FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • まとめ
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2018年09月 (9)
  • 2018年08月 (21)
  • 2018年07月 (16)
  • 2018年06月 (19)
  • 2018年05月 (19)
  • 2018年04月 (7)
  • 2018年03月 (13)
  • 2018年02月 (9)
  • 2018年01月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (9)
  • 2017年10月 (9)
  • 2017年09月 (11)
  • 2017年08月 (21)
  • 2017年07月 (26)
  • 2017年06月 (20)
  • 2017年05月 (29)
  • 2017年04月 (20)
  • 2017年03月 (14)
  • 2017年02月 (13)
  • 2017年01月 (15)
  • 2016年12月 (27)
  • 2016年11月 (21)
  • 2016年10月 (16)
  • 2016年09月 (18)
  • 2016年08月 (16)
  • 2016年07月 (24)
  • 2016年06月 (8)
  • 2016年05月 (23)
  • 2016年04月 (9)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (9)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (13)
  • 2014年07月 (12)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (4)
  • 2013年06月 (8)
  • 2013年05月 (8)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (23)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (8)
  • 2012年04月 (13)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (8)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (16)
  • 2011年11月 (13)
  • 2011年10月 (21)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    1年ぶりの山歩き
    昨年10月から今年3月まで坐骨神経痛が酷くて運動は殆どしてなかったが、3日前の足柄峠ヒルクライム(敗退)に続き、今年初めての山歩きに出かけることにする。行先は塔ノ岳で、大倉から登るかヤビツから登るか迷ったが、ヤビツには自転車でも今年一度も行ってないからヤビツ経由にする。

    始発のバスに乗れるよう秦野に着くと長蛇の列。予想通り臨時バスが出て、何とかぎゅうぎゅう詰めの中に乗り込む。
    名古木交差点からは天気も良くローディが一杯走っている。いつもは何台にも抜かれるのだが、今日はバスで15人ほど抜いてヤビツ到着。



    今日はバスの運転手目線でローディの動きを見ていたのだが、バスをやり過ごすのに右コーナーで左端のガードレール寄りに止まってくれたのが1人、直線で左端に寄りながらスピードを落としてくれたのが3人いた。自分もできるだけ譲るようにしたいと思うが、タイムアタックに夢中の人や俯いて下しか見ていない人が多い。もちろん道交法ではバス優先レーン以外で、バスに譲らなきゃいけないルールではないのだが・・・

    さて、靴紐を結び直して、Tシャツ+長袖シャツで出発。自転車ではすぐなのだが、富士見山荘跡地までの距離が登山靴では長い。

    <自転車では素通りする分岐を左折>


    いよいよ登山口。すぐに汗を掻くと思い長袖シャツは脱いで半袖Tシャツのみになる。



    長いブランクと3日前の筋肉痛もあり、正直途中で敗退かと頭をよぎる中歩き出す。
    最初の階段から早くも足が上がらない。これで本当に歩けるのか?
    少し登ると頭上にアカヤシオ。山で見るのも久しぶり。



    二ノ塔手前でウェア、ザック、スパッツなど赤系でまとめた若い男(以下Aさん)に抜かれる。歩き方が大股で元気だ。
    二ノ塔に到着すると先に着いていたAさんが出発し、私も水分補給して出発。



    三ノ塔手前で今日初めての富士山。綺麗に見えて塔ノ岳からの展望が楽しみだ。



    先程より綺麗にまとまったアカヤシオもあり、目を楽しませてくれる。



    三ノ塔到着。雲一つない富士山が絶景。




    <相模湾 江ノ島、三浦半島方面>


    写真を撮っていたAさんに良い天気ですねと話しかけると本当絶景ですね~と笑顔。蛭ヶ岳まで行くのか聞くと、その手前の~と少し口ごもるから、丹沢山かと聞くとそうだと答える。丹沢には詳しくなさそうだ。

    Aさんは軽く補給をするようで、今度は私が先に歩き出す。烏尾山への下りは滑りやすくて怖い。山歩きが久しぶりなのもあるが、去年自転車で事故ったことから怪我に臆病になったようで、以前ならさくさく降りていた個所もへっぴり腰でゆっくり下る。

    後ろからザクザク足音が近づいて来て、Aさんに抜かれる。下りでも足運びはスムーズだし初心者ではないのかな?
    烏尾山を過ぎ行者岳に着くと、もうとっくに先に進んでいたと思っていたAさんが補給中。



    私は水分補給だけして先に進む。鎖場を過ぎ、登りでまたAさんに抜かれる。
    新大日でまた追い着き、ここまで来れば後少しですよと話しかけると、北海道出身で北海道の山は歩いていたが、丹沢は初めてだと言う。初めて歩いたエリアでこんな絶景の日に恵まれたから、きっと丹沢は良いイメージを持つだろう。

    今度はAさんが先に歩き出す。登りではすぐ離され、筋肉痛で足が上がらず辛い。
    塔ノ岳到着。またAさんと会い、お疲れ様と挨拶して彼は丹沢山へ向かう。

    近くにいた人に記念写真を撮ってもらう。富士山は残念ながら雲が掛かってきた。




    <肉眼ではもっと海が綺麗に見えたのだが>


    富士山を見ながらご飯を食べようと西側に座ったが、長袖シャツを着ても寒い。仕方なく東側に席を移すと風がなく丁度良い。
    定番のインスタントラーメンとソーセージ、チーかま、お握りを食べる。いつもはビールも飲むのだが、今日は下りで事故らないように自重する。

    花立山荘でお汁粉を食べる。登って来た人達はかき氷を食べているのに対照的。



    ざれた下りはつまらないが、林の尾根筋は癒される。



    うんざりする長い単調な下りを降り切ると、いつものクリステルが出迎えてくれる。
    お疲れ様!

    <お帰りなさい>


    ヤビツ峠(8:05)三ノ塔(9:15)行者岳(9:50)塔ノ岳(10:50,11:35)大倉(13:55)

    にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
    にほんブログ村


    | 18:06:32| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する