FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    初めての南アルプス(今年初めての山歩き)Part3 2日目
    8月19日(火)
    4時半からの朝食前に部屋から夜明け前の富士山が見える。みんなカメラやスマホで撮影。
    今日の天気は期待できる。




    <もうじき日の出>


    速攻でご飯を食べ小屋の前に上がると日の出が見えるが少しガスが。
    北岳方面はガスの中。富士山もだんだんガスの中へ。しかも風が強い。




    <北岳方面>





    部屋に戻り回復を待つ。しかし一向にガスが晴れないし風が唸っている。。
    今日は間ノ岳、三峰岳と歩き農鳥小屋に泊まるか三峰岳は寄らずに農鳥岳を超えて大門沢小屋まで行く予定だったが、こんなガスで強風の中稜線歩きをしても楽しくない。

    私はピークハントが目的ではなく、あくまで楽しい登山が目的だから無理はしない。
    小屋の中では待機している人が何人かいたが、先に進む人もいれば下山する人もいてだんだん少なくなる。

    とうとう2人だけになる。その人は間ノ岳までピストンして広河原へ下るらしいが最終バスの時間に間に合うぎりぎりまで待機するらしい。

    7時過ぎに雨は降っていないが風が強いからレインウェアを着て出発する。小屋前に上がり360度見渡すが、どこもガスの中。

    <横川岳方面>



    <間ノ岳方面>



    <富士山方面>



    <北岳方面>


    結局、縦走は諦め北岳へ登り返すことにする。左前からの風が強く真っ直ぐ歩けないほどの中、慎重に進む。
    少し前を歩いている人がいるから後ろに付いて行く。

    八本歯のコル分岐で立ち止まっているその人に追い着き話をする。
    北岳に登るか八本歯のコルへ向かうか考えていたらしい。

    昨日は左股コースを通ったため北岳はまだ登ってなく、天気は悪いがやはり頂上は踏みたいようだ。
    私は北岳経由で広河原まで行くと言うとその人も北岳へ向かうことに。

    今度は私が前を歩く。突風が吹くとふらつくし、メガネが濡れて良く見えなくなってくる。特に左から吹き付けるため左目のレンズがビショビショで遠近感が掴みにくくなっている。

    こういう時はコンタクトの方が便利なのだろうか?
    コンタクトは今まで一度も使っていないが、今度試してみようか。

    何とか歩き通して北岳に到着。風が強いと時間もかかるし何より体力が奪われる。
    こんな天気で縦走を諦めたのは正解だったようだ。



    ここで休憩しながらガスが晴れるのを待つことにする。
    持って来たおやつを食べる。袋が気圧の差でパンパンになっている。



    だんだん青空が見えてきてもうちょっとと思っているとまたガスってくる。




    <またガスが>





    そんな繰り返しを40分も粘って待ったが晴れないため下ることにする。
    暖かくなってきたからレインウェアを脱いで出発。

    肩ノ小屋方面へ降りていくと何やら白っぽい花崗岩らしい岩山が見えてくる。



    やった、あれが甲斐駒ケ岳か!
    昨日は全然見えなかったから初めてのお目見えだ。



    肩ノ小屋まで降りると更にガスが晴れくっきりと。ひょっとして間ノ岳への稜線も晴れたかと思い振り返るとやはりガスの中。

    <北岳、間ノ岳方面はまだまだガスの中>



    <甲斐駒ケ岳がくっきりと>



    <ズーム>


    小太郎尾根分岐からは鳳凰三山や富士山もバッチリ。
    甲斐駒ケ岳をバックに写真を撮ってもらう。

    <鳳凰三山>



    <甲斐駒ケ岳をバックに>



    <富士山もくっきり>


    満足して下山開始。昨日は草スベリから上がって来たから今日は大樺沢コースにする。
    大樺沢二俣までハイテンションで勢いよく降りていく。

    途中から見納めの鳳凰三山。地蔵岳をズーム。



    暫く下ると雪渓が見えてくる。8月中旬だからかなり少なく薄汚れているのが残念。だいぶ下ってきて展望も効かなくなってきた。




    <かなり下って鳳凰方面もこれしか見えない>


    沢沿いの道は石がゴロゴロしていて歩きにくい。雪渓ともおさらば。



    あと少しだと思っていたらここからが長かった。
    段差が大きな個所があったりゴーロでとにかく歩きにくく、足に疲れが溜まって来る。

    北岳の強風の中の登り返しと小太郎尾根分岐から大樺沢二俣まで飛ばし過ぎたのが原因だ。

    膝に力が入らず踏ん張りが全然効かないからよろよろと歩く。
    ストックを持ってくれば良かったと後悔する。

    途中の支流を渡る所でランチタイム。
    北岳山荘の弁当とおやつを食べる。日差しが暑い。

    弁当を食べ再度歩き出す。先行者に追いつくとあまり接近せずその人のペースで歩こうと思うのだが、熊鈴の音で気が付くようでお先にどうぞと言われてしまう。

    遠慮するのだがどうぞどうぞと言われ仕方なく先行するがヨタヨタしたり危うく転びそうになるみっともない姿を晒してしまう。

    そろそろ沢ともお別れ。



    やっと白峰御池小屋との分岐点まで到着。
    しかしここからも昨日楽々登れて丹沢の大山みたいだと思った道が、踏ん張りの全く効かない足には本当に辛かった。

    広河原に到着すると早速祝杯の生ビールを飲む。美味い。
    今日は車だがこの後バスや温泉もあって十分アルコールが抜ける時間があるから問題ない。

    同じベンチでカレーを美味そうに食べている二人がいて食べたくなる。
    さっきランチにしてから2時間経っていないが野菜カレーを注文。



    昨日からパンやおにぎり、小屋の和風の食事だけだったから、カレーの刺激が美味い。

    バスで奈良田へ戻り、荷物を車に置いて着替えを持ち温泉へ。300m下って神社の左手の道を上がる。
    ちょっとした登りなのに足が辛い。

    温泉の隣に白旗史郎氏の山岳写真館と民族資料館があり、セット券を購入しまずは写真館に寄る。

    展示写真が大きく山の迫力や美しさ、厳しさがダイレクトに伝わってくるような写真ばかりで素晴らしい。
    次に民族資料館に寄る。

    南アルプスの山模型があり、やはり地図とは違う立体感で山の存在感が分かりやすい。

    温泉はぬるぬるした柔らかな感じの良いお湯だった。内風呂だけなのが残念。
    風呂上がりにノンアルコール飲料を飲もうと思っていたら売り切れ!
    仕方なくコーラで我慢。

    今回は元々は北アルプスの立山、剣岳を予定し、それから白峰三山縦走、結果的に北岳だけの1泊となったが、雨には降られずまずまずの展望も得られ、良い山歩きが出来たと思う。

    他の人のブログや山レコを見ると目当ての山に何度も行っているが毎回雨やガスばかりという話も良くある。
    きっと農鳥岳まで無理して縦走していたらつまんない山歩きになったことだろう。

    今回歩けなかった山はきっとまた行く機会があるだろうし、その時までお預けとしよう。

    北岳山荘(7:10)北岳(8:15-8:55)肩ノ小屋(9:20)大樺沢二俣(10:20)広河原(12:10)


    ★GPSロガーの軌跡。登りは広河原からGPS受信せず途中から受信したものの、白根御池小屋辺りまでのトレースはでたらめ!
    とんでもないコースを歩いたことになっている!★

    にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
    にほんブログ村


    | 09:54:13| Trackback(0)| Comments(4)