は交通量の少ない旧道を選ぶことが多いのだが、この時間だからR1も空いている。

    しかーし・・・暑い。ひたすら暑い。まだ8時ちょっとなのに暑くて辛い。
    眩暈がしてきて、敢え無く大平台で休憩する。



    ペットボトルをがぶ飲みし、駅の水道でバンダナを濡らし、頭や首筋を冷やすとやっと意識がはっきりしてくる。暫くベンチに座り休憩。
    アネモネットさんと今日は様子を見ながら、やばそうなら引き返そうと話して出発する。

    しかし暑くて小涌谷少し手前の滝で休憩。



    ローディが一人休憩中。みんな考えることは一緒だ。
    橋の上は風があって涼しい。

    次はユネッサン手前のファミマで休憩しようと話していたのだが、あれ?ない、少し手前にセブンができて潰れたのか?

    標高が上がり、少し暑さも和らいできたから、調子も良くなってきてそのまま進む。
    先程の滝で休んでいて先に出発したローディの背中が見えるが、追い付けそうで追い付けない。

    潰れたGSを過ぎるとすぐにR1最高地点に到着する。



    後は下るのみ。
    下りは気持ち良いのだが、昨年の転倒・骨折のトラウマがあり、コーナーは怖くて手前で十分減速する。下ハンの方がブレーキコントロールが本当はしやすい筈なのだが、転倒した時が下ハンでブレーキを掛け過ぎたのかもしれないと思うと、どうにも怖くてブラケットポジション。

    10時に芦ノ湖到着。



    空いているしまだ暑くない。気温は25°くらいか。
    早朝ライドは余裕が有って良いなと思いながら、のんびり休憩。

    さて、時間もあるし仙石原経由で帰ることに。仙石原に向かう途中の箱根ビジターセンターに寄る。アネモネットさんは入るのは初めてらしい。私は以前、喉がカラカラになって駆け込んでから、何度か寄っている。

    いざ出発しようとしたら、アネモネットさんの後輪がスローパンクしている。
    バイクラックに掛けたまま後輪を外し、まずはチューブのパッチ当て。タイヤ外しとチューブの取り出し手順が手際良くて素晴らしい。

    ところがチューブに少し空気を入れて穴を見つける段階で、ボンベの空気が入り過ぎてみるみるチューブが膨れる。わーっと思う間にパッーーン!耳がキーン・・・!
    チューブが破裂して破片が飛び散る。暫く耳が聞こえない。
    気を取り直し、タイヤのチェック。隈なく見るが何か刺さっている物は無さそうで、抜けたのだろうか?

    チューブを入れ替えタイヤをサクっと嵌めて完了。手際が良い。タイヤ・チューブ交換は私も練習しておかないと、ソロで遠出した時に困ることになる。

    仙石原の交差点を右折し宮城野から林道に入って、少し登って後は下るのみ。交通量は少なく良い道だ。暫く下るとアネモネットさんが遅れていて、待っているとまたスローパンク。パンク原因の何かがタイヤに残っているようだ。

    路肩に寄せて再度タイヤチェック。アネモネットさんが表のゴムを折り曲げながら丁寧に見ていくと、有った!小さなガラス片を発見する。
    これで原因判明。再度パッチをして出発。

    小田原で冷のつけ麺を食べる。



    美味い。塩味が疲れた体に染み入る。店は冷房が無く、扇風機のみで暑い。食べ終わってから隣の休憩所に寄り、エアコンの効いた場所で落ち着く。
    後は帰るのみ。

    15時になったが、まだまだ暑く。何度もコンビニに寄り休憩しながら海沿いへ。ところが大磯、茅ヶ崎で花火大会があり、渋滞が酷い。

    やっと渋滞を抜け、藤沢、境川CR経由で帰宅。

    暑くて苦しい時間帯も有ったが、早起きして充実した一日となった。
    次は早朝に出発し、暑い午後になったら輪行で帰ることもやってみよう。

    tm:8h6m dst:163km av:20km/h up:1850m odo:17062km




    サイクリング | 14:34:32| Trackback(0)| Comments(2)