FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    初のスバルライン…敗退
    8月15日は初めてのスバルラインにトライ!
    前日まで輪行にするか車載にするか悩んだが、結局楽な車載で出かける。下道をR246で進み三国峠を過ぎてパノラマ台からの絶景を期待していたのだが、雲が多く全く見えず。残念。取り敢えず湖畔へ。

    <見渡す限りの雲>


    天気予報では雨の心配はなさそうだから、気を取り直して旭日丘の無料駐車場に停め、支度をして8時に出発。
    河口湖までの道は自転車では初めてで、緩い下りが快適。スバルライン入口交差点を左折するといよいよ登りだ。

    <風が強い 雲を吹き飛ばし欲しい>


    料金所までゆるゆる登って行き、料金所のおじさんに挨拶すると孫がKUOTAに乗っていると言う。3台持っているらしく羨ましい。
    料金所の先で準備をしていた親子と1人のローディが先に出発し、私も御釣りを仕舞って追いかける形で走り出す。

    親子には少し登って追い付いたが、子供の自転車はスプロケットがサビサビ。余り面倒は見てないのかな?
    通行規制中でバスやタクシーしか通らないから走りやすい。バスも大きく車間を空けて抜いてくれるから安心なのだが、メロディーラインの個所だけ殆ど車間を空けずに抜かれて怖かった。
    乗客にメロディーを聞かせるためだろうか?

    先行したローディの背中はずっと見えているが全く追い付けず、同じくらいのペースだ。
    スバルラインに登った人達に聞くと、単調でつまらないという意見が多いが、やはり自分で体験してこそと思い、今日にいたったのだが、やはり単調だ。
    一人だときっと退屈するが、先行者がいると張り合いがある。

    一丁目下の駐車場に到着すると、先行のローディが止まっていて、声を掛ける。近くで見るとアニメジャージだ(以降、アジさん)。スマホで雨雲レーダを見ていたようだが、雨の予報になっているらしい。料金所で降りて来たローディに聞いたら3合目から上は土砂降りだったらしい。
    どうしよう?空を見るとまだ白い雲は多いものの、土砂降りになるような感じはしない。
    アジさんは雨が降ってきたら引き返すと言って先に進む。私も行けるとこまで進むことに。

    1合目辺りでポツリ、ポツリと雨が手に当たってくる。このくらいならまだいいやと思い、登って行くと小雨程度になってくる。すると先行していたアジさんが止まっていて、引き返すらしい。空を見て、せっかく来たんだしもう少し粘ろうと思い走り出す。
    しかし、雨はどんどん強くなってきてジャージも濡れてくる。せめて2合目までと思い、走るものの雨脚が強くなるばかりで、結局Uターンすることに。
    サドルバックからW.Bを出して着込み、下り始める。

    ペラペラのW.Bでは役に立たないくらい雨は強くなり、体が冷えて寒くなってくる。ジャージが濡れる前に着るべきだったと思うが後の祭り。歯が鳴るほど寒くなってきて、風邪を引きそう!
    雨なのに、まだ登って来るローディと何人かすれ違う。せっかくの夏休みに来たんだからと、5合目まで頑張るのかな?
    先ほど抜いた親子も登って来るけど、下りは大丈夫か心配。

    轍に溜まった水が弾かれて靴はずぶ濡れになるし、ガタガタの路面でブレーキを掛けるのは怖い。
    ブレーキの効きが悪く強く握っていると手が疲れてきて、ブラケットと下ハンを交互に変えながら下っていく。後ろから車が来ていると路肩寄りの余計路面が痛んでいる個所を走らなければならず、神経が磨り減る思いだ。

    何とか料金所まで下ると、アジさんがトイレで雨宿り中。
    様子を見ていて、もし回復するようならリトライするらしい。
    私は取り敢えず、車まで戻ることにする。すっかり体が冷え切って何か暖かい物が飲みたい。

    山中湖までの緩い坂を上っていると体は温まって来る。雨も弱くなり、Uターンしてまだ走っていない富士五湖巡りをするかと思い、路肩に停めて雨雲レーダチェック。しかし、雨が止んだり降ったりを繰り返すようで、諦める。
    本栖湖まで行ってランチにしようと思い、車まで戻り自転車を積んで出かける。

    自転車で来た道を車で戻ると言うのは何だか勿体ない感じがする。それにしても道路は混んでいる。河口湖を過ぎてからノロノロ運転が続く。本栖湖でランチは止めて西湖に寄ろうかと思ったが、分岐までも全然進まず道の駅なるさわに寄る。何か食べようと思ったが、レストランは行列。仕方なくおやきを3枚(野沢菜、カボチャ、あんこ)買う。
    ベンチに座り、相変わらず雲を被った富士山を見ながら熱々のおやきを食べる。

    <てっぺんしか見えない>


    鉱石の博物館があり、無料だから寄ってみる。

    <ゴロゴロ>





    さて、相変わらず渋滞が酷いから、本栖湖まで足を伸ばすのは止めて、富士一周することにしよう。今回は富士スバルライン+富士五湖か、富士一周のどちらかと思っていたのだが、次回自転車で回る時の下見ということでK71を左折する。
    今までの渋滞が嘘のように快適な道になる。少し登ってから緩やかな長い下りになる。車だと快適だが、路面は所々痛みもあり、自転車だと注意が必要。
    K180を左折すると富士宮登山道の上りになる。車だと快適なワインディングだが、自転車だときつそう。
    水ヶ塚公園まで上り公園で休憩。1時間までなら駐車無料。山ヤの姿もチラホラ見かけるが、この天気ではダメだろう。
    さすがに半袖では少し涼しい。

    富士山スカイラインは途中からK23になり、御殿場まで下る。
    ナビではR246となっているが、足柄峠を車で走ってみようと思い、足柄からK78に入る。自転車で下る時はK365を使うから、この道を通るのは初めてだが、結構狭い。対向車が来たらすれ違いに苦労しそうだな思いながらも1台も来ることは無く、オートバイ、自転車も全く降りて来ないまま足柄峠到着。ローディはおらず、山ヤが数人いるだけ。

    下りの急勾配は車でも何だか怖さを感じたが、これも自転車で転倒の後遺症かな?

    今日は残念な結果だったが、スバルラインも是非リトライしたいし、富士一周もやってみよう。

    tm:3h24m dst:54km av:20km/h up:925m odo:17116km




    サイクリング | 12:14:33| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する