FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。

    2020年2月より約30年ぶりのリターンライダーです。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2020年09月 (4)
  • 2020年08月 (7)
  • 2020年07月 (5)
  • 2020年06月 (2)
  • 2020年03月 (5)
  • 2020年02月 (3)
  • 2020年01月 (9)
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    都留~山中湖、足攣りライド
    8/15(土)は4:30出発で山中湖まで行ってきた。

    8/2にグループライドで都留のうどん屋まで道志経由で行ってきたのだが、逆コースを走ってみようと思い、4時起きで4:30に出発。まだ暗い中、境川CRを走り出す。ちらほらこの時間でもジョギングをしている人達がいる。

    6時過ぎにゼブラの前を通るが当然やってなく、スルー。相模湖南側の山間部を縫う道は細かいUpDownがあり地味に疲れる。

    山のはちみつ屋もやってないが、自販機で水分補給。秋山に入ると広くて走りやすい道になる。のどかだ。

    走っているとSNSで見た事のあるビストロラントがあるが、もちろん営業前。今度営業時間中に来てみよう。

    <次来るのが楽しみ>


    ゆるやかな登りをしばらく走るが全然コンビニがない。坂がきつくなってきて新雛鶴トンネル到着。8時でまだ暑いほどではない。

    <まだ余裕>


    ここから禾生まで気持ち良い下り。先日寄った山本うどんもまだやってなく、スルー。ここから道坂峠への登りになるから水分補給して出発。

    富士山が正面に見えて気持ち良い。既に9時を過ぎていて日差しが強く、暑い。側溝に落ちないよう注意して進む。どうしても登りはフラフラしやすく、注意。だんだん足が辛くなってきて峠手前辺りから左の脹脛と右大腿に違和感が出てくる。やばい。

    道坂トンネルに到着し、足攣り用の漢方薬を飲む。効いてくれれば良いが。

    <足攣りそう>


    トンネル手前には今倉山登山道入口の看板があり、だいぶ前になるが今倉山から道志二十六夜山まで10人ほどで歩き、芭蕉月待の湯へ行ったのを思い出す。

    さて、道志へ下ろう。トンネルの道志側には今日は走り屋はたむろしていない。下りは快適だが、スピードに注意しながら慎重に下る。やはりDiscブレーキは快適。下りはさくっと降りれて道志道との交差点に到着。

    ここで10時過ぎ。今日は暑い時間帯を走るのは止めにして、このまま帰るつもりでいたのだが、ただ走ってきただけで帰るのは勿体ない。取り敢えず道の駅まで行くことにする。
    道の駅は相変わらずの混雑ぶり。車とオートバイは多いものの、ローディは少ない。

    <お約束>


    もり蕎麦の大盛を食べて出発。11時でやはりこのまま帰るのは勿体ないと思い、山中湖まで行くことにする。
    しかし疲れた足には山伏峠までの登りがきつい。道坂峠で感じていた違和感が的中し、左の脹脛と右大腿が攣る寸前。先程飲んだ芍薬甘草湯は効かなかったか?

    とにかく負荷を掛けずにインナーローでゆっくり走り何とか、山伏峠到着。後は山中湖へ下るのみ。

    <足が攣る寸前>


    下りは快適で汗が乾いて気持ち良い。セブン平野店で水分補給。
    富士山の見える所まで少し走ることにしてサイクリングロードに入った瞬間、左脹脛に激痛が。
    痛くてペダルが漕げない。クリートも外せず、ゆっくり騙しだまし走ってやっと痛みが和らぐ。

    ベンチで休憩。

    <足攣り休憩中>


    道坂峠へ向かう途中くっきり見えていた富士山は、だいぶ雲がかかっていて残念。

    <富士山も一緒に入れたつもり。自撮りは難しい>


    さて、少し休んで道が混まない内に帰ることにする。山伏峠への登りは足が攣らないよう慎重にペダルを廻す。
    帰りも道の駅に寄って水分補給。もう全然喉は乾いていないがトイレにも行ってないし、無理やり飲む。

    しばらく下り基調で快適だが、14時ごろが丁度UpDown区間でしんどい。帰りもゼブラ前を通ったが、夕方の渋滞前に帰りたくてスルー。

    何とか17時過ぎに帰宅。家を出てから12時間以上で185kmは、やはり疲れた。
    早出の場合は集中力も切れてくるし、無理せずもっと早く帰るようにしよう。

    それにしても早朝からやっているカフェなどあるといいな。

    tm:12h22m dst:184km av:20km/h up:2632m odo:3271km(AEROAD)




    サイクリング | 22:26:36| Trackback(0)| Comments(0)
    灼熱の宮ヶ瀬
    8/10(月)は宮ヶ瀬までautenticoのメンバで走ってきた。
    今日はKHARMAで出かけようとしたら、なんと後輪がパンクしていて、急きょAEROADで出発。

    町田境橋セブンに集合したのはオーさん、ホソさん、クロスさん、ミヤさん。
    ミヤさんとは3月の横須賀バーガーライドで会って以来、二度目になる。

    しかし、朝から暑い。
    厚木のファミマでナベさん、ハリさんと合流して7人になる。ハリさんとも横須賀バーガーライド以来で2度目だ。
    元々8月にインドへ帰国予定のハリさんに、有志を募って準備したサングラスをオーさんがプレゼント。

    ハリさん嬉しそう。

    <ハリさん、恰好良い!>


    しかしながら、コロナの影響で帰国は延期になったらしい。可哀想に。
    全員揃ったところで記念写真し、出発する。



    取り敢えず宮ヶ瀬方面へ向かう。
    余りに暑く、途中の中津川で休憩。キャンプの車が一杯だ。
    オーさん、ハリさん、ミヤさんは水浴びして楽しそうだけど、他のメンバは日陰で涼む。



    次は服部牧場へ。しかし、こちらも客が多く、ソフトクリームは行列になっているから諦める。



    余りに暑く、韮尾根トンネル手前でも休憩。暑過ぎる。



    トンネルの先から自転車は押してダムの上を通れるからそちらへ進む。












    さて、早めにランチへ向かい、定番のびんずるへ。まだ昼前ですぐ入れた。
    いつもは豚のソテーを注文しているのだが、今回はがっつり食べたくてスタミナ定食を注文。

    <スタミナ定食 旨し>



    <スタミナ丼>



    <ポークソテー>


    さて、腹も膨れて外へ。この後用事のあるミヤさん、ナベさん、ハリさんとはお別れ。
    残りの4人は仏果堂へ。
    丁度、ロバのダニエル君が来ていて一緒に記念写真。






    私は前回来た時お腹を壊したので(夏場は特にダメ)、無茶苦茶暑いんだけどホットコーヒーを注文。他のメンバはもちろん冷たい物。

    <オヤジ達には似合わないヤツ>





    まったりとしてから、そのまま無事帰宅・・・

    <ここで、しばしまったり>


    かと思ったら、パンクの神様降臨!(あれ、今日は参加してないはずなのに)

    <さすが、慣れた手裁き>


    オーさん、実に3年ぶりのパンク。DIVERGEは何とフレームに工具を入れる空間が空いている。
    E-Bike用と同じ作りらしく、E-Bikeだとバッテリーが入る場所らしい。

    しかし、朝から暑く酷暑のライドとなった。



    tm:4h02m dst:77km av:19km/h up:650m odo:3087km(AEROAD)



    サイクリング | 23:45:31| Trackback(0)| Comments(0)
    西沢渓谷~三峰神社~天空のポピー
    8/8(土)はレンタルバイクで西沢渓谷、三峰神社、天空のポピーへ行ってきた。
    大型二輪取得後、2回目のレンタルで次はどこに行こうかと考え、今までロードバイク(自転車)で行った所からオートバイでも楽しそうな個所を選び走行距離300km程度でプランを考えた。

    8/7(金)19時に246溝口2りんかんへ行き、YAMAHA MT09を受け取る。全体に汚くシートの汚れやチェーンが錆びていて、指摘をするとチェーンルブを使って注油してくれた。
    車体の傷は全然気にしないが、レンタルする以上もっと綺麗にメンテすべき。

    自宅まで20kmは相変わらず渋滞しているが、前回のBMW S1000Rと違い物凄く乗りやすい。重量はこちらが12kg軽いだけなのに、とても乗りやすく感じる。熱量も4気筒より少ないのか、熱いものの足が火傷しそうではない。

    8/8(土)は渋滞を避け4時に出発する。厚木から圏央道に乗る。高速もパンチがあって乗りやすい。八王子西で降りて奥多摩へ。吉野梅郷あたりのコンビニで朝食。小雨がパラパラしてきて雨雲レーダーを見るが心配無さそう。

    水と緑のふれあい館に到着。天気は今一で湖面がパッとしない。






    次は道の駅たばやまに寄り、飲料補給。



    次は去年の秋にロードバイクでも行った柳沢峠へ。
    ロードバイクでは、きつくないものの長い坂がとても辛かった記憶なのだが、900ccのオートバイでは拍子抜けするほどあっけなく峠に到着。



    何人かバイカーが休憩していたものの、まだ時間が早いのかローディはいない。
    ここからの下りはロードバイクでもオートバイでも気持ち良い。寒いくらい涼しくて道路に出ていた気温表示を見ると18℃。まだ時間が早いにしてもメッシュジャケットでは涼しすぎる。

    下りは怖いからブレーキを掛けながら慎重に走る。下りが得意なローディに抜かれそうなスピードだ。塩山から北上して道の駅みとみ到着。
    登山者が多く支度をしている人達が大勢。甲武信ヶ岳へは行こう行こうと思いながら一度も行けていない。

    西沢渓谷入口方面を見るともう一つ駐車場が見えるからそちらへ停車する。蒟蒻の専門店みたいで、まだ営業はしていないが、西沢渓谷を見た後に寄ってみよう。
    西沢渓谷は子供たちが小さい頃に連れて来て以来だから20年ぶりくらい。ネットで三重の滝までしか行けないことは知っていたが、先へ進む。

    さすがに20年前の記憶はなく新鮮。オートバイ用のブーツにジャケットで来たが、歩いていると暑くなってきて上着は置いてくるべきだったと後悔。脱いで片手に持ち先へ進む。前後を歩いている人達の服装は軽装な人から山登りの恰好をした人までバラバラ。

    <車両侵入禁止の舗装路>





    舗装路から登山道へ入り少し登りになると吊り橋に到着。全然記憶にない。



    さらにUp,Downをすると目的の三重の滝に到着。
    水の勢い、青さが素晴らしい。









    残念ながらこの先は通行止め。いつか解除されたらまた来よう。
    駐車場に戻ると蒟蒻専門店は営業していて中に入る。刺身蒟蒻の試食を勧められ、食べてみると旨い。
    それと蒟蒻のビーフジャーキーもどきを土産に買って店を出る。

    さて、次は三峰神社へ向かう。三峰神社は雲取山の登山口としても知られ、奥多摩の鴨居側からは登った事はあるが、三峰から登ったことはなく、また坂好きのローディが時々SNSにもUpしているから行ってみたかった場所だ。

    初めて雁坂トンネルを通る。トンネル内は濡れている個所が多く、セーブして走っていると後ろから車に付かれ、煽られるようなことはなかったものの怖かった。

    神社に向かう途中、燃料計が少なくなってきて近くのスタンドを探すと神社から降りてきた先にありそうだから一安心。
    神社方面へ右折すると狭い道の長い坂が続く。10km弱で平均勾配はヤビツと同じくらいだろうか。
    今日は全然ローディは走ってなく、神社の駐車場に到着。



    参拝は混んでいて行列。私はさっさと済ませるのだが、お祈りが長い人が結構多い。



    さて、せっかく秩父に来たからには、やはり草鞋かつ丼。
    テラスで食べたのだが、生憎の天気で残念。






    2枚のカツは量が多いものの、味はまずまずで、自転車で走ってきたらもっと旨く感じたかもしれない。

    次は天空のポピーへ。ここは去年の秋に行ったが、もちろんポピーは咲いてなく、寒くて名物のソフトクリームが食べれなかったからリベンジ。
    神社から降り、先に調べていたスタンドに寄ろうとしたが見当たらず、先へ進む。しばらく走りやっとスタンドを見つける。この辺は結構長い距離、スタンドがないから早め早めに入れないとだめなようだ。

    ハイオク満タンで出発。去年走った道に出て、登って行く。自転車では辛かったのを思い出すが、右手を捻るだけですいすい登る。

    今回も時期が違うからポピーは咲いてなく、先のミルクハウスへ向かう。

    <時期になると満開のポピー畑のはず>



    <頂上からの景色>


    去年食べれなかったソフトクリームは濃厚で旨い。



    帰りは関越に乗ったが、無茶苦茶暑い。100kmで走っていても熱風の中で意識が朦朧としてきて、休憩しようと考えながら何故か高坂SAを通り過ぎる。明らかに判断力が落ちている証拠。堪らず三芳PAに寄り休憩。

    水分補給して出発。練馬で降りるが渋滞が酷く灼熱地獄。何とか246溝口2りんかん到着。

    相変わらず夕方は混んでいて物販レジの買い物客優先でスタッフが対応するから、暫く待たされてやっと返却。
    スタッフは丁寧でいいのだけど、夕方のスタッフ不足を何とかして欲しい。

    朝は柳沢峠で寒く、帰りは高速と都内が灼熱地獄の一日となった。
    今まで自転車で行った所をオートバイで行けたのは新鮮だったし、初めての三峰神社も良かった。

    MT09は軽くて乗りやすいのだが、アクセル操作に敏感過ぎて途中からBモードにした。那須の試乗会でも感じたことなのだが、一日乗ってもハンドルが高くて広いのは馴染めなかった。
    それとクイックシフトはダウン側が使えなく、前回乗ったBMWはUp,Downともスムーズで、かなり操作感が劣る印象だった。

    走行:330km、ガソリン:16.5L、燃費:20.0km/L


    オートバイ | 20:28:04| Trackback(0)| Comments(0)
    ロードバイクで久々の箱根
    8/5(水)は久しぶりに箱根まで行ってきた。
    今年初めての箱根で平日だし、早起きして出かけるつもりが寝坊して7時出発。
    街中はずっと渋滞で早くもうんざり。排ガスの匂いを嗅ぎながらだと頭が痛くなってくる。
    平塚を過ぎるとやっと快適に走れる。小田原を過ぎ、箱根への上りに入る頃には既に疲れが。

    <暑くて既にうんざり>


    三枚橋を左折し、旧道へ。蒸し暑くてすぐに汗だくになる。いつも一人で坂を登っていると、なんでこんな辛い事やっているんだろうと自問と後悔の嵐。
    天狗神社や七曲は相変わらずきつい。
    七曲を過ぎ、少し傾斜が緩くなったところの日陰で足付き休憩。熱中症になりそう。



    水分補給し息を整え出発し、甘酒茶屋で休憩。冷たい甘酒とうぐいす餅を注文。

    <餅と甘酒の写真撮り忘れ>


    建物の中は薄暗く、風が通って涼しい。
    芦ノ湖に下り、いつもの湖畔で写真。




    <珍しく自撮り 変な顔(いつもか)>


    ここで丁度12時。帰りに夕方の通勤渋滞に嵌りたくないから、すぐ出発する。
    仙石原の下りは快適だが、宮ノ下からは渋滞と言うほどでもないけど、やはり少し混む。
    R1,R134を走るが暑くてバテバテ、何度もコンビニに寄りながら境川CRまで。



    座って休んだのは甘酒茶屋のみ、ランチもコンビニでパンだけだったから、やはり疲れた。
    これからの時期、早起きして出かけ、午後早い時間には帰宅できるようにしよう。

    tm:7h13m dst:146km av:20km/h up:1327m odo:20,212km(KHARMA)






    サイクリング | 20:26:50| Trackback(0)| Comments(0)
    バイカーズパラダイス
    8/4(火)は前から気になっていた箱根のバイカーズパラダイスへ行ってきた。

    ここは色んなオートバイが1時間3千円で試乗できるから、営業日を確認してからオートバイ用の道具を車に積んで出発。

    小田厚、箱根新道、箱根峠経由で到着。空いている。
    ゲートには乗用車の入場料2千円と書いてあるが二輪免許があれば500円なのは事前に確認済。
    中に入るとDUCATIが何台も置いてあるのが目につく。






    受付で免許証を見せて500円で入店。しかし今日はレンタルバイクはやっていないらしい。
    店は営業しているがレンタルのみ休みということで、サイトを良く見て来なかったのを後悔。

    お腹が空いたので何か食べようと思ったらピザとカレーのみ。飲料も高めだけど、せっかく来たんだし、ピザとホットコーヒーを注文。
    味は悪くない。

    雑誌を見ながら広い店内で寛ぐ。アパレルも置いてあり、いろいろ見るが自分の財布に合うものは無さそう。
    店の雰囲気は開放的で、落ち着けるから時間のあるときに休憩するには良い場所だ。
    1年間有効の500円のクーポンが貰えたから次回は無料で入店できる。

    バイカーが寛げる空間を提供するという趣旨は賛同できるが、オートバイに興味が無い人達にも気軽に入店できるよう、入場料の考え方や、飲食メニューの充実を図るべきかと思う。
    店の外ではABARTHの試乗会をやっていた。

    さて、店を出て芦ノ湖スカイラインへ行くことにする。箱根には昔、オートバイで来た事もあるし車でも何度も来ているのだが、実は芦ノ湖スカイラインは今まで1回も通った事がない。自転車は通れないし、せっかく箱根まで来たから走ることにする。

    通行料800円を払う。ETCは使えず、オートバイで来たら面倒そう。
    道路は綺麗で快適なのだが、天気は今一で富士山は見えず。展望台にも上がったが、芦ノ湖が見えるのみ。

    <裾野のみ>





    オートバイだと300円だから天気の良い日に来てみよう。

    湖尻の方へ降り、仙石原、乙女峠へ。乙女トンネルを抜けると、おや?土産物屋が無い。
    確か以前は富士見茶屋という団子や土産を売っていた店がおしゃれなカフェになっている。



    外のテーブルに座り、チキンのランチを注文。(先ほどのピザが少なかった)



    天気が良ければ富士山を見ながらランチが食べれるのに残念。

    帰りは急いでないから、御殿場よりR246で帰宅。
    車は鍵さえ持っていれば普段着のまま乗れるしエアコンもあり、雨でも乗れるし快適だけど、自転車やオートバイのような走った満足感は得られない。

    天気が良く元気な時は150kmまではロードバイク(自転車)、それ以上はオートバイかな。


    オートバイ | 20:15:26| Trackback(0)| Comments(0)
    次のページ