FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    定番コース 三浦イチ
    5/25はAEROADで初の三浦イチに行ってきた。

    autenticoで土曜日一緒に走れる人いないか声を掛けたら私とは初対面のマエさんが参加表明し、六浦で落ち合うことにして家を6:30に出かける。家を出るとこの時間でも日差しが暑いくらいだ。
    集合場所の六浦近くのコンビニに早く着いたので、コーヒータイム。やはり朝早いと道路も空いていて走りやすい。

    程なくしてマエさんがやってくる。おーっ、DEROSA SK Pininfarina恰好良い!
    話をすると元々関西の人なのだが、しばらく中国に赴任していて最近帰国した所、東京に単身赴任になったということで、神奈川の道は全然分からないと言う。

    そこで、今回は私が先導することにして出発する。
    今日はautenticoメンバのワタさんが職場の後輩と三浦イチへ行くらしく、どこかで会うかもしれない。
    まずはヴェルニー公園へ向かう。

    天気が良く、海も空も綺麗だが遠くは少し霞んでいる。操舵輪のサイクルラックで記念写真を撮っていると何やらパンフレットを持った人が近づいて来て声を掛けられる。横須賀市の観光課の人で、先月私が廻った横浜横須賀スタンプラリーの説明をしてくれる。私はもう廻ったと話すと、まだ期間があるから是非もう一度と言ってパンフレットを渡される。

    <撮ってもらった>





    前さんはこういうイベントがあるなんて、関西とは違うとの感想。
    さて、次は三笠公園へ。

    海沿いの道は気持ち良く、快適に走っていると何だか通り過ぎたような気がしてくる。スマホで確認するとやはり通り過ぎていたようだ。おかしい、何度も来ている筈なのに…
    戻るのも面倒で、次は観音崎へ向かう。観音崎が近付いてくるとゼッケンを付けたマラソンをやっている人達が増えてくる。今日は走るには暑そう。

    観音崎に到着。もちろんマエさんは初めてで、ガチに目的地まで走るより色々観光スポットを巡る方が楽しいらしく、灯台にも上がってみる。




    <マエさんがデジカメで撮影>





    次は城ケ崎へ向かって走る。何度かマラソンの人達を抜きながらペダルに負荷をかけないように軽いギアでくるくる回す。明日は初めての有間峠ヒルクライムへ行くから、今日は筋肉痛にならないように気を付けねば。

    城ヶ島到着。海は綺麗だけど富士山は肉眼で辛うじて天辺が薄く見えるだけ。やはり景色を見るには冬が良い。






    それでもマエさんの話では上海と比べたら東京の空は格段に綺麗だと言う。
    定番のしぶき亭へ向かうと12時前で空いている。
    まぐろかつが有名だが、ネギトロ丼があるというので私は普通盛り、マエさんは大盛を注文。

    先にローディ限定サービスの烏賊ゲソが出てきて、熱々で旨い。ビールが飲みたくなる。
    やがてネギトロ丼がやってくる。ここで食べるのは初めてかもしれない。
    これも旨い。

    <まぐろの佃煮も旨い>


    食べているとローディや他の客も増えてきて店は一杯になってくる。
    食べ終わり外に出るとサイクルラックがびっしり!



    丁度良い時間に来たようだ。
    次は城ケ崎公園へ。ここの展望台からも房総半島は見えるが、先ほど観音崎から見た時より霞んできている。富士山は肉眼ではぎりぎり見えるか見えないというレベル。

    <風が無く凪いでいる>


    Lineをチェックするとワタさんがしぶき亭に着いたとあって、すれ違いだったようだ。
    さて、帰ることにしよう。どこかカフェに寄りたいが、マーロウは激混みだろうしソレイユの丘へ行こうかと思っていたらコメダがあり、すかさず入店。

    <コーヒーなんだがミクル入れ過ぎ>


    ソファでゆったりとマエさんと雑談。私よりずいぶん若く自転車歴は私よりベテランなものの、上海ではずっと平坦路しか走ってなかったから坂が上れなくなったらしい。

    さて、次は定番の関口牧場へ。今日はそんなに混んでおらず、ローディも少ない。




    相変わらずでかい!


    暑くてすぐに溶けてくるからゆっくり食べれない。
    食べ終わり、幹線道路に戻って葉山へ向かう。マーロウの横を通ったら、おっワタさんだ。
    ワタさんと後輩二人がいて、丁度プリンを食べて出てきた所らしい。
    若い後輩の一人はかなりバテていて辛そうな顔をしている。

    挨拶をして彼らは先に出発。さて我々もせっかく来たし寄ろうかと話すが、コーヒー飲んだばかりだしまたにすることにして、走り出す。
    金沢八景駅に輪行道具を置いて来たマエさんとは長柄交差点で別れる。

    海沿いを江ノ島に向けて走るがこちら側はやはり混んでいる。しばらく走っているとワタさん達に追い付く。若い後輩がヘロヘロで厳しそうだ。
    今度は私が先に出発し、藤沢から境川CR経由で帰宅。

    新しいメンバと走ると走り慣れた道でも楽しい。

    tm:5h40m dst:125km av:22km/h up:891m odo:1206km




    サイクリング | 22:36:31| Trackback(0)| Comments(0)
    川崎競輪でバンク走行
    今日は川崎競輪でバンク走行体験ができるというので行ってきた。

    朝出かける時は天気が良く、半袖ジャージ+短レーパンで家を出る。中原街道を走っていると丁度良い感じで快適に走る。鶴見川沿いを過ぎると川崎駅近くになり、昔仕事で良く来ていたので見覚えのある街並みになる。

    競輪場は初めてだが駅から近く、時間はまだ10時過ぎで13時からのイベントには早すぎるが北門の位置だけ確認してから多摩川へ。多摩川の左岸は羽田まで行った事があるが、右岸は走ったことがないから河口に向かう。

    それまで日差しがあったのに曇ってきて肌寒くなってくる。アームカバーを持ってくるべきだったと後悔するが、先に立たず。やがて飛行機が見えてきたころサイクリングロードが細くなってきて、やがて終点。浮島の方までは行けないようだ。
    飛び立つ飛行機が良く見えるがスマホのズームでは小さくしか映らない。

    <ここが終点>





    さて、寒いから引き返す。六郷橋まで戻り、今度は左岸を走る。こちらの方が圧倒的に人が多い。
    弁天橋まで行って鳥居で記念写真。



    何人か大きなカメラで大鳥居と飛行機をセットで撮りに来ている人がいた。
    羽田空港まで行くには時間がなく戻ることに。

    競馬場近くのミニストのイートインでご飯。食べながら外に停めたAEROADが見えるから安心。
    熱い弁当とコーヒーで温まり、競輪場へ。

    まだ時間には早いけど中に入りうろうろするものの、今日は場外だから売店はやっておらず閑散としている。

    <これからここを走るのか>


    やがて受付が始まり参加費100円を払う。安い!
    今日はautenticoのメンバで面識のないクロスさんと言う人が来るらしいがまだ来ていないようだ。と思っていたらネットで見覚えのあるGiantPropelの人がやって来て挨拶をする。クロスさんは何度かバンク走行はしたことがあるらしい。

    今日来た人は30人くらいだろうか。ほとんどがロードバイクだが、ピストの人もいるし子供も何人か来ている。

    <コース内側のトラック>


    初心者向けの説明があり、バンク走行経験者からフリー走行になる。初心者はまずコースの内側を数周走ってからバンクに出る。走ってみると小豆色のラインは丁度バンクのない平坦路面とバンクの境目でRが急に変わる場所になっていて走り難い。その一段上のバンク最下段を何週か走るが、自分のスピードでは全くバンクに対して垂直にならず、斜めになっている路面をただ走っているような感じで不安定。他の人を追い越す時に1段上まで上がると怖い。もっと上を走っている人もいるが、ほとんどの人が似たようなものだ。

    休憩に戻るとクロスさんは既に休んでいて、何週か追い込んだらすぐ疲れたらしい。
    フリータイムのあと休憩タイムがあり、そのあと個人TTが始まる。スタンディングから1周走るのを計測するらしい。

    これも経験者から始まる。どんな風に行うのか見ていたらスタートラインに二人が入り、サドルをスタッフの人が支えた状態で両足ともペダルを嵌めた状態から時間差でスタートする。

    1周走って計測したあとぐるっと回ってきて入れ替え。
    途中で今までの最高タイムが読み上げられ36秒と言っている。どのくらいなのか全然ピンとこない。

    <クロスさんのフィニッシュ直前>


    後半になってある人がスタートでビンディングが外れ、慌てたのかバンクに入った所で転んでしまう。すかさずスタッフが助けに入り大事には至らずほっとする。一旦中断して、このような場合は慌てないようアナウンスがあり再開。
    その後もバンクでダンシングしてふらつく人もいたが問題なく走り、いよいよ私の番になる。

    他の人達のスタートを見ていると重いギヤでスタートが苦しそうにしている人が多く、滅茶軽いギアにしてスタートラインに並ぶ。
    いよいよ開始。軽いギアで出足は悪くないような気がしたがバンクに入った辺りでシフトアップするとふらついてしまう。バックストレートで更にシフトアップして走るが足が全然廻らない。ホームストレートで最後の踏ん張り。

    ラインを通過したがどうだったんだろう?

    <上のスクリーンは場外の宇都宮>



    <フィニッシュ直前>


    やがて全員が終わり、結果発表。ベストタイムは30秒台で他の人達は記録を見せてもらうことに。
    クロスさんと私も記録を見に行き、クロスさんは5秒遅れ、私は9秒遅れで遅すぎ。

    その後アンケートがあり、まだ走る人と帰る人に別れ解散。クロスさんはまだ走るのとスタッフや他の知り合いとも話してから帰ると言うので、私は先に帰ることに。

    バンク走行は良い経験になったが、もっとスピードが出る足がないとバンクを走る意味がない。
    帰りはほぼ来た道を戻ったが、やはり車の多い道路は疲れる。自転車レーンの広い道がもっと増えると良いのだが。

    帰ってからログを付けたらAEROADを買ってからやっと1000kmを過ぎたことになる。5カ月で1000kmとは少ないような気がするが、KHARMAも乗っているし体調が悪かったりで距離が伸ばせていない。
    無理せず怪我しないように楽しんでいこう。

    tm:4h03m dst:87km av:21km/h up:595m odo:1081km




    サイクリング | 23:01:56| Trackback(0)| Comments(0)
    オリンピックコース試走(武蔵野の森~町田)
    5/12はオリンピックコースを走ることにして気合入れて早起きするつもりが寝坊し、朝ご飯も食べずに6:30に出発。
    まずは始点の武蔵の森へ向かうが曇りで少し肌寒い。予報では23度くらいまで上がるからすぐに丁度良くなるだろうと期待しながら走る。境川CR、町田街道から尾根幹を走っていると腹が減ってきて、以前から寄ってみたかった矢野口のクロスコーヒーに入る。店の前はMTBが多く止まっている。

    あずきバタートーストとコーヒーのセットを注文。

    <旨いが腹減りには物足りない>


    店の中ではMTBのイベントで来た人たちが数名いて、店のスタッフがイベントの説明をしていた。
    居心地の良い店だが、腹が減っているときにはもっとがっつり食べれる処が良さそう。
    店を出てコンビニで追加補給して走り出す。まだ少し肌寒い。
    多摩川を渡り味スタ横を通って武蔵野の森公園に到着。



    さて、今日はどこまで走れるだろうか?
    府中まで進みケヤキ並木を通って大國魂神社到着。オリンピックではパレード区間にあたり特別に境内の中を走るらしい。



    やっと陽が出てきて暖かくなってくる。競馬場の横を通り是政橋を通過。オリンピックではここからレース開始となるようだ。
    その後、尾根幹を突っ切り多摩ニュータウンの中の坂をいくつか走る。この辺は道は綺麗だが地味に坂が多い。
    多摩大学に着いた頃にはすでにバテバテ。最近なんだか調子が悪いし、朝飯を食べずに走り出したのも悪かっただろうか。

    <疲れた>


    また尾根幹に戻り、途中から右折し多摩センターを経由して八王子に入る。町田街道にぶつかった所で、まだ12時前だが調子が悪く無理せず帰ることに。

    ところで、今日は天気もまずまずでオリンピックコースを走るローディが大勢いるかと思っていたのだが、武蔵野の森も尾根幹から外れたルートも全然ローディはいなかった。距離もあるし、道志や山中湖、富士周辺と分散しているからかな?

    あとは来た道を戻り帰宅。オリンピックコースの続きはまた何回かに分けて走ることにしよう。

    tm:4h21m dst:95km av:22km/h up:774m odo:994km




    サイクリング | 21:46:01| Trackback(0)| Comments(0)
    貧脚の味方 乙女ギア導入
    5/11は貧脚の味方を導入し試走に行ってきた。

    GWに伊豆へ4人で行った際、他の人達に全然付いて行けず疲労も激しかったのだが、私より早い人達でもリアは32Tを使っていて50過ぎたら乙女ギアだと言う。

    今はKHARMAがF:50-34&R:14-28、AEROADがF:52-36&R:11-28を使っていて、KHARMAは最初10速の11-28で完成車購入したもののヤビツでさえきつく、10速の12-30(Tiagra)を使って楽をしていたのだが、105のFD変速がひどくて105からULTEGRAにコンポ一式交換の際に14-28にしてそのままになっていた。

    この、いわゆるジュニアスプロケットは11,12,13が無い分、細かい変速ができて足に優しく非常に気にいっていたし大抵の坂は上れるが(三国峠、子の権現、大野山、風張林道除く)、長い登りだと28Tでゆっくりとでも強く踏んでいると疲れも溜まり、やはり変えるべきかと思い始めてきた。

    32TだとRDも交換が必要になるし30TならギリギリSSゲージでも入るらしく、悩むもののどうせ変えるなら違いの分かる32Tにし、GSゲージと併せて購入。
    ついでに中古でもらってから6年使っていたLOOKのペダルも一番強くしてもゆるゆるになってきたから交換することに。こちらはAEROADで初めてULTEGRAペダルを使ったのだが、一番軽くしてもかなり固く、今回はLIGHT ACTIONというエントリーモデルを購入した。



    早速、交換開始。まずは32Tのみ取り付ける。

    <ピカピカ。やはりでかい!>


    SSゲージでもギリギリ干渉しないで走れそうだが、せっかく買ったからRDも交換する。

    <SSだとかなりギリギリだが音鳴りはしない>


    CS交換は今まで何度かやったことがあるが、RD交換は初めてで結構手間取った。決して難しい作業ではないが、慣れてないと不器用な自分には厳しい。

    <GSは長くて余裕あり>


    ペダルも交換。この赤いLOOKのDELTAペダルは気に入っていて、赤黒白のKHARMAに似合っていたからまた赤いペダルが欲しかったのだが、シマノの105以上は全て黒かグレーしかなくLIGHT ACTIONの白を選択。

    <LOOKより一回り小さい>


    さて、試走しよう。
    ペダルは予想通り最初から軽くて楽に入る。レースをする人でなければこれで十分。RDの変速も問題なく、鷺舞橋に到着。

    <ペダルの白も合っている>


    この日は用事がいろいろあってここまでしか走れず、長い坂はまた今度にしよう。

    dst:20km odo:19132km


    サイクリング | 20:18:22| Trackback(0)| Comments(0)
    俺チャレ伊豆300 5/4東伊豆
    5/4は7:30に朝飯。いかにも民宿らしいご飯で普通なのだが、普段滅多に魚が食べれないから(家族が魚嫌い)嬉しい。



    宿の前で準備をしていると主人が出てきて記念写真を撮ってくれる。主人もスタッフも感じの良い人だったし、二食付きで7千円台とはコスパ高い。









    宿を出て、すぐ近くの弓ヶ浜へ向かう。
    おー、正に弓なりの砂浜が綺麗だ。









    今日は東海岸でしかも距離は短いから楽できるかと思いながら走り出す。
    筋肉痛はないものの、やはり少しの登りでもすぐ遅れてしまう。みんな早い!(私が遅いだけか?)

    今日も天気が良く、風が気持ち良いくらい吹いていて爽快。
    やがて白浜に到着。

    <ここも綺麗だが朝見た弓ヶ浜の印象が強い>








    写真を撮り昼飯は伊豆高原で豚カツを食べることにして再出発。

    <順調!>


    河津、稲取と順調に過ぎ、伊豆高原に向かうが早くも渋滞して来る。やはりGWの東伊豆だ。
    伊豆高原の緩い直線の下りを走っているときに、前輪から突然カラカラと大きな音がして停車する。
    見るとまさかのスポークが1本折れているではないか!

    走れるかホイールを廻してみると歪んでブレーキに干渉し、このまま走ったら他のスポークも折れそうで無理だ。
    応急処置としてワタさんが持っていたタイラップをもらい、折れたスポークが暴れないよう隣のスポークに固定し、ブレーキのクイックレバーは解放してゆっくり走ることにする。



    不幸中の幸いで駅が近いから、飯を食べてから私だけ離脱することにする。
    ランチはオーさんお勧めの豚カツ屋に入る。随分と趣のある佇まいのある店だがリーズナブルらしい。

    <一人では入り難そうな雰囲気>





    丁度昼時で並んだものの、店は広くてそれほど待たずに入店。
    さて、何を食べるかメニューを見ると豚カツ以外にも生姜焼きなどもあり迷うが、結局4人とも豚カツ150gを注文。
    やってきた豚カツは旨そう!

    <肉は400gまで選べる>


    厚切りの豚カツは柔らかすぎず適度な歯応えがあり、旨い。
    満足して店を出て、私は城ヶ崎海岸まで少し戻ることにして皆と別れる。

    駅に着き、早速輪行の準備を開始。まだ輪行は慣れずに四苦八苦していると暑くて汗だくになるし、電車の時間が気になって来る。
    そんな時、クロスバイクで来た若い人が輪行バッグの予備が無いか、近くに自転車屋が無いかと聞いてくるが、さすがに予備は持ってないし自転車屋も知らないと答えると、自分でスマホを検索してどこかに行ってしまった。
    何か問題があって走れなくなったのかくらい、聞けば良かったかな?

    何とか組み立てホームに行くとすぐに電車がやってくる。



    熱海で乗換のためホームで待っていると涼しくなってきてレッグウォーマーを付ける。
    小田原に向かう途中で雨が降ってきて、みんなはまだ走っている筈だし現地はどうなんだろうと思っていたが、後で知った所によると、やはり雨に降られ真鶴から輪行となったらしい。
    結局、今回の伊豆300kmは全員DNFとなってしまった。

    今回の一泊二日を振り返ると、きつかったものの二日間とも天気が良く飯は旨く、楽しかった。
    反省点としては、やはり足が遅く登りでは全然付いて行けずに何回も随分待たせてしまったことだ。
    中々、体力・筋力を付けるのは難しく、CS32TとGS、プロテインを今日ポチってしまった。

    みなさん、どうもありがとうございました。

    tm:5h36m dst:56km av:11km/h up:939m odo:19,042km
    (tm,avは休憩込みのグロス)




    サイクリング | 21:32:01| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ