FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    面接授業 ???を受講
    昨日、今日と放送大学の面接授業で「発明教育学入門」を受講してきた。

    昨日、弘明寺の神奈川学習センターに行ったのだが、玄関に入って講義室に向かおうと本日の講義一覧を見てはたと思い悩んだ。
    今日は何を受講しに来たんだろう??? さっぱり思い出せないのだ。
    いつもは携帯のスケジュールに科目名まで入れているのだが、今回は何故か日付と学習センターしか登録していなくて茫然!
    仕方なく家に電話をすると珍しく神さんがいたのでPC横に貼ってある受講予定を見てもらい無事解決。

    講座は「発明教育学入門」で最初に講師の岩永勇二氏より自己紹介があった。
    以前は日清オイリオに勤務し特許関係の部署で働いたのち弁理士の資格を取得してから弁理士の道に進んだらしい。

    講義内容は発明教育学の座学、世界や日本の発明者のエピソートの紹介、知的財産、特許などで、全体のテーマとしては発明好きな子供を育てることで豊かな暮らしができるようにという内容だった。
    発明者のエピソードにしても名前と代表的な功績だけ知っている発明者もいれば、名前を聞いても全然知らない人のエピソードもあり、興味深かった。
    (安藤百福、エジソン、山中伸弥、北里柴三郎、八木秀次、豊田佐吉)

    いずれの発明者にしても共通して言えることは、人の役に立つ仕事がしたいという熱意と何度失敗しても諦めない執念を感じた。

    今期申し込んだ面接授業は先週受講した「技術経営の考え方」と今回の2科目だけでお終い。
    順調に行けば今期で卒業となるから5年間の面接授業も今回で最後だと思うと少し寂しい気もする。(それにしては科目名を忘れているとは何事!)

    面接授業では全国にある学習センターで行っている講座を自由に受講することができ、実際に北海道から沖縄まで旅行を兼ねて受講している人とも出会ったことがあるのだが、私は所属している神奈川の他は幕張、世田谷、文京、渋谷しか行ったことが無い。

    将来、もしまた時間とお金があれば再入学してもっと他にも行ってみたいものだ。


    にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
    にほんブログ村


    放送大学 | 23:15:37| Trackback(0)| Comments(0)
    面接授業 技術経営の考え方
    11月2日、3日で放送大学の面接授業を茗荷谷の文教学習センターで受講してきた。
    科目は「技術経営の考え方」で講師は国立情報学研究所の柴山盛生氏(初日)とサッポロビールの門奈哲也(2日目)で前半は基礎的な内容で座学中心、後半は具体的な話やグループディスカッションがあった。
    2日目は商品開発に関する演習などもあり、色んな人の考えなどが聞けた。

    にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
    にほんブログ村


    放送大学 | 22:25:47| Trackback(0)| Comments(1)
    最後?の放送大学
    放送大学も当初計画していた予定の5年目で、いよいよ10月1日から2期に入る。
    これで予定通り単位が取れれば来年3月には晴れて卒業となる。
    当初の計画では週5日勉強し週末は復習と考えて、半期の単位取得は放送授業を5科目、面接授業を3科目か4科目で5年で卒業できると見込んでいた。
    ところが面接授業で急な用事やうっかり失念で単位を落としたこともあり、今期も今まで通りだと少し単位が足りず、またもし単位を落としたら6年目に繰り越しとなるから今回は今までより少し科目を多めに取ることにした。

    面接授業の必須単位は足りているため放送授業を多めに取ることにし、以下の通りで申請した。
    (申請時には1期の試験結果が出ていないため不合格を考慮し余計に申請した分も含む)

    <放送授業>
    ・健康と社会('11)←今回はこれだけ苦手なラジオ科目
    ・グローバリゼーションの人類学('11)
    ・太陽系の科学('10)
    ・地球のダイナミックス('10)
    ・国際共生に向けた健康への挑戦('08)
    ・世界の中の日本('09)
    ・エネルギーと社会('11)

    <面接授業>
    ・発明教育学入門
    ・技術経営の考え方

    放送授業が7科目というのは多い。1日1科目だと土日もやらなければならない。
    果たして出来るのだろうか?

    にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
    にほんブログ村


    放送大学 | 06:02:26| Trackback(0)| Comments(2)
    放送大学の単位認定試験
    一昨日と今日、有休を取って放送大学の単位認定試験を受けてきた。
    今までは土日に行う科目のみを選択してきたのだが、受講したい科目も残り少なくなってきて平日となってしまった。
    一昨日は「食品の安全性を考える」と「感染症と生体防御」、今日は「バイオテクノロジーと社会」、「比較行動学」のそれぞれ2科目だった。

    「食品の安全性を考える」は食品汚染、遺伝子組み換え食品などの問題などで、テキスト持ち込み可だったから難なくクリア。
    「感染症と生体防御」は様々な新興、再興感染症の問題でテキスト持ち込み不可。何回か復習したお蔭で大丈夫だろう。
    この科目は受験者が多く2教室を使って実施していた。

    「バイオテクノロジーと社会」はテキスト持ち込み可だったが、問題数が多くさらにテキストの細かい内容まで踏み込んでいたため時間ギリギリまで回答に追われた。
    この科目は人気が無く、1教室で他の科目と一緒に試験だった。ちなみにその科目は「現代社会の結婚と家族」というものだった。
    「比較行動学」はヒトと動物の学習、認知、知性の問題でテキスト持ち込み不可。結構悩んだ問題もあったが多分大丈夫だろう。

    放送大学の学習は普段一人でこつこつと行い他の学生を意識することはないのだが、土日の単位認定試験の時はいつも大混雑で、こんなにも学生が多くいるのかと圧倒される思いをするのだが、平日は休憩室もゆったり利用できるほどだった。

    これで今季の試験も終わり、2期の開始まではゆったりできそうだ。

    にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
    にほんブログ村


    放送大学 | 22:29:24| Trackback(0)| Comments(0)
    放送大学 地震・津波と防災
    昨日は渋谷まで放送大学の面接授業で「地震・津波と防災」を受けてきた。
    講師は産業技術総合研究所の石川有三氏で日本地震学会の元会長でもあり、地震の権威のようだ。

    放送大学の授業をやるのは初めてだと言っていたが、資料がたくさん準備してあり、地震や津波の起こるメカニズムから3/11前と後の地震発生の比較など盛りだくさんの内容だった。

    受講者は男女半々くらいで、年齢層は幅広く関心のある人が多いようで出席者は多かった。
    ごく小さな地震波の測定から国ごとの生活スタイルが垣間見えるのは興味深かった。


    放送大学 | 18:54:58| Trackback(0)| Comments(0)
    前のページ 次のページ