FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    初めての南アルプス(今年初めての山歩き)Part2 初日
    8月18日(月)
    殆ど眠れないまま漸く4時になる。周りでも人声がしてきて準備をしている。

    朝ごはんを食べ300m下のトイレのある神社まで散歩がてら歩いてくる。

    バスの始発は5:30なのだが4:30にもうバス停に向かう人がいて私も慌てて身支度をしてバス停へ。
    片道の切符を買ってベンチに並ぶ。

    里の方は青空が見えているが山の方は厚い雲が・・・天気予報では晴れだったのだが・・・

    <里の方角。晴れ間も見える>



    <山の方はこんな感じ>


    続々とハイカーがやってきて3つあるテントのベンチも一杯になる。
    やがてバスが2台来て時間前だが乗車開始となる。早く並んだお蔭で1台目のバスに座れる。

    2台のバスに立ち客も入れても乗り切れず甲府からやってきたバス2台にも乗ってやっと全員乗れたようだ。

    これで出発かと思ったら何と後から来たバスが先に出発し私が最初に乗ったバスが最後となる。
    初めての経験だから分からないのは仕方ない。

    今までより更に狭くなった山あいの道をバスは進む。バスとタクシーだけの専用道路だからすれ違いで困ることは無い。

    45分ほどで広河原に到着。



    トイレに寄ったら大渋滞。バスが4番目だったからしょうがない。
    6:45にGPSロガーの電源を入れて出発。しかしGPSの補足が全然できないがそのうち補足するだろうと気にしないで歩く。
    今日の予定は北岳山荘までだから時間には余裕があるしのんびり歩くことにする。

    すぐに大樺沢を渡る吊り橋を通る。沢が綺麗だ。






    登山道に入ると早速渋滞している。丹沢の大山下社からの道みたいだ。
    私も付けているが熊鈴を付けている人が多くて、丹沢との違いを妙な所で感じてしまう。

    大樺沢ルートと白根御池小屋へ向かうルートの分岐で人数が減り歩きやすくなる。大樺沢ルートの方が多いようだ。

    暫く登ると左手に山が見えてきてテンションが上がる。
    青空も見えてるしこのまま雲が晴れると良いのだが。



    やがて白峰御池小屋に到着。綺麗な外観の小屋だ。



    小屋の前で展望を確認。左手方向はまずまずだが、北岳方面の高い方は雲が厚い。




    <登る方面>


    水分補給して出発。
    草すべりの小太郎尾根分岐方面へ進む。
    草原の急登で草の背丈が高く蒸し暑い。

    少し登って振り返ると東側には鳳凰三山が綺麗に見える。向うに行けば快晴の中歩けたかとも思うが、山の天気は上がってみないと分からない。



    色んな花が咲いていて写真を撮りながら進むが花の名前は全く知らないし聞いてもすぐに忘れてしまう。









    やがて小太郎尾根分岐に到着。残念ながら甲斐駒ケ岳が見えない。もうちょっと雲がどいてくれれば見えそうなのだが。



    肩ノ小屋に向けて進む。



    途中左手下には雪渓が見える。7月だったらもっと多いのだろう。



    小太郎尾根分岐からは意外と時間がかかり、やっと肩ノ小屋に到着。



    まだ10時半くらいだが、既にベンチで飲んでいる人もいて飲みたくなるが補給食だけで我慢。
    先へ進むと高山植物らしき花があちこちにあり、写真を撮りながら登る。









    やがて右手下の方に北岳山荘が見えてくる。今日はあそこまでで何とか天気は持ちそう。

    <小さく赤い屋根が>



    <ズーム>


    北岳頂上には結構人がいるようだ。




    <ズーム>


    一登りで北岳山頂に到着。記念写真を撮ってもらうがガスで遠望は利かない。
    次から次へと大勢のハイカーが登って来る。みんな日本2位の標高に立って嬉しそうだ。
    15分ほど雲が切れるのを待ったが変わらないため先へ進む。




    <賽銭してお参りする人が何人かいた>


    下りは木の段が整備されている所もあり手入れが行き届いている。
    間ノ岳方面は徐々に雲が厚くなってきてこれからの天気が心配だ。



    八本歯のコル分岐まで来ると更に雲が厚くなってくる。
    八本歯のコル方面は名前の通り歯のようにギザギザで歩くとしたら天気の良い日にしたい。




    <八本歯のコル>


    北岳方面も振り返るとだいぶガスが上がってきている。
    良い時間に通り過ぎたのかもしれない。



    だんだん北岳山荘が近付いてくる。あと少しだ。







    <降りて来た方面を振り返る>


    12:25山荘前に到着。荷物を置いて間ノ岳まで往復しようかとも思っていたのだが、暗い雲が出てきて降られそうだし明日はきっと晴れるだろうと楽観して小屋に入る。




    <間ノ岳方面は雲が厚い>


    受付を済ませたらまずは缶ビールを買って小屋の前で北岳登頂に祝杯。
    部屋ではすでに横になって休んでいる人や明日の荷物の整理をする人など先着者あり。

    少し休んでから小屋の前に上がり間ノ岳、北岳方面を見るが相変わらずどちらもガスがかかっている。

    5時の夕飯までには時間があるしもう一杯飲むことに。
    今度は小屋の裏の展望台から生ビールで祝杯。富士山が見えるはずなのだが、雲が晴れるのを待つ。



    すると10分ほどで僅かだが富士山が見えてくる。北岳もガスが晴れて見えてくる。
    富士山はすぐに雲がかかったり少し見えたりした後、見えなくなる。




    <北岳方面も少しの間ガスが晴れる>


    夕飯時に小屋の人から明日の天気予報を聞く。晴れの予報だが、あくまで下界の予報。
    山の上は分からない。

    広河原(6:45)白根御池小屋(8:30)肩ノ小屋(10:25)北岳(11:15-11:30)北岳山荘(12:25)

    にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
    にほんブログ村


    | 00:56:25| Trackback(0)| Comments(2)