FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    横浜横須賀スタンプラリー コンプリート
    4/7は横浜横須賀スタンプラリーの横浜エリアで2つ残っている所を廻ってきた。

    まずは金沢自然公園へ向かう。昨日は道に迷ってしまったから事前に調べたら、何のことはない、朝比奈ICのところで左折するだけだと知る。
    自宅を7時半に出て朝比奈に向け環状4号を走ると、朝比奈ICの案内のすぐ先に金沢自然公園の標識が出ているではないか。
    この道は今まで何度も走っていたが、高速の案内は良く覚えているものの、公園の案内は全く記憶にない。やはり縁のない興味が湧かないものは記憶に残らないものなのだろうか?

    左折し、少し登って行き夏山口の駐輪場に停める。
    公園は広く、ゆるい坂を登って行くと景色が良い。



    動物園は開園前で待っている親子連れが大勢。
    ののはな館に入ると近くの動植物の展示があり、少し覗いてみる。
    スタンプを押していると近くにいた係りの人に、今日はスタンプラリーですかと声を掛けられる。
    このイベントを始める前は実際に自転車の人が来るのか心配だったらしいが、結構大勢来るので驚いていると話していた。

    かなり広い公園で、子供が小さければ連れて来たいところだが、我が家はもう卒業でもっと昔に知っていればと悔やまれる。
    駐輪場へ戻っていくと四人のローディと会い、会釈をしてすれ違う。

    次は根岸へ向かい、根岸から山手に向かう坂を上ると馬の博物館に到着。
    ここも初めてだ。
    競馬が好きな人達には聖地なのだろうが、自分には縁の無い所だ。
    桜が綺麗で桜目当てで来ている人達も大勢いるようで、駐車場は満杯。






    スタンプを押して駐輪場に戻ると金沢自然公園ですれ違ったローディ達と会い、挨拶をする。
    同じルートで廻っているようだ。
    これで横浜、横須賀エリアの全て16か所コンプリート。

    先着参加賞をもらいにベイバイク運営事務所へ向かう。
    中華街そばに店があり、レンタルサイクルをやっている所だ。
    店に入り、応募のスタンプを提出し参加賞をもらう。

    <3日間でコンプリート>



    <参加賞>


    ジャージが当たると良いが、たった5名だから厳しそう。
    さて、これで3日間に掛けて辿った横浜横須賀スタンプラリーは終了。

    SNSで知ったのだが、1日で16か所コンプリートした人がいるとは驚き!
    今回16か所の内、今まで行った事のある場所は横浜エリアでは赤レンガ倉庫のみ。
    横須賀エリアではヴェルニー公園、三笠、久里浜、ソレイユの丘と4か所。

    初めて行った場所が多く、スタンプラリーの目的である横浜・横須賀のイギリスにゆかりのある場所をたくさん知ることができたのは良いことだが、スタンプだけ押して次から次へと廻ったから、観光の売り上げUpにはあまり貢献していないような?
    それでも、このようなブログを書くことやSNSにUpすることで、少しでも自転車人口が増えると良いのかもしれない。

    tm:3h16m dst:69km av:21km/h up:775m odo:776m




    サイクリング | 21:47:12| Trackback(0)| Comments(0)
    横浜横須賀スタンプラリー 横須賀エリア
    4/6は横浜横須賀スタンプラリーの横須賀エリアを制覇してきた。

    まずは境川CRを通り江ノ島へ向かう。丁度桜が満開。






    江ノ島から横須賀のソレイユの丘まで順調に進む。
    ソレイユの丘は菜の花が満開で、大勢の観光客で賑わっている。



    スタンプを押して次は久里浜へ。
    三浦半島の南端はいつも反時計周りで走っていて、時計周りに走るのは実は初めて。
    何度か走っている道でも逆コースだと新鮮な感じがするものだ。

    東京湾フェリーに到着。さて早めのランチにする。
    フェリー乗り場の隣にある、ばんごう屋に向かいバイクラックで地球ロックして中へ。
    いろんなメニューがあり、鮭親子丼の定食を注文。



    肝心の鮭親子は少ないが、他のネタや天麩羅、小鉢など充実していて満足!
    また久里浜に来るときにはリピートしよう。

    次は浦賀のサロン・アカンサスへ向かうが、どこだろう?
    ナビの案内を頼りに近くへ行くとバイクラックがある所で数名のスタンプラリーをしているらしいローディ達に会い、場所を教えてもらう。
    東叶神社境内の階段を上った左手ですごく分かりにくい場所だ。



    よくこんな場所をスタンプラリーポイントとして選んだものだ。
    店に入りコーヒーでも注文しなきゃと思ったら、店の人に外のスタンプ押せば良いと言われ、スタンプだけ押して先に進む。

    次は浦賀コニュニティーセンター分館へ向かうが、ナビを見ると今まで来た道を戻ることになる。
    横須賀エリアの廻る順番を単純にスタンプラリー台紙の逆順にしていたのだが、分館を先に行けば良かったようだ。
    分館のそばに行くと先ほどアカンサスで場所を教えてくれたローディに会う。

    分館に入り、郷土資料の展示をざっと見てスタンプを押して次へ。
    横須賀駅の方まで走り、三笠ビル商店街へ。ミリタリーショップはすぐに見つかったが、自転車を地球ロックできるような場所がなく人通りも多くて不安。

    狭い店の中は混んでいて何やらアニメのスタンプラリーもやっているようで、別のスタンプ台紙を持っている客がちらほら。
    さすがに何か買おうと店内を見てカレー豆を買いレジへ。
    しかし横浜横須賀スタンプラリーのスタンプは二階らしく階段を上がるとあった。

    店の外に出ると自転車は無事で安心。
    次は三笠公園へ行き、駐輪場のバイクラックに停めて公園内へ。
    スタンプは戦艦三笠の中にあり入場料を払わないといけないのかと思ったが、係りの人にスタンプだけ押して良いと言われスタンプだけ押して外に出る。
    東郷平八郎の像の前に自転車専用の写真スポットがあって記念撮影。



    次はヴェルニー公園へ。この公園は何度も来ているがレストランがあったというイメージが全くない。初めてコルセールというレストランがある事を知り、店の前のスタンプを押して次の浄土寺へ。
    しかし道が入り組んでいて分かりにくい。

    境内に入りスタンプを押し、これで横須賀エリア8ヶ所コンプリート。
    さて、横浜エリアが二ヶ所残っているから金沢自然公園へ向かうことに。

    しかし渋滞がひどく、道に迷ったりして面倒になり、帰ることに。
    三浦半島も房総半島の様に空いていれば良いのだが。

    tm:5h40m dst:121km av:21km/h up:899m odo:707m




    サイクリング | 21:30:03| Trackback(0)| Comments(0)
    向い風王国 房総ライド
    3/31は南房総までグルメライドに行ってきた。

    集合の久里浜フェリー乗り場に集まったのは、オーさん、ワタさん、ヒナさんと私の4人。
    ヒナさんとは初対面。
    ワタさんは今回も自走、ヒナさんはオーさんの車、私は自分の車で近くの駐車場に停めての集合。
    早速、往復切符を買って乗船する。このフェリーに乗るのは6年ぶりで前回はソロで一泊二日のライドだった。

    船へのスロープを上がり自転車置き場に向かう際、段差で足を着いたらいきなり滑って自転車ごと転倒。床が濡れていてクリートだから思いっきりコテンといってしまった。
    幸い、腰を少し打った程度でジャージも破れず良かった。

    係りの人に自転車を預けて、遅ればせながらクリートカバーを付ける。
    以前乗った時に、船内は滑り易いから自転車用のシューズは気を付けるように船員に言われ、今回クリートカバーを持って来ていたのに乗船前に着けるのを忘れていた。
    今後、気を付けねば。

    船室に入り、一休み。そんなに混んでいない。
    ワタさんが名物の海軍カレーパンを売店で買ってきて食べる。食べる前からオーさんがそれ旨くないよと言う。
    食べたワタさんの感想は、カレーが端まで入ってないらしい。

    甲板に出て遠ざかる景色を撮る。今日は天気が良く楽しめそう。






    船室に戻り談笑しているとすぐに金谷に到着。
    オーさんは話好きで話題が尽きない。

    千葉に上陸。無論、関所は無かった。



    すぐそばのコンビニに寄り水分補給。ここでクリートカバーを外す。
    保田から左折しK34長狭街道に入ると車が少ない快適な道になる。
    天気が良く、ゆるい登りでも汗だくになる。

    <ゆるい登りで休憩>


    しかし千葉の道路は走りやすい。全然信号の無いまま鴨川に到着。



    さて、メシはどこにしようか?オーさんはしょっちゅう房総に来ているようで詳しい。
    ワタさんはまだお腹が空いていないようだが、混まない昼前に食べようということで、鴨川江見東真門にあるカネシチ水産に入る。

    メニューがいろいろあり迷うが、まご茶漬けというのが気になり、私とワタさん、ヒナさんが注文する。魚は何種類かの中から選べるのだが、私は鯛にし、ワタさんは金目、ヒナさんは?、オーさんは煮魚の定食。



    まご茶漬けは味付けされた魚の茶漬けと刺身3種類のセットで美味かった。



    房総の海沿いは景色が良く、途中でまったりと休憩。









    千倉で潮風王国という看板が目についたが、向かい風が強く向い風王国だ。ディープホイールにはきつい道が続く。
    房総最南端の野島崎灯台に到着。海は綺麗だが、風で波が立っている。












    ずーっと向かい風と格闘しながら進み、体力を消耗する。向かい風だと平地でもヒルクライムより疲れる。
    房総フラワーラインを相浜から内陸に入るとやっと風が弱くなる。しかし館山駅のそばで海沿いに出るとまた向かい風。
    淡々と北上し、やっと金谷到着。
    お疲れ様でした。

    tm:5h19m dst:114km av:21km/h up:752m odo:586km




    サイクリング | 18:23:24| Trackback(0)| Comments(0)
    初の風張林道 足付き?
    3/24は奥多摩の風張林道に行ってきた。激坂として有名でいつかは行ってみたいと思っていたルートだ。
    autenticoのライングループで募集があり、私の車でホソさんと武蔵五日市駅へ向かう。
    今日は激坂だからギア比が楽なKHARMAを積んでいる。
    集合時間の少し前に駅そばの駐車場に停めて、すぐのコンビニに行くと、丁度全員集まった所だ。




    <黒いバイクが多いな~>





    集まったのは、オーさん、ホソさん、ワタさん、サトさん、キビさん、ヤギさん、コグさん、メグさんと私の9人。今日は激坂ということで参加者が多い。(みんな好きだね~)
    メグさんとは初対面。坂が好きらしく、早そう。今日も安定のびりっけつとなりそうだ。
    ワタさん、サトさん、ヤギさんは自走らしい。他は輪行。

    まずは桧原村役場へ向けて走る。真冬の装備で来たが、日差しがあり寒くはない。
    桧原村役場の先を右折し、きのこセンター入口へ向けて登って行く。まだ勾配は緩いから付いて行ける。

    やがてきのこセンター入口に到着。良くSNSでUpされている、登り坂が現れる。

    <きのこセンター入口でなく激坂入口>





    うーん、最初からきつそう!
    しばし休憩し、記念写真。









    さて、行きますか。最初は私の前にオーさんがいて、なんとか付いて行けるが、すぐに千切られる。
    次々と抜かれて、いつものびりっけつに。あー情けない。年代は同じくらいの人も多いのだが、みんな早い。(自分が遅いだけか?)
    いよいよきつくなってきて、心が折れそう。

    ハーハー、ゼーゼー、・・・ポキッ!
    無念の足付き。少し押し歩いて緩くなったところでまた走り出す。
    何とか、きのこセンターに到着。









    休憩、写真撮影後、出発。この後、景色の良い場所があるらしい。
    後でLINEに走っている時の写真がUpされていて自分の姿も撮ってもらっていて嬉しい。
    この辺はグループライドの良い所ですね。(皆さん、写真Upありがとう!)

    <ヤビさん>



    <キビさん>



    <オーさん>



    <ワタさん>



    <コグさん>



    <安定のびりっけつ>


    展望の良い場所で休憩。天気が良く、丹沢方面が見える。






    そこからはもう登りは無く少し走ったら、奥多摩周遊道路に合流。



    さて、奥多摩湖へ下ることに。持って来たウィンドブレーカーを着るか迷うが面倒で、そのまま走り出す。しかし、これが失敗。
    寒い!
    最初はそれほどでもなかったが、長い下りでどんどん体が冷えてくる。
    湖面に着いた時には、早く熱い物が食べたい気分。

    どこで食べるか相談し、良さそうな店を見つけたら入ることにして出発。
    するとすぐに大勢客が入っている店があり、その隣は空いている。
    で、空いている方の陣屋という蕎麦屋へ。



    ストーブがあるのがありがたい。
    私はとろろそばを注文。銘々、そばやセットなど注文する。
    空いていて、少し心配したが、冷えた体に熱いそばが旨い。

    <私が注文したとろろそば>



    <きのこそば>


    20190324_241.jpg
    <山菜そば>


    店を出て、水と緑のふれあい館へ向かう。
    少し走り、到着。湖面が綺麗だ。









    さて、次はもえぎの湯へ。
    さくさく走り、もえぎの湯到着。
    ここで、自走で帰る人、温泉に入り輪行の人、足湯の人に別れる。






    私とホソさん、サトさんは足湯へ。



    足湯が気持ち良い。
    売店に寄り土産を買う。今日はザックを持ってないからジャージの内側に入れる。
    ホソさんはマメでいつも土産を買う人だ。
    武蔵五日市駅へ3人で向かう。
    足湯のお蔭で最初はくるくると足が廻ったが、梅ヶ谷峠がきつい!

    無事、駅に到着し自走のサトさんと別れ、私とホソさんは車載で楽して帰宅。
    天気も良く、激坂はきつかったものの車載で距離は短かく楽しい1日が過ごせた。
    (足付きしたから、また行かなきゃ)

    みなさん、ありがとうございました。

    tm:3h50m dst:78km av:20km/h up:1440m odo:18,808km




    サイクリング | 17:31:19| Trackback(0)| Comments(0)
    釧路~網走2泊3日旅行(3/3)
    3/18 2泊3日の旅行も今日が最終日。
    起きると今日も天気が良く楽しめそう。



    まずは朝食バイキング。昨日、一昨日と運動しないで食べてばかりだから、今日も控えめ。



    ご飯の後、昨日バスガイドがワカサギ釣りができると言っていて、二太郎が楽しみにしていた、目の前の網走湖へ出かける。



    ホテルから15分ほど歩いて釣場に到着。
    しかし朝は風もあり昨日より寒い!
    係りの人に穴を掘ってもらい、早速釣り糸を垂れる。さて釣れるのか?



    するとすぐに当たりが来る。釣りに慣れている二太郎はテキパキと針を外し餌を付け、また投入。






    係りの人がワカサギは群れで泳いでいるため、群れに当たると良く釣れると言っていたが、丁度スポットだったようで、入れ食い状態。
    二太郎もホクホク顔!
    風が冷たく気温も低いから私と神さんは手をポケットに突っ込んだままだが、二太郎は針や餌を扱うから素手で、すぐに手がかじかんで耐えられなくなってくる。

    出発の時間もあるから20分ほどで切り上げる。11匹釣れて上々の釣果。
    釣場の横に調理できる部屋があり、早速唐揚げに。







    <係りの人が少し足してくれた>


    美味い、やはり採れたては最高!

    ホテルに戻り、今日の観光の1つ目は流氷船のオーロラ号が就航している道の駅へ。
    ここで朝一のオプションでオーロラ船に乗った人達と合流する。残念ながら流氷は遠くて見れなかったらしい。






    そばのガラス館に寄ってから、次は北浜駅へ。
    映画のロケなどで使われた場所らしい。






    次は濤沸湖へ。
    残念ながら渡り鳥は見れず。



    ランチは水産会社がやっている網走海鮮問屋。



    海鮮丼を食べるが、さすがにネタは新鮮で美味い。

    次は天都山、オホーツク流氷館へ。



    氷点下20度の部屋で流氷の展示がしてある。
    濡れたタオルを渡され、部屋の中でグルグル回すとすぐに凍ってカチカチに。




    <一時期話題になったクリオネ>



    <夏はこんな景色らしい>



    <展望台から>





    次は網走監獄博物館へ。
    大規模な監獄の博物館というのは世界でもここだけらしい。



    昔は北海道の道路工事に囚人が使われていた歴史や、昔の独居房、今の監房で出されている食事の展示など見所は一杯あったのだが、お腹が痛くて全然写真を撮っていない。(この3日間食べ過ぎ)

    最後はメルヘンの丘へ向かう。



    何の変哲もない広い平野に何本か直線的に立っている木なのだが、何かのCMなどで使われ、一躍有名になったらしい。
    確かに北海道ならではの風景だ。

    これで2泊3日の旅も終わり。
    天気に恵まれ、食べるものは全て美味しく、しかも復興割が使えて安上がりと大満足!
    次は夏場に来て自転車や封印しているオートバイでも走ってみたい。


    家族 | 10:55:43| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ