FC2ブログ
■PROFILE

坂月沢蚊

  • author: 坂月沢蚊
  • 神奈川に住んでいる50代男性です。
    週末は天気が良ければ三浦半島や箱根など神奈川中心にロードバイクで走っています。

    山歩きは15年以上前から丹沢中心に日帰りで歩いていて、たまに富士山、北アルプス、南アルプスの夏山へも小屋泊で行きます。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年09月 (4)
  • 2019年08月 (3)
  • 2019年07月 (1)
  • 2019年06月 (2)
  • 2019年05月 (7)
  • 2019年04月 (7)
  • 2019年03月 (4)
  • 2019年02月 (2)
  • 2019年01月 (3)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年09月 (1)
  • 2018年08月 (5)
  • 2018年07月 (2)
  • 2018年06月 (4)
  • 2018年05月 (4)
  • 2018年03月 (2)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年09月 (1)
  • 2017年07月 (3)
  • 2017年06月 (3)
  • 2017年05月 (8)
  • 2017年04月 (2)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年01月 (2)
  • 2016年12月 (6)
  • 2016年11月 (5)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年09月 (5)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (5)
  • 2016年06月 (1)
  • 2016年05月 (11)
  • 2016年04月 (3)
  • 2016年03月 (2)
  • 2016年01月 (3)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (8)
  • 2015年08月 (9)
  • 2015年07月 (3)
  • 2015年06月 (3)
  • 2015年05月 (12)
  • 2015年04月 (8)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (1)
  • 2014年12月 (1)
  • 2014年11月 (6)
  • 2014年10月 (8)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (7)
  • 2014年06月 (7)
  • 2014年05月 (6)
  • 2014年04月 (7)
  • 2014年03月 (14)
  • 2014年02月 (7)
  • 2014年01月 (3)
  • 2013年12月 (8)
  • 2013年11月 (6)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年09月 (12)
  • 2013年08月 (9)
  • 2013年07月 (3)
  • 2013年06月 (5)
  • 2013年05月 (6)
  • 2013年04月 (8)
  • 2013年03月 (14)
  • 2013年02月 (17)
  • 2013年01月 (10)
  • 2012年12月 (14)
  • 2012年11月 (6)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (15)
  • 2012年08月 (8)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (7)
  • 2012年05月 (6)
  • 2012年04月 (10)
  • 2012年03月 (4)
  • 2012年02月 (7)
  • 2012年01月 (9)
  • 2011年12月 (10)
  • 2011年11月 (8)
  • 2011年10月 (14)
  • 2011年09月 (16)
  • 2011年08月 (14)
  • 2011年07月 (7)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (5)
  • 2011年03月 (4)
  • 2011年02月 (4)
  • 2011年01月 (3)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (7)
  • 2010年09月 (5)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年06月 (4)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (9)
  • 2010年03月 (3)
  • 2010年02月 (4)
  • 2010年01月 (5)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (10)
  • 2009年08月 (26)
  • 2009年07月 (16)
  • 2006年05月 (4)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (1)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年05月 (5)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    初の柳沢峠越え
    9/15は初めて柳沢峠を走ってきた。

    autenticoのオーさんが毎年行っている勝沼ぶどう郷の葡萄園まで行く募集があり、参加表明。
    参加者はオーさん、ナベさん、グレさん、ホソさんで、なんと皆さん平塚や相模原から奥多摩駅まで自走と参加表明。
    私はとても自走では走れそうになく、輪行で町田、立川と乗換て奥多摩駅に向かう。

    今日はペダルもSPDに変えて輪行モード。輪行は面倒だが、何回かこなして少し慣れたかな?
    青梅線に乗っているときに、隣の人が60Lくらいのでかいザックを持っていて、声を掛ける。
    今日は雲取でテン泊かと聞くと、山歩きではなくキャンプ場でまったりするらしい。
    それも楽しそうだ。

    やがて奥多摩駅に9時過ぎに到着。



    駅前でバイクを組み立てて待っていると15分ほど遅れるとの連絡があり、次から次へと登山者が降りてくる。
    今日は天気が良くて奥多摩の山歩きも気持ち良さそう。

    程なくみんな集合して出発する。
    オーさん:道の駅たばやま迄すぐだよね?
    ナベさん:すぐですよ!



    長袖アンダー+半袖ジャージでは暑くなりそうな天気。
    奥多摩湖の先へオーさん先頭で進む。みんはここまで走ってきたから足ができているが、ここまで輪行だった私はいきなり息が上がって付いて行くのがきつい。しかも昨日の三浦イチの疲れも残っていて輪行は正解。

    雲取山の鴨沢登山口で最初の休憩。



    オーさん:柳沢峠まではすぐだよね?
    ナベさん:すぐですよ!
    自転車あるある、すぐすぐ詐欺(*_*)

    湖を過ぎると渓谷が左下に見える綺麗な道を進むが、当然登り坂になってくる。傾斜はきつくはないが、長いダラダラとした登りで道志道と同じような感じだ。

    道の駅たばやまに到着。
    さて、何を食べるか?
    鹿のメニューがいくつかあり、鹿カレー、鹿バーガー、鹿そばなど。

    私とナベさんは鹿カレー、グレさんとホソさんは鹿そば、オーさんは無難にざるそばを注文。






    外のテラスでしばし待ち、待望の鹿カレー。見た目は肉っぽい塊が少し見えるだけだけど・・・



    食べてみるとルーの下に結構ゴロゴロした鹿肉が入っていて、牛とも豚とも違うしっかりした食感の鹿肉は旨い!

    食後はやはり巨峰ソフトでしょう!



    さて、いよいよ本格的な柳沢峠までの登りへ。
    5%くらいの登りがダラダラと続く。みんな早い。
    グレさんが足が鹿になっていると言い、鹿パワーでダッシュしてオーさんを千切りにかかる。
    鹿パワー!
    ・・・が、すぐに吸収される。

    鹿パワーが出て来るにはもっと消化&吸収が必要か?

    途中の沢でオーさん水浴びをする。
    私はバンダナを冷たい沢に浸けると頭がヒンヤリ。



    暫く登りが続き、一番遅い私をナベさんがフォローしてくれる。
    いつもありがとうございます!

    やがて湯宿はまやらわに到着し、名物のわらび餅を食べる。
    黒蜜、きなこ、蓬とあり、銘々注文。












    これが旨いのだがかなり量があり、5人で3つくらいで良かったかもしれない。
    ここからは少し登って柳沢峠到着。















    休憩、記念写真を撮って、いよいよ長ーいダウンヒルへ。
    下りで冷えるかとWBも持って来たが、日差しもあるからそのまま下る。
    最初は汗が冷えるが日当たりが良く寒くはならない。

    途中、右手に青い富士山が見える。下りは交通量も少なく爽快、快適。
    ずんずんと標高を下げて行く。ブレーキで手が疲れ、下ハン、ブラケット持ち替えながら下っていく。
    一気に1000mほど下ってやっと勝沼へ。

    目的地の信玉園に到着。



    試食のぶどうを出されてみんなで食べる。完熟の葡萄は旨い!
    銘々、好きな銘柄を宅配にする。土産を買わないと遊びに出かけるのに奥さん峠を越えられなくなるからね!

    すぐ近くのぶどうの丘で入浴し、さっぱり!

    入浴後、広間でまったりしようとしたら、特急の本数が少なく慌ただしく駅へ向かい、輪行準備。
    グレさんがリアのエンド金具にクイックレバーが入らないと言う。
    見てみると確かに私のエンド金具と比べてもレバーのシャフトが短い。
    私:グレさん、これ前輪用では?
    グレさん:いや、後輪から外したんだけど・・・
    前輪でした。(^^)/

    ホソさんが、あれっ、ショルダーベルトが無いと言う。
    私も一緒に近くや輪行袋の中を見るが見当たらない。
    刻々と特急の時間が近付いてくる。切符も買わないといけない。

    結局、ショルダーベルトは見つからず、そのまま持ち込む事にして切符を買うことに。
    ところが券売機が1台しかなく、客が多くて焦る。
    オーさんが慣れた手付きで券売機の操作を手伝ってくれて、ギリギリホームに滑り込む。
    セーフ!オーさん、ありがとう。

    さすがに全員近くの座席は取れずにバラバラに座り、八王子で乗換して帰宅。

    最後はちょっと慌ただしかったけど、みなさん楽しいライド、ありがとうございました。

    tm:3h50m dst:67km av:18km/h up:1813m odo:19455km




    サイクリング | 23:22:51| Trackback(0)| Comments(2)
    久々の三浦イチ
    9/14は久しぶりに三浦イチに行ってきた。
    朝から曇りでほぼ一日曇り予報だから、長袖アンダー+半袖ジャージで出かける。3連休初日で道路は混むかなと思ったが環状4号はいつもと変わらず、順調に進む。
    まずはいつものヴェルニー公園で休憩。




    <ONE PIECEコラボ?>


    三笠記念公園は寄らずに先へ進む。観音崎、剱崎を過ぎ、宮川公園に向かう。今日はAEROADなのだが、KHARMAの32Tとコンパクトに慣れた足には28Tとセミコンパクトだと公園への登りがきつく、陽が出てきて暑さが追い打ちを掛ける。

    公園のランドマークである風車が無くなり、遠目からあとどのくらいかの目安がなくなってしまい寂しい。

    <マグロは健在>


    次は城ケ島公園へ。




    <経年変化で顔や肌が可哀想なことに>





    いつもの景色で綺麗なのだが、富士山見えず残念。






    さて、ランチはどこへ行こうか?今まで行った事の無い場所を探して荒崎へ。
    ソレイユの丘を通り過ぎて海沿いへ。場所はすぐ分かり駐輪して店へ。

    何にするか迷うが、少し贅沢してお魚セットを注文。
    やがてやってきた魚が旨そう。普段自宅では神さんが魚嫌いで殆ど魚を食べる機会がないから嬉しい!
    アジの刺身、小むつの煮付け、ひじき、漬物とご飯。



    アジの刺身が旨い!
    小むつの煮付けも旨いが少し味が濃い。

    続いてさわらの塩焼きもやって来る。



    さわらも肉厚で旨し!
    デザートに地元で摂れた寒天。これもプリッ、ツルッで旨い。



    帰りは定番スポットの立石公園に寄り帰宅。






    今日は前半飛ばし過ぎて、帰りはいつものスローペース。
    一人だとどうしてもこのようなペース配分になってしまう。

    tm:5h41m dst:126km av:22km/h up:1116m odo:1661km




    サイクリング | 19:57:25| Trackback(0)| Comments(0)
    二度目の信越五高原ロングライド(当日)
    快適なベッドだったが、何故かなかなか眠れずに朝を迎える。
    昨日買っておいたコンビニおにぎりを食べ、ルート図を再確認して支度をして出発。

    <今日のコース>


    会場の第7駐車場に6時過ぎに到着すると既に大勢集まっている。
    天気は最高で気持ち良く走れそう!

    <今回は天気持ちそう>


    昨日も空気を入れたが、念のためポンピングして準備完了。
    今年は4年前より参加者も少ないかな?

    6:40に開会式があり、その後5人ごとゼッケン順に並ぶ。
    7:00から30秒ごとに5人ずつ出発する。制限時間は9時間で16時終了。

    4年前は30分以上前に完走できたから、今年は走り込んでいないけど何とかなるだろう。
    いよいよ私達5人も出発。
    スタートの合図で走り出す。クリートも慌てずすぐに嵌って問題なし。

    山の中の狭い林道を登り柏ヶ峠を越える。下っていくと広い道に出て素晴らしいダウンヒル。
    気持ち良い~
    ダウンヒルを終え今回のコースでは少ない平坦路を走っていると田園風景と山が綺麗で、丁度写真を撮っていた参加者2名がいて声を掛けて交代で写真を撮る。

    <奥に見えるのは妙高山かな?>


    再スタートするとすぐに第一Aidの原通り到着。






    リンゴなど補給食をもらい少し休憩して出発。
    次の池ノ平までは登り基調でペースが落ちる。
    抜かれる事も多いがマイペースで進み、やっとAidに着いて補給。リンゴ、バナナ、なめこ汁など食べて10分ほど休憩。



    まだまだ先は長いし、少し休んだら先へ進む。細かいUpDownがあり、更に鬼の洗濯坂で足を削られる。
    僅かな平坦路は救いだ。

    <黒姫山かな?>


    黒姫えんめい茶Aid到着。足が疲れて椅子に座り込む。

    <疲れが溜まってきた>


    補給食をもらい、ストレッチをしたりしながら20分近く休んで出発。
    ここからいよいよ戸隠の上りに向かう。4年前は確かここの登り途中から雨になり、レインウェアを着た事を思い出す。
    今年は雨の心配はないが気温が上がってきて暑すぎるくらいだ。

    登りが続くと足が廻らなくなってくる。同じくらいのペースの人達と何度も抜いたり抜き返したりしながら進む。途中でボトルの水もなくなり、喉が渇いてしょうがない。

    このロングライドコースは交通量が少なくて気持ち良いのだが、戸隠神社近辺だけは観光地で交通量が増えるのが玉に瑕。
    やっと坂を登り切り、少し下った戸隠神社中社近くで水分補給。

    快適なダウンヒルのあと、細かいUpDownをすると大座法師池給水所に到着。



    ここはAidでないので水分とソイバーだけ補給。
    ここまで来ればもう先が見えてくる。次の25km先のAidに14:30までに着けば良く、まだ12:40だから気が楽になる。
    芝生に座って足を伸ばしてストレッチ。

    <大座法師池>


    しばし寛いでから出発する。
    ゆるゆると下って行き、このコースでは楽な区間なのだがサンクゼールまでの25kmが結構長く感じた。



    Aidでパンとジャム、特製ジュース、アイス、果物などをもらい一息。ここは芝生が無いのが残念。
    さて、あと14km。4年前は雨の中、最後の登りがきつかったのを思い出しながらも、今日は天気も良くテンション高い。
    すぐに登りになり景色が変わると、スタートしたラスボスの斑尾山が見えてくる。



    もうちょっとだ。更に進み少し下ったあと、左折するといよいよ最後の5kmほどの登りが始まる。
    疲れはあるものの今年は32Tに交換したから楽に回せる。途中押している人もちらほら増えて来たが何とか足付きなしで進み、斑尾温泉を過ぎると傾斜も緩くなりゴールが見えてくる。
    やったー、ゴール。係りの人達が拍手で迎えてくれる。今年も15時ちょっとで時間内完走。

    一日中、天気が良く最高の高原ライドができた。
    受付で完走証を受け取り、地元の高校生が作ってくれた蕎麦や果物、おにぎりなど補給して休憩。走り切ったみんなは、良い顔をしている。




    <気が付いたことなど>
    ・今年の夏場は天気が悪く、夏風邪が長引いたこともあって、6月~8月の3カ月でたったの4回、計410kmしか走っていない。それでも完走できたのはリアのスプロケを32Tにしたのが大きい。

    ・このイベントは4年前に参加したときは参加者も多く、前日の交流パーティやコースには赤鬼、天狗、魔女に扮した応援の人がいたり、SS区間があったりしたのだが、今回はそれらは全くなく少し寂しい。
    この手のマイナーな地域起こしのイベントも、全国どこでもやるようになってきて、競争も激しくなってきているのだろうか?

    ・Aidの補給食の写真が全く無い。とにかくAidに着くとお腹が空いていてがっついて食べてしまい、写真撮り忘れに気が付くというパターンを繰り返してしまった。後半は最初から撮ってないからもういいやと思い結局最後まで撮らなかったのだが、こうして振り返るとやはり気が付いた時点からでも撮るべきだったと反省。

    ・地元のみなさん、参加者のみなさん、楽しいイベントありがとうございました。

    tm:6h45m dst:114km av:17km/h up:2691m odo:19388km




    サイクリング | 23:47:04| Trackback(0)| Comments(0)
    二度目の信越五高原ロングライド(前日)
    9/7~9/8で2度目の信越五高原ロングライドに行ってきた。

    このインベントは長野県飯山市と新潟県妙高市近辺の五高原(斑尾高原、妙高高原、黒姫高原、戸隠高原、飯綱高原)を自転車で巡るロングライドで120kmで2700m登る結構ハードなイベント。

    4年前に1度参加し、前半は楽しかったものの後半雨になり、最後にこれでもかという感じで登りが有ってきつかった印象しかない。

    それでも初めて参加した自転車のイベントであり、また行きたいとの思いが強くなってきて参加表明。
    今年こそ良い天気に恵まれたい。

    前日の9/7に草津温泉スキー場当たりから渋峠を超える20kmほどを走るつもりで車載で出発。
    草津温泉スキー場に車を止め支度をする。もう下ってきたローディも何人かいて気合が入る。

    走り出すとここまで車で来たから緩い登りでもきつい。少し走ると何やらゲートに人がいて停められる。草津白根山の噴火警戒レベルが2で屋根のない乗り物(オートバイ、自転車、オープンカー)はこの先の殺生ゲートから通行止めらしい。
    なんと!事前にきちんと調べなきゃと思うが後の祭り。

    取り敢えず殺生ゲートまで走ることにする。
    交通量の少ない道をゆるゆると上っていくと降りてくるオートバイやローディとすれ違う。みんな殺生ゲートまで行って折り返してきたのかな?

    殺生ゲート到着。ここまでなんてつまらない。






    ここには規制している人がいないがどうなんだろう?
    と思ったものの、勿体ないがここで引き返す。

    駐車場まで戻り、近くの食堂で担々麺を食べる。



    旨い!こういう場所だから期待していなかった案外まともだ。

    気分を良くして車で渋峠を目指す。車窓から見る景色は最高だ!



    やがて渋峠に到着するが、オートバイやローディも結構いて、みんな規制を無視して入ってきているようだ。ゲートの規制も緩い感じだったが、自己責任?




    次は規制の無いときに是非来てみよう。
    志賀方面に下っていくと、こちら側も登って来るオートバイやローディが一杯。

    斑尾高原に到着し受付を済ますが、まだ15時。近くを散策するといくつか店もやっていて夕飯にはありつけそうだ。KHARMAで明日のスタート地点を確認に行く。
    ここで明日はスタート。



    乗鞍ヒルクライムのよう大きな大会でないから出店などなくて寂しい。

    先週タイヤに亀裂が入っていて急遽交換した前輪が心配で希望湖まで往復してみるが問題無く安心。

    早めに宿に入りシャワーをして夕飯に出かける。ところが昼間やっていた店が軒並み閉店している。なんてこった!この辺はオフシーズンだから、このイベントのために夜まで営業するのは難しいのか?

    4年前は交流イベントがあり、それに参加して食べたから良かったが、今年は交流イベントもなく近くで食べれば良いと思っていたのに。

    仕方なく車で斑尾高原入口まで10kmほどくだり、コンビニで買いだしをして戻り、部屋でビールを飲みながら焼き鳥と弁当。
    味気ないけど安上がり。

    明日のために早めに寝る。

    tm:0h38m dst:11km av:16km/h up:307m odo:19274km




    サイクリング | 18:42:17| Trackback(0)| Comments(0)
    谷川岳 登頂断念
    8/11は帰省の帰りに初の谷川岳へ。
    天気予報が怪しいが取り敢えずロープウェイ乗り場まで行く。
    山の方は曇っているが天候はコロコロ変わるし良くなることを期待してロープウェイに乗り込む。



    ロープウェイを降りると少し空が明るくなってくる。



    少し登山道を歩いてみるが普段着とスニーカーで歩くにはやはりきついし、天気も回復しそうにない。来た道を戻ることに。



    次はリフトで天神峠まで行くことに。



    リフトを降りても天気は回復せず、登頂は諦め引き返すことに。









    残念だけど、また天気の良い日に来てみよう。


    | 22:19:10| Trackback(0)| Comments(0)
    前のページ 次のページ